13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    朝霧高原

    地域 関連語
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 9月4日(日)に、サイクリングに行ってきました

  • ○■ 1月最終日となった31日(日)に、サイクリングに行ってきました

  • ○■ 自転車を置き、鳥居をくぐって参拝をします

  • ○■ 県道71号を進みたいのですが、二週間前には工事中で路面が舗装されていない部分がありました

  • ○■ 朝霧高原の標高は、700m~1,000m程、平野部とは気温にして4℃~6℃程は違うことになります

  • ○■ それでも気温は24℃程度

  • ○■ それでも、道は平坦

  • ○■ しかし、路面を濡らすような降りではなく、それもしばらくしてやみました

  • ○■ しかし、当然霧で何も見えず

  • ○■ この日も早朝サイクリング、3:30起きの4:00過ぎ出発です

  • ○■ ここまでの走行時間は、2時間20分を切るくらいでした

  • ○■ 道の駅朝霧高原を過ぎたところで、イベントのコースは先ほどの撮影ポイント方面へと折れていきます

  • ○■ 富士ミルクランド通過、いくらか雨脚が弱くなった気がします

  • ○■ 上井出を過ぎると、霧も晴れます

  • ○■ 幸いにして腰は爆発する様子なく、本栖湖からの上りも軽いギアでクリア

  • ○■ ゆったりとしたペースですが、ここにきて呼吸はそれほど気にならなくなりました

  • ○■ そんなわけで、道を照らしてくれた満月にお礼を言いながら、牧草地帯を急ぎます

  • ○■ しかし、靄がかかっていて、湖やその先の南アルプスの山々を望むことはできませんでした

  • ○■ ここからは、あまり調子が悪ければ引き返そうと思いながら、富士ミルクランド方面へと右折します

  • ○■ ここで折り返そうかとも思いましたが、ちょうど信号が青になったので、139号を横断、振り返ると富士山がきれいに見えています

  • ○■ さて、田貫湖の続き

  • ○■ 5月下旬のとある日、打ち合わせの場所としてカフェ・ナチュレを選択しました

  • ○■ 道は当然、ビチャビチャです

  • ○■ 路面もかなりの部分が乾いているようです

  • ○■ 相変わらず静かな林の中を進みます

  • ○■ 上井出通過は6:00前

  • ○■ ちょっとぐずぐずしましたが、4:00過ぎには家を出ます

  • ○■ そんなこともあり、やはり早朝サイクリングに出ることとしました

  • ○■ しかし、これから金曜日にかけては雨模様

  • ○■ ここまでの到達時間は、前週より少し遅いペース

  • ○■ 8:50頃、自宅着

  • ○■ やがて埠頭を外れ、富士山メッセの前を通り、新幹線新富士駅の脇へと出ます

  • ○■ そこですでに待機していた知人に挨拶をし、隣の場所にて待機させてもらいます

  • ○■ 上井出交差点を左折、国道139号をくぐった先を左へと折れて上れば、若獅子神社です

  • ○■ 12月に入っても、晴れると日中はポカポカした陽気ですね

  • ○■ 途中の牧草地付近で、富士山と雲を撮影

  • ○■ やはりこの時期、相当左裾から昇るようです

  • ○■ もちろん私たちの「あさぎり牛乳」も、そんな朝霧高原の恵みに育まれています

  • ○■ この辺りの霧は、やはり晴れていないようです

  • ○■ 朝霧高原行ったら羊が近くにいた 最近富士宮のイオンによく行くので ここをよく通る こんな景色を見ると得した気分

  • ○■ ここで、しばし悩みます

  • ○■ 国道469号へと上る道中で、すでに腕には汗の粒が並びました

  • ○■ そのままゆっくりと進み、富士ヶ嶺交差点を直進します

  • ○■ ここからも、やはり何にも見えませんでした

  • ○■ それでも、自宅付近からの上り坂で体が温まります

  • ○■ 富士ヶ嶺交差点を左折し、早々に国道139号への道を下ります

  • ○■ 富士山を眺めながら入れるのかしら

  • ○■ 8月に山中湖には行ったのだけど、そのときは曇りだったのでやっとご対面です

  • ○■ 富士山頂付近の雲は、見る角度によって様々に見えました

  • ○■ この日も、事前の天気予報ではかなり絶望的な天気

  • 富士山 サイクリング 途中 国道 標高 自宅 県道 右折 今回 場所 方面 今日 日日 交差点 田貫湖 行ってき ペース 行ってきまし 路面 キャンプ 国道号 通過 見える 撮影 高速 コース サイクリングに行ってきました 太陽 左折 相変わらず 今度 様子 猪之頭 kmでし 初めて 直進 ルート 思います 早朝サイクリング 起床 走ります 進みます 日日にサイクリングに行ってきました 先日 本当 風景 展望 予定 上井出 気持 時期 朝日 下ります 季節 富士宮 合流 冷たく 休憩 日射 帰宅 明るく アラーム 出発 期待 状況 日本 富士ヶ嶺の交差点 かもしれません 夕方 ライト カメラマン 状態 前日 林間 山々 傾斜 週末 自宅着 小学校 前回 向かう 上って 天候 富士五 時間 以前 牧草 帰って 地帯 表示 紹介 見ると 模様 ドクタービレッジ 根原 粟倉 上ります 牧草地帯 仕方 自分 挨拶 鳴沢村 以上 向かっ 美味しい ませんでしたが 向こう 山頂付近 見ること 本栖湖から スタート 開催 号を右折 大会 準備 美味しかっ 思ってい 精進湖 終わっ 降って 実際 見えない 梅雨 西湖 セット ではありません 県境付近 感じます 到着 工事 心配 気温 記念 到達 空気 基調 元気 走行時間 裏手 一部 入ると 出かけ 朝食 走ると 方々 ことができました 時計 情報 最近 過ぎに自宅 売店 感謝 部分 ありがとうござい ことにしました 言葉 目的地 大月線 アラームをセット 走って 意味 富士山です 温度 見えた 多かっ クリア 出ると 何度 道の駅朝霧高原 前夜 この時期 会社 荻平 降ってい 国道号へと 走ること 撮影します 残念ながら 毎年 全体 移動 からの富士山 精進湖本栖湖 良かっ 見ることが 旅行 北山 購入 少なく 戻って 余裕 凍結 見えます 陽光 楽しん 早速 富士ミルクランド 記憶 機会 一応 展望台 出ます 有名 上がって 選択 当然 濡れて 駐車場 日中 施設 から国道 開催され 連休 ダイヤモンド富士 完全 戻ります 今年 マイペース 行こう 後にし 辺りで 見えてい 程度 駿河湾 グライダー 注意 自宅を出発 印象 五合目 体調 公園 シューズ 大好 から富士山 過ぎに自宅着 予報 結果 前に自宅 気がし 乗って 続いて 東名高速 地元 人穴小学校 停まっ 点滅 出てい シャワー 時刻 アウト ありがとうございまし ツアー なっていました 準備をし アップ 思いました 河口湖 ビール 待機 電話 向けて へと向かい タイム 一旦 過ぎると ベッド 感じません 言えば 確認 予想 全国 富士吉田 下ると 混雑 指先 異なり 翌朝 抜けて 自宅から国道 出発します 30 撮影ポイント 気味 獲得標高 この時点 入ります 帰路 道端 ウインドブレーカーを着込 たいと思います 久しぶり 落ちて 一面 日曜日 動物 穏やか 日帰 最後 就寝 気配
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.045 0.168 0.520 0.036 0.468 0.186
    少し弱い少し弱いやや強いやや強い強いやや強い
    total 204532.00000005646

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発