13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    壁崩壊

    政治 国際 関連語 ハンガリー 共産主義 天安門事件 ベルリンの壁 イニエスタ 東西ドイツ 東ドイツ
    0 . 1 .
  • ○■ これからの時代、ますます必要になる

  • ○■ 3日・4日ベルリン

  • ○■ 2011-02-03 00:50:03

  • ○■ 1989年昭和64年1月7日午前6時33分昭和天皇崩御

  • ○■ 小泉改革政権は2006年9月まで続き,都合5年間の政権となった.その後,この新保守政治路線が引き継がれると思われたが,安倍政権は小泉政権の大議席を背景に憲法問題,教育問題に政策課題を移し,守旧派の復権など保守回帰に舵を切ったのである.

  • ○■ 今,世界規模での市場経済・デジタル革命・情報革命, ボーダーレス化の真っ只中である.遅ればせながら,日本の政治も,行政も,企業も,個人も,従来の日本的なものとの葛藤を繰り返しながら新たな『理と気』を求めて動き始めたと感じている .

  • ○■ そんな経緯の中で,2001年4月小泉政権が誕生 し,日本に溜まった脆弱性,閉塞感を打破すべく新自由主義(新保守主義)による構造改革が始まった . 金融機関の不良債権の一掃,小さな政府論による官から民・規制緩和による経済活性化・財政健全化,など国民の多くの賛同を得ながら,デジタル革命・it革命と相乗するかのように, 改革旋風が起こったのである .

  • ○■ そんなわけで,世界も米国も,日本も,2001年頃から,新しい『理と気』の大きな転換が始まったと実感するのである.日本にとって,この転換は『 明治の国作り』,『戦後の国作り』,に匹敵する『新たな国作り』に値するのかも知れない .

  • ○■ そのきっかけは,91年のバブル崩壊である.暴騰した資産の暴落と経済構造の崩壊である.戦後の日本の発展を支えてきた日本的な価値観,仕組み,右肩上がりの前提が根底から崩壊し,高度成長で許容されて来た価値観や経済構造の脆弱性も露呈したのである.日本は戦後復興と経済の高度成長を世界に示したが,その終焉をも世界に示す事になったのである.

  • ○■ その後10年間,ソフトランデングを目指して 積極的に財政出動を続け,資産価値や内需を支えようとしたが,数百兆の借金を作った割に,景気回復も政治・経済構造の改革も進む事はなかった.俗に言う『失われた10年』である.

  • ○■ しかし,消えた年金問題や大臣の事務所費問題などから参院選に大敗し,小泉政権で築いた自民党の強さに,参院から崩れ始めたのである.2007年9月福田政権が誕生するもネジレ国会で挫折し,2008年9月麻生政権が誕生するも,リーマンショックの発生で75兆の景気対策を打つ事になるが,すっかり改革機運の影が薄れ,古い自民党色を強めて行ったのである.結局,任期いっぱいの衆議院選挙に大敗し,自民党は政権を失う事になったのである.長期自民党政権の宿命だったのかもしれない.

  • ○■ さて,既に始まっている新たな『理と気』の模索が,今後,日本的なものを一枚一枚剥がれて行く,いや,剥がして行く,事になるのか,改革と言えども,やっぱり日本的なものに回帰する事になるのか,あるいは,いわゆる外圧や日本の課題解決の為に『欧米流の理』に合わせざるを得なくなるのか,

  • ○■ 東西ドイツ統一(ベルリンの壁崩壊)の裏で、

  • ○■ ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作

  • ○■ 2009年11月15日(日)板橋区文化会館 ・知人、友人の案内をもらう

  • ○■ 旧ドイツと旧ソ連から挟むように攻められたポーランドは、壊滅

  • ○■ ベルリンの壁崩壊の日

  • ○■ 1989年・平成元年/23才/天安門事件・ベルリンの壁崩壊/s社s-g課 i wanna be adored/ 『the stone roses』(1989)/the stone roses

  • ○■ ベルリンの壁崩壊直前、国家保安省という組織によって実際にこういう監視が当たり前のように行われていたと思うとゾッとします

  • ○■ ベルリンの壁崩壊後、旧ソや東欧の共産主義国家が崩壊したのになぜ中国だけは台頭したのか

  • ○■ 大きな役割を果たした東ドイツ国民は西ドイツのテレビを見て当局発表とは違うものの見方に気

  • ○■ いだろ、絶対 後、この日ベルリンの壁崩壊の日で特集組まれていた衝撃的な話として、元東

  • ○■ 制されてきましたところが1989年のベルリンの壁崩壊とそれにともなう世界規模に おける自由主義化の動

  • ○■ 頻繁に使っていた世の猛烈社員 に激震が走った.その日以来,飛行機の予約は本人がする様にな

  • ○■ の関係にある1989年のベルリンの壁崩壊から既に22年、旧ソ連の消滅からは20年

  • ○■ な学生時代 ,そして,創業期のコンピューター業界への就職,企業情報シスイテムの開発を通じて,

  • ○■ 争の時代でもありましたベルリンの壁崩壊で、資本主義が決定的に勝利しました 今、中・後進国も

  • ○■ の政権に最悪の大災害を抱える事になったのである.既にその最悪の兆候が被災者や日本の行く

  • ○■ 大敗し,自民党は政権を失う事になったのである.長期自民党政権の宿命だったのかもしれない. 政治路線

  • ○■ る. 小論もどきの記事になり読みづらくなると思うが,付き合っていただけたら幸いである. ついでなが

  • ○■ の中は『理と気』で動いている.これは生きて行く為のものであるが,理は考え方,方向性を示し,気は行動力だと思う.理のない気は衆愚化を招き,持続しない.気のない理は言うだけになる.

  • ○■ ,既に始まっている新たな『理と気』の模索が,今後,日本的なものを一枚一枚剥がれて行く,いや,剥がして行く,事になるのか,改革と言えども,やっぱり日本的なものに回帰する事になるのか,あるいは,

  • ○■ 右肩上がりの経済を実感した時代だった. そんな高度成長期の真っ只中で,85 年8月12日,18

  • ○■ ,伝統的な日本文化に大きな風穴を開け始めたのである. そして,激変の真っ

  • ○■ 日本の政治・ 経済が混迷し続けた90年代,米国ではit革命(パソコン、インターネット等),デジタル革命が台頭

  • ○■ ,民主党のトロイカ体制が崩壊する事になったのである. その後,菅政権でも

  • ○■ 時代背景(バブル崩壊から小泉政権時代)( 2005年9月記) 世の中は’理と気’で動いている.

  • ○■ になる.後で言われる『失われた10年』である.ソフトランデングと言う内科的治療では復活せず

  • ○■ ,この航海は自分自身に『多事論戯の精神』(論に戯れながら思考力・立論力を高めて行く)を課して,航海したいと思う.そして,この発信が世間

  • ○■ 西ベルリンを囲んでいた「ベルリンの壁」が取り壊された翌年には東西ドイツが統

  • ○■ 振り返りたくなった 1989年ベルリンの壁崩壊は、その2年後のロシア復活に繋がる従っ

  • ○■ ャールスブロンソンとlovers of the world(mandom 男の世界)が一世を風靡していた.60年代

  • ○■ デジタルニューマスター版 [dvd] 出版社/メーカー: 東北新社 メディア: dvd

  • ○■ からである. そして,89年ベルリンの壁崩壊,天安門事件,91年ソ 連崩壊,イラク湾岸戦争

  • ○■ ゙開設に当たって(2005年9月記) (記事一覧はこちら ) 貧しさを事さら意識

  • ○■ つぶした形になったのである.長期政権の宿命だったかも知れない. 政治路線で見ると,

  • ○■ 造論で総理に就任した.そのブルドーザー振りで社会資本整備を押し広め, 70年代,80

  • ○■ か』を考えて行こう. (記事一覧はこちら ) 時代背景①(バブル

  • ○■ 元:集英社 amazon.co.jpで詳細を確認する 学校で習う歴史は

  • ○■ ミリー,新 興住宅開発,フローリング,ベット,風呂,家電,車が急速に普及して行った.慢性的に人手不足

  • ベルリンの壁崩壊 東西 主義 社会 冷戦 事件 経済 体制 東西ドイツ 問題 戦争 中国 共産 一番 天安門事件 崩壊から 大統領 民主 国家 市民 思った 映画 生活 結局 社会主義 出来 個人 映像 事故 変化 発表 世代 ベルリンの壁崩壊から 結果 始まっ 米国 改革 発展 年月 今回 国際 企業 内容 多くの 当時 格差 環境 世界 犠牲 今後 同時 対策 原発 以降 背景 年月記 場合 崩壊後 連崩壊 メディア 経験 大事 年金 東西冷戦 終結 根底 場所 大量 変わる 実際 始まる 機能 低迷 想像 人間 以前 始まった 事態 年月日 出動 批判 国会 刺激 印象 感じて 分断 イメージ 失業 住宅 湾岸戦争 拡大 不足 一掃 ポーランド 借金 様子 東日本 日本 一方 普及 現場 生まれ 明らか 仕組 美学 改めて 当たって 思考 紛争 新たな 不安 世界規模 歴史的 戦前 リーマン 直前 時代 amazon 挫折 変わっ 復興 一緒 アジア 例えば 心配 文明 対立 登場 国債 実感 参院選 消費 射殺 欧米 分かっ 本人 高まっ 良かっ 原発事故 始まり 普天間基地移設問題 以来 誕生 時代背景 明確 津波 分野 伊丹 月日 航海 上昇 分から 行動 流れる 利用 向けて 社員 起こっ 前提 完全 健全化 続ける ライブ 失われ 事業 団体 制約 政権 人物 情報革命 地震 治療 関して 安定 多事論戯 動物 少しでも ドキュメンタリー 発生 突然 財政 加わり 含めて 石油 地方 描かれ 就任 ロンドン 分かり 崩壊で東西 方々 構築 原則 ではありません 大きい 未曽有 ブランデンブルク 受けて 興味 根底から 以下 作られ 全体 上映 思われる 破壊 台頭 住民 力だと 壁が崩壊 先週 田中 初期 リスク 理由 意味 大阪 値する 建設 動いて 発揮 作家 今後年間 若者 予感 考えると 北朝鮮 思って 積極的 秘密 家族 注目 時期 禁止 向こう 万博 第一 出版 周囲 皆さん 拍車 充実 加えて 元気 立論力 生産 ベルリン壁崩壊の 演奏 先生 国民 ブログ 対峙 成長 浴びる 巨額 東京オリンピック 思考力 植民 参考 起こり 刊行 加わって メーカー 続いて 不況 各国 終戦 生存 戦後 従来 song 日本にとって 小泉政権の新保守 自体 自民党 一応 見方 本当 発達 総理 必要 犠牲者 修復 措置 意欲 明治 ベルリンの壁崩壊後 番組 抱えて 友人 一枚 展開 債務 終焉した 安倍福田麻生の保守路線への回帰 思考の刺激 東ベルリン 安倍福田麻生鳩山菅 重要性 失われた
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.155 0.546 0.033 0.508 0.177
    やや強いやや強いやや弱いやや強いやや弱い強い
    total 113835.19999996279

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発