13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    原子力災害対策

    ニュース 関連語 原子力発電所 放射線 ヨウ素 福島原発 福島第一原発 放射能物質 原子力安全委員会 災害対策本部
    0 . 1 .
  • ○■ 原子力災害対策

  • ○■ 自主避難の要請は24日夜、官邸から経済産業省原子力安全・保安院に設置された災害対策本部と現地の対策本部を通じ、20~30キロ圏内にある9市町村に伝えられた

  • ○■ 2011年3月25日 840号 特集記事「原発震災」 原発震災 ■破局は避けられるのか 広瀬 隆 福島第一、第二原発の事故は依然として終息が見えず、 放出され続ける放射性物質の放射線が各地で観測されている

  • ○■ 政府原子力災害対策本部の文書によると、保安院は11日午後10時に「福島第1(原発)2号機の今後のプラント状況の評価結果」を策定

  • ○■ 原発事故の際、地元自治体と連携し住民の安全確保に当たる現地本部長は、原子力災害対策特別措置法で副大臣か政務官が務めるとされている

  • ○■ また、nrcは原子炉内の水分が分解されてできる水素などによって水素爆発が再び起きる危険性も指摘

  • ○■ 福島第一原発の事故が起きたときから、くりかえしわたしの心にわいてくる問いがあります

  • ○■ びかけている・・・・・・島県産の葉物野菜など摂取制限、首相が指示 (読売新聞) 2011年03

  • ○■ 記者会見で発表した原子力災害対策特別措置法(原災法)に基づく避難指示を出せば、放射性物質による

  • ○■ .5シーベルトですよね?福島第一原子力発電所2号機で50万マイクロシーベルトが確認され、現在、作

  • ○■ 防衛省は25日、東京電力福島第一原子力発電所から20〜30キロ・メートル圏内の屋内退避区域で、

  • ○■ 東京電力は13日、福島第1原発3号機の原子炉の冷却機能が失われたとして、原子力災害

  • ○■ の半径20キロ圏内を原子力災害対策特別措置法に基づく立ち入り禁止の「警戒区域」として設定する

  • ○■ 敷地境界で1015μsv(マイクロシーベルト)/hの放射線量の計測があって、放射性物質の放出は確かである

  • ○■ 日本の電力会社の委託でプルトニウム・ウラン混合酸化物(mox)燃料の加工を請け負っている福島第1原発3号機

  • ○■ 日東京朝刊 炉心溶融を震災当日予測応急措置まで半日も 2011.3.28 北海道新聞経済産業省原子

  • ○■ 食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出されたと発表した 政府は、原子力災害対

  • ○■ 月28日 最後まで読んでくださってありがとう クリックを 記事は毎日アップしています 明日もまた見に来て

  • ○■ などの野菜から食品衛生法の暫定基準値を超える放射性物質を検出したと発表した同県大玉村のホウレンソウか

  • ○■ 法令基準濃度の750万倍の放射性ヨウ素が検出されていたそれだけに今回、高濃度汚染

  • ○■ は5時44分、原発の半径10キロ圏内からの退避を指示した だが東電がベント

  • ○■ 1本年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震及びこの地震によって引き起こされた大津波によ

  • ○■ たことはないので、テクニツクとして放射線防護の3原則がある(1)距離・(2)

  • ○■ 東京・ニューヨーク間一往復では宇宙からの放射線が多くなり、190μsv(=0.19sv)の被曝を受

  • ○■ ニュース 応援クリック してね 本文中の写真をクリックすると拡大します 発信箱:すべて想定さ

  • ○■ .19sv)の被曝を受けると言われており、低線量の放射線被曝は日常的なものなのであるが、放射線被曝しないこと

  • ○■ 放射線障害防止法などの法令が定める一般人の年間の被曝線量限度は1000μsv(=1msv)とされているので、確かに大きな

  • ○■ の努力でようやくここまできた」 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は6日午前の会見で安堵の表情をみせた 東日本

  • ○■ に基づいて国に対し「緊急事態」を知らせる通報を午前6時前に行いましたこの地震で、国

  • ○■ 【原発問題】 「燃料の一部が溶けて、原子炉圧力容器下部にたまっている」 原発事故、国内の経験総動員を専門家ら

  • ○■ イクロシーベルトのガンマ線、5時ごろには原発正門付近でヨウ素も検出された 事態悪化を受け、

  • ○■ 化を招いた可能性があり、首相と班目氏の責任が問われそうだ 政府原子力災害対策本部

  • ○■ 、さらに、同県のカブ、茨城県の牛乳とパセリについて出荷制限を指示した・・・・・・ アイスラン

  • ○■ 人類は宇宙や大地から、自然放射線を受けており、日本では年間2400μsv(=2.4msv)の被曝を受け

  • ○■ 器の壁を熱で溶かし、突き破ってしまう」と警告また、3基の原子炉内

  • ○■ 1msv)とされているので、確かに大きな線量であるなお医療従事者や医療従業員

  • ○■ ない」との判断が働き、現場作業にも影響が出たとの見方を示した 政府に近い専門家

  • ○■ 排出開始から約1時間後、水素爆発で同機建屋の外壁が吹き飛んだ 福島第1原発:

  • ○■ ・元日本原子力学会長をはじめ、松浦祥次郎・元原子力安全委員長、石野栞(しおり)・東京大名誉教授ら16人同原発

  • ○■ れた非常時の視察敢行で、応急措置の実施を含めた政策決定に遅れが生じたとの見方も出ている初動判断のミスで事態深刻

  • ○■ にたまっている」 原発事故、国内の経験総動員を専門家らが提言≪福島第一原子力発電所の事

  • ○■ て)考えを突き詰め、問題解決の方法を考えなかった」と陳謝した (2011年4月2

  • ○■ いレベルの放射線を検出、原子炉の圧力を低下させる応急措置をとる方針が決まったが、実現するまでに半日も要した政府文書や複数の政府当局

  • ○■ 冷却機能が失われたとして、原子力災害対策特別措置法に基づく「緊急事態」を国などに通報した東電は

  • ○■ に至るとの予測を示し、午前3時20分には放射性物質を含んだ蒸気を排出する応急措置「ベント」を行うとしている 保安院当局者は「最

  • ○■ 初に専攻した世代として、利益が大きいと思って、原子力利用を推進してきた(今回のような事故につい

  • ○■ で一つが開かなかった上、代替用の空気圧縮機の調達に約4時間を費やし、排出が行われたのは午後2時半だった 与党関係者は「首相

  • ○■ るsv(線量当量)とは、人体への放射線の影響を考慮して設置された結果を示す単位である放射線障害防止法

  • ○■ るかに上回る放射能があり、それをすべて封じ込める必要があると指摘した一方、松浦氏は「原

  • ○■ 担ってきた専門家が1日、「状況はかなり深刻で、広範な放射能汚染の可能性を排除できない国内の知識・経験を総

  • 災害対策特別措置 指示 検出 物質 原発事故 発表 緊急事態 首相 自治体 原子力発電 保安 原子力安全 関係 措置法 建屋 今回 圧力 原子力災害対策特別措置法 被ばく 避難 放射性ヨウ 日本 官房長官 一原発 被害 現在 指摘 水素 圏内 停止 機関 説明 摂取 委員長 現地 午後 基づき 容器 要請 判断 危険 責任 溶融 放出 場合 福島第一原子力発電所 原子炉 11 2号機 結果 方針 測定 批判 東京電力 放射線 生活 今後 放射性物質 炉心溶融 不安 格納 枝野幸男官房 確認 原子力安全・保安 水位 検出された 警告 発表した ベント 一方 低下 全国 状態 防災 省原子力安全・保安 異常 一部 双葉 原子力安全委員会 ホウレンソウ 日午後 付着 政府 上昇 被災 巨大 設置 放射能漏 厚生労働省 文書 関して 影響 分かっ 装置 班目 法律 基づいて 経済産業省原子力安全・保安院 対して 開始 少ない 毎時 指示した 電源 食品衛生法 菅首相 蒸気 大熊 心配 平成 0キロ 想定 安全性 措置法に基づいて 発生 なければならない 基準値 東京電力福島第一 解決 開示 臨界 速やか 受けて 上がっ 提言 統合 0キロ圏内 原子力災害対策特別措置法に基づき 屋外 応急措置 同日 ブロッコリー 名誉 原則 損傷 格納容器内 協議 消防 原子力災害対策特別措置法に基づいて 放射線防護 プール 春樹委員長 東京電力福島第一原子力発電所 摂取制限 号機の原子 利益 推進 原子炉格納 記者会見 踏まえ リスク 制御室 言葉 日本原子力 水道 長期 欠落 強調 メディア 能力 西山 時前 可能 27 法令 行われた 研究機関 策定 広範 ディーゼル 当日 現地対策 重要 当時 下部 着手 専門家 原子力安全委員長 号機について 以来 県産 同県 最悪 クリック 溶かし 自衛 境界 一貫 行動 福島第一原発 分かった 不信 短期 通報 大きい 東電 月日 国民 時20 明らかにした 経緯 思って 経産 述べた 通知 東北 格納容器内の圧力 高まり する必要 警戒 たと発表した 未曾有 注入する 従業 圏内から マイクロシーベルト 災害対策本部 土壌 破損 一刻 最初 枝野官房 事故について として原子力災害対策特別措置法 暫定規制 半径 整備 パニック 状況 人類 冷やすため 不満 燃料 ヨウ素が検出され 県内 4時間 考慮 上記 最後 原発正門 深刻 ヨウ素検出 考えられる 混乱 中央制御室 14 規制値 健康 福島第1原発 高濃度 松浦祥次郎・元原子力安全委員長 継続 岩手 人体への 受けている 排出する応急措置ベント 中央 国内 データ 安定 行われたのは メーカー 想定外 日夜 働いて 田中俊一・元日本原子力学会長 施行 現状 現場 原子力安全委員会の班目春樹委員長 時半 食品衛生法の暫定 取って たことを明らかにした 方法 原子力緊急 冷却水 花蕾 汚染 菅直人首相 類について 強調した 時ごろ 災害対策基本 今回の事故 見える 200 可能性がある キロ・ 地方太平洋沖地震 危機感 しなければならない 分配信 海水を注入 福島県産 原子炉格納容器内の圧力 原発周辺 キロ圏内から 原子炉の圧力 原子炉を冷やすため
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.018 0.135 0.565 0.009 0.553 0.151
    僅かに強い僅かに強い少し弱い比較的強い極めて弱い非常に強い
    total 45249.79999999839

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発