13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    海水注入

    ニュース 関連語 民主党 メルト 原子力発電所 菅直人 福島原発 再臨界 福島第一原発 原子力安全委員会
    0 . 1 .
  • ○■ その「55分間の中断」を菅首相の責任として厳しい批判がされたようですが、この記事よると本当は「誤った?」返答をした斑目委員長が批判されるべきなのでは? 記事は続けて自民党の安倍元首相は20日夜、京都市内で記者団に対し「首相が誤った判断で(海水注入を)止めてしまった

  • ○■ 日本のように徐徐に範囲を拡げるのは、 国民に不安を抱かせる

  • ○■ 同原発では真水注入ができなくなった後、吉田昌郎所長の判断で3月12日午後7時4分に海水の試験注入が始まった

  • ○■ その後、 経済産業省 原子力安全・保安院が海水注入策の検討結果を菅首相に説明し、菅首相の指示と海江田万里経産相の命令を経て同8時20分に海水注入が本格的に開始

  • ○■ しかし、1号機と3号機は十分な水位が確保できず、燃料が露出した状態、海水注入後も水位に変化は見られなかった

  • ○■ 2号機のトレンチの水は1000ミリシーベルト(1シーベルト)以上で、同タービン建屋地下の汚染水と同様、炉心の冷却水の10万倍以上のレベルだった

  • ○■ 福島第1原発2号機では、昨夜、海水を注入していたポンプの燃料が切れたことから、燃料棒が露出した状況が継続、その後再び海水注入を再開したが、水位が十分上がらず、不安定な状態が続いていた

  • ○■ 東電の公開資料などによると、1号機で同社は3月12日午後7時4分から、独自の判断で海水注入を始めたが、同25分に中断

  • ○■ また、政府・東京電力統合対策室は21日、海水を注入すれば再臨界の危険性があると指摘したのは班目春樹原子力安全委員長だったと発表したが、班目氏はこれに強く反発

  • ○■ ◆これまで「あった」と発表してきた海水注入の中断は、じつは「なかった」という

  • ○■ 勝俣会長は「人災?そんなおかしいこと、いわないでよ」と発言されたそうだが、少なくとも非常用電源の設置、手動による復水器の停止、海水注入をためらった初期の意思決定などはすべて津波ではなく、経営陣の判断

  • ○■ 東電は21日に同問題の経緯を初めて明らかにした際、 12日午後8時20分に海水注入を再開したと説明していた

  • ○■ 東電は、「炉心が溶融している可能性は否定できない

  • ○■ 原発の安全性を否定しかねない首相の唐突な発表が地震の多いアジアの原発立地各国にどんな影響を与えるか、配慮を欠いたと言わざるを得ない

  • ○■ 仮に首相が保安院から東電の通報を伝えられていなかったとすれば、首相官邸の危機管理体制は全く機能していなかったことになる

  • ○■ その後、海水を入れる作業を続けたが、原子炉内の水位が上がらないまま、同6時22分に最初の完全露出をした

  • ○■ 菅直人が福島第一原発一号機への海水注入停止を指示したそうです

  • ○■ 福島第一原子力発電所の1号機・2号機・3号機のメルトダウン(炉心溶融)に伴い、炉心を冷却するために注入している水は、だだもれになって原子炉建屋の床にたまっているという

  • ○■ 第1原発は地震で自動停止したものの、原子炉内の圧力が異常に上昇した

  • ○■ 東日本大震災、これに伴う東京電力福島第1原子力発電所の放射能漏れ…

  • ○■ 海江田氏の指示を受けた東電は午後8時20分に注入を再開した

  • ○■ 東京電力の最善の奮闘に期待&祈ります

  • ○■ 原発事故以後、3時間ごとの計測を1時間ごとの計測に切り替えた

  • ○■ チェルノブイリ原発事故対策チームを率いたcham dallas氏は、核エネルギー部門で働く人ならこんな返事が返ってきてもおかしくないと言っていますが、核安全管理の専門家margaret harding女史は「長くいればいるほど危険は高まる」、「それでも現場に残る、それでいくならいくまでだ、と彼らが言えるのはそれだけ気概がある証しだ」と話しています

  • ○■ 海水注入中断、首相指示を否定=福島第1・1号機で細野補佐官 [時事通信社 2011年5月21日20時34分]

  • ○■ 枝野氏は、首相の言動について「まったく矛盾していない

  • ○■ 福島原発爆発事件で官邸が揺れている

  • ○■ 厳しく問われるべきは事故の時に、会長、社長そろって出張で不在という体制で、原子炉への海水注入といった、経営を揺るがす意思決定の権限移譲がどうなっていたのか、原子力発電所という国民生活に重大な影響を及ぼす施設を預かる資格があったのかではないかと思います

  • ○■ 首相の発言は、東京電力福島第1原発1号機への海水注入が一時中断した問題で、自民党の谷垣禎一総裁から「(当時)再臨界などいろいろな危険性があったとの認識でいいのか」とただされた際の答弁

  • ○■ 悪化を防ぐ為には、注水の継続が何よりも重要だ”という判断を独自にしたといいますこれは所長

  • ○■ だ 首相の発言は、東京電力福島第1原発1号機への海水注入が一時中断した問題で、自民党の

  • ○■ 安全委と経済産業省原子力安全・保安院に対し、海水注入による再臨界の可能性について詳しく検討するよう

  • ○■ も要した政府文書や複数の政府当局者の話で判明した 溶融の前段である

  • ○■ 分かった首相らが海水注入の協議を始める2時間40分前にあたる首相は国会で「東電か

  • ○■ の炉心▽1〜6号機の使用済み核燃料プール内の核燃料▽3号機で使用していたプルトニウム・ウ

  • ○■ 策定炉内への注水機能停止で50分後に「炉心露出」が起き、12日午前0時50分には炉心溶融である「燃料溶融」に至るとの予測を示し、午前3時20分には放射性物質を含んだ蒸気を排出する応急措置「

  • ○■ 里経産相も24日の同委で「もし海水注水をやっていることが分かっていれば継続になった」と説明した首相が3月12日午

  • ○■ の使命だとことんまで付き合わせていただきたい」と辞任を否定した(msn.産経ニュース

  • ○■ としている冷却できない状態が長時間続けば大量の燃料が高温で溶融し、漏れ出す恐れがあり、今回の事態の中で最も危険な状況に陥った東電は、「14日午後

  • ○■ かも首相官邸は原発事故直後から「対応策は政府の指示という形で出すように」と命じるなど指揮系統の一元化を徹底3月15日には政府と

  • ○■ ではない』という発言は『事実上のゼロ』という意味だ」と強調「職務を全うすることこそ

  • ○■ 3月12日、菅首相に「海水を注入した場合、再臨界の危険性がある」と意見を述べ、それを基に、

  • ○■ 東電は5月21日、「官邸が『海水を注入すると再臨界の危険がある』としたので政府の判断を待った」と説明している 菅首相は23日の

  • ○■ るでしょう」内閣官房からは「厚労省の仕事でしょう」との答えが返った 自民党議員は「これは

  • ○■ う ――菅直人首相に「再臨界の危険性がある」とは言わなかったのか 「私の方から申

  • ○■ 排出を散々遅らせた上に、原子炉を冷やすための海水注入さえ避けようとした 自民党 が政権を担

  • ○■ 査する指示が出ただが、この指示の背景や理由説明はなかったため、西日本の自治体は「第1原発が相当深刻なのか」という不安を増幅させた 17日、首相は

  • ○■ またも矛盾が浮上した複数の政府筋や関係者が明らかにしたそれによると、東電は3

  • ○■ 「憂うべき事態」 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官はプルトニウムの検出について「

  • ○■ と首相が判断した」枝野氏は記者会見でこう説明したが「陰の首相」の復活により混乱は収拾できるのかそれとも…「 この期

  • 政府 中断 福島 福島第 原子 号機 爆発 可能 臨界 原子力安全 注水 水素爆発 保安院 作業 原発 関係 原子力発電 1号機 再臨界 津波 事実 必要 報道 安全委員 委員長 説明 国会 総理 原子力安全委員 物質 開始 第一原発 午後 福島第一原発 への海水 避難 非常 安全委員会 報告 原子力安全委員会 格納 東京電力福島第 政権 原子炉 場合 緊急 放射性物質 所長 指摘 原因 水位 理由 指示 露出 海水を注入 統合 12 斑目 菅直人 今後 原子力安全・保安 機能 被災 ニュース 関係者 経済産業 ベント 本部 危険 深刻 電源 注入中断 当初 放水 読売新聞 現地 追及 処理 性がある 最悪 悪化 午前 住民 分かっ 特別 議論 翌日 発表 ポンプ 上昇 準備 機関 首相 中止 記事 記者会見 調査 中断した 20 福島第一原子力発電所 措置 統合対策 懸念 巨大 関する 不信 体制 考える 直接 首相官邸 昨日 施設 外部 同日 発表した 海江田 行われ 時20 担当 温度 臨界の可能 21 春樹委員長 高温 以下 臨界の危険 隠蔽 協力 首相補佐 完全 経済産業省原子力安全・保安 統合対策室 当時 再臨界の危険 上がっ 海水の注入 反応 再臨界の可能 検出 可能性がある 付近 会長 言動 明らかに 班目 系統 実際 建屋 影響 日午前 問題 枝野官房 科学 長期 出来 現場 アメリカ 枝野氏 2号機 取材 思います 意思 通報 原子力安全委員会の班目 停止 参院 特別委員 助言 述べた 3月12 燃料棒 号機への海水注入 効果 マスコミ 指示した 東京電力福島第1原発 次々 政策 存在 現実 通常 言ってい 非常用 答弁 ブログ 対して 決断 事態 東京電力福島第一 一方 循環 年月 電気 言葉 不足 炉心 圧力 以内 ミリシーベルト 空気 止まっ 注入を開始 発生 一時中断 東日本大震災復興特別委員 放射線量 知識 皆さん 大震災 協議 疑問 経営 想定外 官房長官 強調 23 0キロ 大変 発言 産経新聞 次第 防止 細野 予測 廃炉 最初 1号機への海水注入 言われ 東京電力福島第一原子力発電所 仕方 第原発 知って 中断され 馬鹿 下げる 核分裂 宣言 対応 主導 東電側 辞任 事故 長官 26 早朝 高圧 福島県 思って 侮辱 始まっ 菅政権 使用済 能力 震源 分かった 規模 原子力発電所1号機 サイト 複数 説明した 産省 外部電源 受けて 班目春樹委員 関して 12日午後 起きて 一時 首都 構造 部分 斑目委員長 発電機 社長 時半 震災翌日 出ている 結局 容器 毎日新聞 圏内 生活 以前 当然 実行 正門付近 破損 吉田所長 緊急事態 14 菅首相 状態 事故対応 政府関係者 調整 後手 マイル 恐れが 制御棒 安倍
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.025 0.149 0.565 0.015 0.535 0.163
    やや強いやや強いやや弱い比較的強い十分弱い比較的強い
    total 175287.29999999685

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発