13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    合憲

    政治 国際 関連語 橋下徹 君が代 卒業式 入学式 神奈川県教委 職務命令 起立命令 起立斉唱
    0 . 1 .
  • ○■ 合憲

  • ○■ 最高裁は平成19年2月、 国歌伴奏を命じた職務命令を合憲と初判断したが、国歌斉唱の起立命令に対する合憲判断は初めて

  • ○■ 国旗国歌法はもともと強要しないことを前提に成立した

  • ○■ 平成元年の学習指導要領改定で、入学式などでの国旗掲揚、国歌斉唱を指導するよう明記

  • ○■ 判決は4人の裁判官の全員一致の意見で、うち3人が補足意見を付けた

  • ○■ こうした真。性に関する審査が肯定されれば,これを制約する本件各職務命令について,後述のとおりいわゆる厳格な基準によって本件事案の内容に即して具体的に合憲性審査を行うこととなる

  • ○■ 学説の多くが違憲説をとるなか、民主主義社会の基盤である基本的人権の重みを、憲法の番人はどうとらえているのか

  • ○■ しかし、本当にそうなのでしょうか?

  • ○■ (平成 23 年 6 月 28 日 朝日新聞社説一部抜粋)

  • ○■ 須藤正彦裁判長は、起立斉唱命令について 「特定の思想の告白などを強制したものとは言えず、思想・良心の自由を侵害しない」 とする初の合憲判断を示し、上告を棄却した

  • ○■ WASHINGTON - In a major policy reversal, the Obama Administration said yesterday it will no longer defend the constitutionality of a law banning recognition of same-sex marriage.Attorney-General Eric Holder said President Barack... ワシントンは - 主要な政策転換では、オバマ政権はそれはもはや同性marriage.Attorney総長エリックホルダーの認識を禁止する法律の合憲性を擁護すると発表したオバマ大統領によると...

  • ○■ 「国際常識を身につけるため、国旗、国歌に敬意を」国歌斉唱時の起立命令は合憲最高裁が初判断 卒業式の国歌斉唱で起立しなかったことを理由に、退職後に嘱託教員として雇用しなかったのは違法として、東京都立高の元教諭が都に損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、起立を命じた校長の職務命令を合憲と判断し、元教諭側の上告を棄却した

  • ○■ 判断したこれに対し「精神的自由権に関する問題を、一般人の視点からのみ考えることは相当でない

  • ○■ ら、防衛大学の校長だというのだから、日本という国は異常だ 五百旗の過去の発言

  • ○■ 務上の義務があるとして、1審判決を取り消し、逆転判決を言い渡した 1審つうか、地方裁

  • ○■ 学校から叩き出せ(ムラマサ、鋭く斬る)

  • ○■ してほしい それは他の首長や教育関係者も同様である】 アサヒは法的拘束力が

  • ○■ ・良心の自由に対する間接的な制約となる面があることは否定し難い」と初めて認めた補足意見

  • ○■ に心を入れればよい,形式的であっても立てば一歩前進だなどと説明していること,不起立行為を把握するため

  • ○■ ろうと、国が定めた「国旗及び国歌に関する法律」(本則2条、附則3項、別記2により

  • ○■ を奪われた原告らは「不当な判断だ」と批判しました 太田淑子さん(71

  • ○■ 3人が東京都に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は6日

  • ○■ 職員に対する起立斉唱命令は合憲」とする初判断を示しました起立斉唱を教員の日常

  • ○■ に、起立命令は思想良心の自由を間接的に制約するものの、教員として命令に従う立場にあることな

  • ○■ の職務命令は思想・良心の自由を保障した憲法に違反すると主張していたしかし、君が代の

  • ○■ の多くが「教員に特定の思想を強制したり、告白を強いたりするものではない」として、比較的あっさりと原告側の主張を退けたのに比べ、ぎりぎりのところでの合憲判断だったことをうかがわせる 一連の判決では、

  • ○■ 損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決が30日、最高裁第2小法廷であった いい年こいて、自由

  • ○■ 約するが、教育上の行動にふさわしい秩序を確保するためには合理的だ」として 憲法 に違反しないという初めての判断

  • ○■ た校長の職務命令が憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判

  • ○■ などとして元教諭が東京都に損害賠償などを求めた訴訟の最高裁判決で、起立や斉唱を命じた校長の職

  • ○■ 卒業式などで日の丸に向かって起立し君が代を斉唱するよう命じる学校長の指示は、思想

  • ○■ 利益処分をもってその歴史観等に反する行為を強制することにあるとみることができると思われる本件通達は校長に

  • ○■ 校長の命令」は、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するなどとして、教職員ら395人が、

  • ○■ 卒業式の君が代斉唱で起立しなかったことを理由に定年後の再雇用を拒否されたのは不当などとして元

  • ○■ 思うばかりです ◆卒業式で国歌の起立斉唱命令、最高裁が合憲判断 2011/05/30 15:20 読売

  • ○■ 式典において指定された席で国旗に向かって起立し国歌を斉唱することを求めており,その意図するところは,前記歴

  • ○■ 有する歴史観ないし世界観それ自体を否定するものではないとしている多数意見は,式典における

  • ○■ には加わらない長官を除く計14人の裁判官の見解が出そろった うち12人が命令

  • ○■ の審理では処分のあり方が正面から議論されることになる今回示された様々な意見

  • ○■ 一般人(多数者)の視点からのみ考えることは相当でないと思われるなお,多数意見が指摘す

  • ○■ ,式典において国旗に向かって起立し国歌を斉唱する行為は慣例上の儀礼的な所作としての性質を有

  • ○■ 見解が出そろった うち12人が命令は合憲と判断したこれに対し「精神的自由権

  • ○■ るべきです 「weblog」カテゴリの最新記事 犯罪被害者法律相談 震災いっせい無料法律相談の開催

  • ○■ 言わざるを得ない 「日の丸・君が代」をめぐっては、政府は国旗国歌法の制定に当たり

  • ○■ 令について、最高裁は、「思想・良心の自由を間接的に制約する面がある」とも述べただが、職務命令の目的

  • ○■ が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の府議団が、教職員に起立・斉唱を義務づける全国初の条例

  • ○■ 保守系だが、この二紙が「国際常識を身につけるため」に触れている 特に産経がいい た

  • ○■ 丸」に向かって起立し「君が代」を斉唱する行為は,慣例上の儀礼的な所作ではなく,上告

  • ○■ を命じた職務命令について「個人の歴史観や世界観を否定しない特定の思想の強制や禁

  • ○■ 大阪府の橋下徹知事は、起立斉唱命令に複数回違反した者を免職とする条例の制定を唱えている合憲という多数意見の結論

  • 憲法 国歌 判決 判断 国旗 思想 上告 違憲 卒業 違反 最高裁 日本 主義 制定 校長 裁判官 良心の自由 審判決 命令は合憲 賠償 否定 教職員 敬意 教諭 多数 主張 命令 訴訟 議論 斉唱時 公立 斉唱命令 雇用 国家 合憲判断 拒否 精神 現場 なければならない 不利益 行為 都立高校 裁量 求めた 確定 結果 選挙 起立斉唱命令 棄却 基本 軍国 関する 合憲と判断 間接的 委員会 憲法に違反 大統領 定年 規定 理解 判事 再雇用 疑問 卒業式 指導 乱用 不信任 戦争 国歌法 発言 同様 命令を合憲 教師 受けた 現在 理由 入学式 裁判長 全国 ピアノ 時代 式など 宮川 慣例 免職 今後 教育委員会 合憲とし 存在 卒業式など 対象 警告 本来 保障した憲法 平成 地裁 可決 思想・良心の自由 裁量権 職務命令 特定 表明 小法廷 内閣 補足 命じる 可能性 公立学校 大阪府 対して 直ちに 日本国 子ども 上告を棄却した 求めた訴訟 成立 今回 合理 反する 将来 一方 起立命令は合憲 義務 教育現場 一人 争点 校長の職務 自由を保障 内容 元教諭 棄却した 損害賠償 自体 派遣 国旗掲揚 強制する 全員 行われ 視点 強要 知事 行政 初めて 都教委 被害 無視 判例 良心の自由を保障した憲法 起こし 最後 示され 基盤 場合 フランス 見解 生活 歴史観 踏まえ 意義 判断した 反対 意見 最高裁が初判断 毎日新聞 考えて 入学式や卒業式 君が代斉唱時 処罰 方々 最高裁第2小法廷 慎重 戦後 中国 保障した憲法に違反 特定の思想 不合格 政治家 活動 国旗や国歌 学習指導 y゜゜゜ 義務づける 先生 皆さん 国歌斉唱 言い渡した 求めて 検討 条例 敬愛 君が代判決 トップ 施行 成立した 当たり 菅原道真 参政 大阪府の橋下徹 当然 納得 年前 定年後 良心の自由を保障した憲法に違反 損害賠償などを求めた訴訟 照らし 一連 承認 思います 思って などを求めた 斉唱で起立 命令は思想 中心 記憶 国際 指摘 世界観 国会答弁 裁量権の乱用 ムラマサ 職務命令を合憲 堂々 実質 大人 明らかに 述べた 性がある 秩序 勉強 守るため 国旗・国歌 定年後の再雇用 起立しなかった 民主主義社会 絶対 年月 宗教 南部 申谷 国歌に敬意 独立 君が代起立 面がある 資金 月日 伴奏 府知事 内心 一部 敗訴 正面 人たち この問題 積極 具体 改正 世紀 先日 2審判決 慣例上の儀礼的 国歌の起立 合憲と判断した 命令合憲 基づい 判決理由 再度 可能性がある 指定 社説 万円 日土 民事 設置 しなければならない 思想・良心の自由を保障した憲法 反対意見 停職処分 争われ 森喜朗 元教師 以外 直後 国務 従わな 国歌斉唱で起立 憲法に違反するか 聞こえ 行われる 谷垣 子供たち 結論 内閣不信任 制約となる面がある 始まる 決まっ 違和感 諸君 軽視 10 改定
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.023 0.148 0.556 0.015 0.531 0.155
    僅かに強い僅かに強い少し弱い強い十分弱い非常に強い
    total 76979.89999997901

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発