13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    日本原子力研究開発機構

    ニュース 関連語 原子力発電所 放射線 経済産業省 もんじゅ 福島原発 シーベルト 放射能物質 原子力安全委員会
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 日本原子力研究開発機構

  • ○■ 日本原子力研究開発機構の鳥居建男・敦賀本部安全品質推進部長は「線量の減り方から見て、放射性物質はヨウ素で、新たに放出されたものではなく以前出たものではないか」と見る

  • ○■ プルトニュウムの名は、「 冥王(プルートー) 」から来ている

  • ○■ 原子力機構、公金でob法人“丸抱え”天下り268人、随意契約170億円 高速増殖炉「もんじゅ」を運営する独立行政法人「日本原子力研究開発機構」のob268人が、施設保守管理会社「日本アドバンストテクノロジー」(nat)など35の関連法人に再就職し、少なくとも8法人で、売上高(平成20年度)に占める機構からの受注額の割合が8割を超えていることが18日、分かった

  • ○■ 日本の原子力の専門家を集めているのであるのだが それに菅直人の任命になっている

  • ○■ 小佐古氏は国会内で記者会見し、東京電力福島第1原発事故の政府対応 を「場当たり的」と批判

  • ○■ 放射性物質を取り込んだ水が、土壌に染み込む可能性もある」と指摘する

  • ○■ これを達成することは極めて困難な仕事であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない

  • ○■ 2011年の原子力関連予算は、4556億円とのこと

  • ○■ ==================== foe japanが文部科学省の「子どもに

  • ○■ ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(speed

  • ○■ は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(icrp)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、

  • ○■ 俊充氏((独)日本原子力研究開発機構安全研究センター研究主席・放射線防護学)に確認の電話を入れてみた

  • ○■ 方も示した経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は「安全基準を全部見直すのは膨大で、急ぐ

  • ○■ . (財)放射線影響協会放射線疫学調査センター審議役 2004.4. 原子力安全委員会委員(常勤)

  • ○■ 原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのですこの数値を乳児、幼児

  • ○■ ================= * 内閣官房参与、抗

  • ○■ 作業員、厳しい環境食事2回、夜は雑魚寝 経済産業省原子力安全・保

  • ○■ 使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20 msv近い被ばくをする人は、

  • ○■ 際尺度、最悪の7も福島第1原発の事故で、原子力安全委員会は11日、原発からは最大で1

  • ○■ もんじゅ」を運営している独立行政法人「日本原子力研究開発機構」も、7人の理事のうち、3人が官僚оb

  • ○■ 、本当だろうかjaea(独立行政法人日本原子力研究開発機構)によると、屋内退避の場合の被ばく低減効果

  • ○■ 群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきで

  • ○■ の批判が高まっている東京電力福島第1原発事故で、発生から1カ月以上過ぎた17日になって、や

  • ○■ - )元(独)日本原子力研究開発機構原子力科学研究所所長 代谷誠治(2010年4月 - )元京都大学

  • ○■ 産党の吉井英勝議員は21日の衆院経済産業委員会で、約14年ぶりに運転を再開した日本原子力研究開発

  • ○■ (cnfc) (財)原子力環境整備促進・資金管理センター(rwmc)

  • ○■ 算結果について記者会見する原子力安全委員会の班目春樹委員長=3月23日、内閣府 3月23日に

  • ○■ 人も年間20~100ミリシーベルトの放射線を浴びる場合は対策が必要と勧告しており、これに

  • ○■ )は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(speedi)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定め

  • ○■ 4ミリシーベルト、3号機はがれきがあるため近寄れず測定していない周辺の大気の放射線量(

  • ○■ 会 総合工学委員会合同放射線の利用に伴う課題検討分科会委員長 住田健二元原子力安全委員会委員長代理

  • ○■ 、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数msvです)、この数値の使用は慎重であるべ

  • ○■ に気になるのは、「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ

  • ○■ 力災害対策も他の災害対策と同様に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルにその手順、対策が定め

  • ○■ 間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10msvの使用も不可能ではないが、通常は避

  • ○■ ムのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、

  • ○■ なされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。法令、指針等には放射能放出の線源項の決定

  • ○■ 価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない。 初期のプリュ-ムのサブマージョンに

  • ○■ 言」をしてまいりましたが、その中でも、とりわけ思いますのは、 「原子力災害対策も他の災害対策と同様に

  • ○■ 値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。この1ケ月半、様々

  • ○■ も年間5msv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2, 3日あるいはせいぜい1, 2

  • ○■ てくる大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める「私たちは事故の推移

  • ○■ ている新たな土壌を採取し、継続的に分析する予定 トレンチはタービン

  • ○■ 、毎時3.8μsvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとし

  • ○■ 年間数mjvです) 、この数値の使用は慎重であるべきであります 小学校等の校庭の

  • ○■ に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました例えば、住民の放射線被

  • ○■ るいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります警戒期であることを周知

  • ○■ 状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた学会で地位も名誉もある

  • ○■ ニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進めるのが基本だ」ということです。 しかしながら、今回の原子力災害に対し

  • 燃料 原子力安全 放射 福島 放射線 核燃料 福島第 事態 放出 状況 冷却 発電所 国民 調査 原子力発電所 政府 今回 経済産業 対策 必要 結果 ミリシーベルト 号機 格納 炉心 爆発 推進 原子力安全・保安院 現場 批判 文部 深刻 事故 原発 福島第一 工学 説明 規制 高速増殖炉 復旧 施設 報道 容器内 避難 場合 電源 福井 基準 独立 濃度 放射線量 圧力 記事 使用済 開始 会議 原子力安全委員会 最大 センター 原子炉実験所 拡散 計画 理事長 国内 放出され 非常 上昇 認識 明らかに メディア 一部 周辺 圧力容器 東京 分析 測定 破損 一般 対して 京都大学 報告 東京電力福島第 地域 今後 名誉教授 同様 公表 予定 福島第一原子力発電所 学者 炉内 人間 水位 人体 放射性物質 菅直人 高速増殖炉もんじゅ 温度 日本原子力研究所 以下 原子炉 格納容器 被災 使用済み核燃料 示した 例えば 総合 チェルノブイリ原発 省庁 西山英彦審議 長官 考えられる 専門 協議 終息 分かっ 学会 水蒸気 独立行政法人 東京大学大学院 意味 特別 重要 分布 基礎 燃料棒 当然 公衆 注水 発表した 起きて 資料 ベクレル 土壌 委員長代理 同日 圧力容器内 所管 明らかにし 循環 建屋 性がある 防災 東大 一方 監視 原発推進 電気 最悪 指導 人々 交換 構築 全員 年月 海水 特定 放射線医学総合研究所 歴任 省原子力安全・保安院 田中俊一 茨城 18 汚染水 少ない 原子力委員会委員 勧告 国会 発見 格納容器内 大学院工学 ジルコニウム 完全 可能性がある 住民 影響 限度 燃料プール 能力 我々 述べた 反応 観点 適切 会社 安定 義務 放射能 前原子力 運用 委員会委員長代理 質問 官邸 指摘 原子力規制委員会 根拠 間違 当時 見通 決定 機構理事 原子力研究開発機構の高速 環境に放出 核燃料プール 崩壊 炉内中継 検出され 考える 整備 100 事故による 社団 大臣 学校 リスク 放射能放出 起きる 積算 28 優先 プルトニウム 経過 状態 毎時 被覆管 mox 工学系研究 松浦祥 開示 設置 必死 最悪の事態 問われ 省原子力安全・保安院の西山英彦審議 文科 応急 独立行政法人日本原子力研究 福島第1原発事故 思います 衆議院 御用 全域 美浜原発 小山田 トレンチ jco 敷地内 11 関して 時間 タービン建屋 水素 排気 災害対策 作業 原子力関連 指摘する 極めて 言って 日本原子力産業協会 困難 明らかにした 代表 000 強調 回避 通知 京都大学名誉教授 経済産業省原子力安全・保安 東京大学名誉教授 グラム 子ども 0ミリシーベルト 0年代 当面 活用 による格納容器の破壊 日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ 前原子力委員会委員長 マニュアル 高速増殖炉もんじゅ福井県敦賀市 使用済み核燃料プール 経産 異なり 起こっ 会見 発生する 全体 ロボット 存在 基本 一体 決断 仕事 環境に放出され 3号機 自然 1時間 95 工学研究
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.022 0.137 0.575 0.011 0.555 0.151
    僅かに強い僅かに強い十分弱い比較的強い非常に弱い非常に強い
    total 84067.49999997571

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発