13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    桜庭一樹

    書籍 関連語 直木賞 恩田陸 赤朽葉家の伝説 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
    0 .
  • ○■ 桜庭一樹

  • ○■ 思っている根拠はない ************ 「『ぼく、おとうさん

  • ○■ 根を下ろす製鉄会社の長女として生まれた赤緑豆小豆は、鉄を支配し自在に操るという不思議な

  • ○■ 文庫版)より) ************ (わけもなく)月曜日

  • ○■ 淫猥で、枯れている赤朽葉家の伝説の方が好きだし、万人向けだと思うし、最後の一文の衝撃

  • ○■ ファミリーポートレイト 著者:桜庭 一樹 販売元:講談社 amazon.co.jpで詳細を確認する

  • ○■ ref= title=桜庭一樹日記 black and white><img src= al

  • ○■ 』 『gosickⅲ─ゴシック・青い薔薇の下で─』 『gosickⅳ─ゴシック・愚者を代弁

  • ○■ 一考察——伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』試論」 須貝。大「米澤穂。論」 菊。太陽

  • ○■ 「母と娘」という構図は、「赤朽葉家の伝説」を彷彿とさせるな とにかく「家族」とい

  • ○■ 少。。竈 、 青少年のための読書クラブ 、 荒野 の順で好きで

  • ○■ うどん食べたいなあ5月の読書メーター読んだ本の数:6冊読んだページ数:1560ページ<a

  • ○■ からない9/23『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』村上春樹9/24ステキなうちわ

  • ○■ 庭一樹さんの 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない a lollypop or a bullet (角川文庫)/桜庭 一樹 ¥500 amazo

  • ○■ 少女七竃(ナナカマド)と七人の可愛そうな大人』 桜庭一樹とにかく私には全く魅力

  • ○■ ァンタジア文庫 9 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 入間人間 電撃文庫 10 とある飛空士への追憶 犬

  • ○■ ミを見る あらすじ お父さんからは夜の匂いがした 狂気にみちた愛のもとで

  • ○■ てるだけで、愛』桜庭一樹『青年のための読書クラブ』タイトルがデザイン化されてる装丁が好きです

  • ○■ い引き込まれてしまう『少女には向かない職業』以降は一通り読んだけれど やはり『私の男

  • ○■ 2005年 桜庭一樹『少女七竈と七人の可愛そうな大人』角川書房2006年 スチュアート・ピゴット『ケ

  • ○■ は好きだ そういえば、「青年のための読書クラブ」もこんな雰囲気だったっけ だいたい「三代記」と

  • ○■ な謎が明かされますまー「赤朽葉家の伝説」と「ファミリーポートレイト」のライト版といった感じで

  • ○■ 「赤朽葉家の伝説」 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」 「青年のための読書クラブ」 「少女七竃と

  • ○■ 出会いました桜庭一樹さんの「少女七竈と七人の可愛そうな大人」です表紙に一目惚れして読ん

  • ○■ 「少女には向かない職業」桜庭一樹 「中学二年生の一年間

  • ○■ てきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂感想 数年前に読んだと

  • ○■ この一文から始まる、「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」に負けず劣らない衝撃的な物語 最初は「

  • ○■ あと読んだことはありませんが、「ファミリーポートレイト」とか特に「岬」は近親相姦

  • ○■ 少し楽しめそうです 『gosick─ゴシック─』 『gosickⅱ─ゴシック・その罪は名もな

  • ○■ という名の少年 作者: 桜庭 一樹 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日:

  • ○■ 『 桜庭一樹日記 black and white 』だったんですが、ずっと東京創元社の読書日記の

  • ○■ (角川文庫) 作者: 桜庭一樹 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: ■ ちゃんと回ってない時は 01:30 やっぱり寝るのが一番少しでもちゃんと寝よう その前に本を貼って安眠のお

  • ○■ きです読了日:05月15日 著者:桜庭 一樹<a href= title=ほん

  • ○■ 桜庭 一樹 ¥1,470 amazon.co.jp 東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリ

  • ○■ 早川孝太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/04/13 メディア: 文庫

  • ○■ 桜庭 一樹 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング 発売日: 2009/02/25 メディア: 文庫星五つ☆☆☆

  • ○■ 日: 2009/02/25 メディア: 文庫星五つ☆☆☆☆☆見

  • ○■ 元:講談社 amazon.co.jpで詳細を確認する この方の書く物語と言うのはどれも似てい

  • ○■ 一することになるのだった…-----------------------------「赤朽葉家の伝説」のスピンオフ

  • ○■ 者を代弁せよ─』 (記:スッタコ小僧) 「桜庭一樹(さくらば・かずき)」著、東洋から来た少年「久城一弥(くじょう・かずや)」と 知の泉 を駆使する灰色の狼──いや、ビスクドールのような少女「

  • ○■ ・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)/桜庭 一樹¥580 amazon.co

  • ○■ 一樹 販売元:角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日:2010-01-23 クチコミを見る

  • ○■ 「桜庭一樹(さくらば・かずき)」著、東洋から来た少年「久城一弥(くじょう・かずや

  • 読書 物語 著者 シリーズ 最後 角川文庫 赤朽葉 大人 amazon 事件 作者 一番 ゴシック 彼女 ラノベ 赤朽葉家 面白かっ 思います amazonco 感想 創元 gosick :桜庭 紹介 少女七竈 映画 二人 本屋 砂糖菓子の弾丸 描写 本当 東野 クラブ 思った 良かっ 角川書店 ノベル 読んだ 読んでみ 家族 著者:桜庭 面白かった 青年 一弥 七人の可愛そうな大人 一樹出版 過去 米澤穂 七竈と七人の可愛そう 意味 伊坂 記事 告白 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけ 出版社 表現 ミステリ 東野圭吾 結婚 読んでいる 村上春樹 途中 赤朽葉家の伝説 大好 佐藤 以下 描かれ 子供 向かない 単行本 少女七竈と七人の可愛そうな大人 本格 今回 角川グループパブリッシング 読みたく 近親 メディア 一冊 恩田 持って 学園 非常 維新 不思議 出版社メーカー 直木賞受賞 見つけ 自分 作者桜庭一樹出版社メーカー 受賞作 好きな 書いて ブログ 読み終わっ 東京創元 ページ 生活 book 角田 購入 三浦 販売元 創元推理文庫 全体 作品です ホームズ レビュー 分から 文春 ゲーム 廃墟 父親 のための読書 気になっ 少女には向かない 西尾維新 勉強 青年のための読書 明日 読むの 読みまし 結局 ドロドロ てしまいました 一樹読書 描かれて 魔女 荒野 名作 辻村深月 ゴシック・ 感覚 最近読 正直 読みたい 高校 新潮文庫 一般 言って 詳細 個人的 出来 著者:桜庭一樹販売元 有名 冒険 ファミリーポートレイト 森見登 完全 実際 高橋 帰って 恐怖 考えて 期待 職業 女優 父さん 姿勢 先日 殺人事件 買った クチコミ 読んでみよ ピンク 参考 本です 久しぶり バンド 少なく 図書館 分かっ 発売日 以上 冊読 活躍 意識 感じた 当時 この作品 大事 収録され 感じです 気がする 借りて 感じました ほんブログ 向かない職業 gosick 年前 電話 以前 惹かれ 楽しかった 場合 本日 死んで 必要 読んだこと 三浦しを 生きている 第二 好きです 苦笑 帰ってき 出会 読んでます 考えると 文章 好きなの 出版され 最近読んだ 読んでみたい 自体 だと思います かもしれません ないと思います 利用 思いました 思わない 行った 収録されて のかもしれない 言われ 好きなん 入った 持ってい 時間 ような気がし 気になって たと思います
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.042 0.162 0.533 0.042 0.490 0.193
    やや弱いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 74130.09999998019

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発