13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    国際原子力事象評価尺度

    ニュース 関連語 内閣府 原子力発電所 経済産業省 チェルノブイリ 国際原子力機関 福島第一原発 スリーマイル島 原子力安全委員会
    0 . 1 .
  • ○■ 国際原子力事象評価尺度

  • ○■ また、アメリカの著名なシンクタンク「isis」も「レベル6に近づいている」との見解を発表した

  • ○■ 国際評価尺度に照らしても、危機的な炉心溶融を起こした米スリースマイル島事故(1979)、や旧ソ連のチェルノブイリ事故(1986)と並ぶだろう

  • ○■ 米国の専門家の中には、事故は1986年のウクライナ・チェルノブイリ原子力発電所の事故と同じ“レベル7”まで上がる可能性があるという見方をする人もいる

  • ○■ 「レベル7」は、旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価ですが、福島第一原発事故の 放射性物質の放出量は、チェルノブイリ事故の1割前後 としています

  • ○■ 数万テラベクレルは原発事故の深刻度を示す国際原子力事象評価尺度(ines)の最も深刻なレベル7にあたる

  • ○■ チェルノブイリ原発事故以来の衝撃を世界に与えている

  • ○■ 時点で約10万テラ・ベクレル(テラは1兆倍)以上になり、「7」の基準である数万テラ・ベ

  • ○■ 東京電力は10日、東日本大震災で被災した福島第二原発(福島県楢葉町、富岡町)の事故直後の対

  • ○■ 現された後に決められた国際原子力事象評価尺度(ines)において最悪のレベル7の参考事例として知られて

  • ○■ は1兆倍)になる 国際原子力事象評価尺度(ines)は、1986年のチェルノブイリ原発事故のような

  • ○■ たinesでは、数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出がある場合をレベル7と定めており、上方修正

  • ○■ 長官は「規模としては、チェルノブイリ原発事故と同じレベル7となってしまったが、事故の形態や内容

  • ○■ 兆ベクレル)の放射性物質を放出していたとの見解を示した現在は1時間当たり1

  • ○■ 発したが格納容器や原子炉は原型をとどめている」と説明しましたまた、西山審議官は「レ

  • ○■ 見した原子力安全・保安院の西山英彦審議官は「チェルノブイリでは急性の大量被ばくで亡くなった人が29人いるが、福島第一原発の事故ではいないまた、チェルノブイリでは

  • ○■ 子】 米シンクタンクの科学国際安全保障研究所(isis)は15日の声明で、 福島第1原発の事故

  • ○■ クレルは1兆ベクレル)の放射性物質を放出していたとの見解を示した現在は1時間当たり1

  • ○■ 年4月261時23分にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事

  • ○■ 思うただ、旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と違って、事故による直接的な健康被害を出

  • ○■ 示した現在は1時間当たり1テラベクレルほどまで落ちているとみている 数万テラベクレルは原発

  • ○■ は原発事故の深刻度を示す国際原子力事象評価尺度(ines)の最も深刻なレベル7にあたる 今回の事故は数時間

  • ○■ 討に入った過去に発生したレベル7の事故には86年のチェルノブイリ原発事故がある inesは、程度の

  • ○■ る放出は、広島に投下された原子爆弾(リトルボーイ)の放射性の汚染の400倍多いが、20世紀中

  • ○■ での事故で外部に放出された放射性物質の量は、放射性のヨウ素131とセシウム137を合わ

  • ○■ 6年に旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価になります記者会見によりますと、福島

  • ○■ 全・保安院が12日に「国際原子力事象評価尺度(ines)」の暫定評価を最悪の「レベル7」とする根拠になった放射性物

  • ○■ 故の評価を、これまでの「レベル5」から最悪の「レベル7」に引き上げることを発表しました「レベル7」は、旧

  • ○■ 原発事故と同じ最悪の「レベル7」に引き上げることを決めました( ただし放射性物質の放出量

  • ○■ して日本原子力研究開発機構は、経済産業省の原子力安全・保安院小委員会に報告書を提出した2010年2月1

  • ○■ マイル島原発事故(79年、米国)はレベル5、茨城県東海村で起きたjco臨界事故(99年)はレベル4とされている 無闇に被害を小さく

  • ○■ 1万倍」ですそのうえで、福島第一原発事故の放射性物質の放出量は、現時点では、520京ベクレルを放出したチェルノブイリ事故の

  • ○■ 合同で記者会見を行い、福島第一原発で相次いで起きている事故について、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、国際的な評価基準に基づく評価を、これまでの「レ

  • ○■ 福島第1原発事故について、発生当初から数時間、1時間当たり最大1万テラベクレル(ベクレルは放射能の強さ1テラベクレルは1兆ベ

  • ○■ 山審議官は「レベル7は、現状についての評価で、住民の避難など特に何か行動に制約を与えたり、変更を

  • ○■ しました「レベル7」は、旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価ですが、福島第一原発事故の放射性物質の放出量は、チェルノブイリ事故の1

  • ○■ の重大な損傷に該当し、所外に放射線物質が放出されている」ことを挙げた ・・・平成23年3

  • ○■ レベル5としている政府は、引き上げの検討に入った過去に発生したレベル7

  • ○■ の原子力安全・保安院は、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、国際的な基準に基づく事故の評価を、これま

  • ○■ 行動に制約を与えたり、変更を迫ったりするものではない」と話しました原子力施設で起きた事故

  • ○■ 電所を巡る事故について、国際原子力事象評価尺度(ines)の暫定値を従来のレベル4からレベル5に引き上げ、18日夕に国際原子力機関(iaea)に伝えたことを明らかにした引き上げの理由として

  • ○■ セシウム137を合わせて、原子力安全・保安院の試算では37京ベクレルに、原子力安全委員会の試算では63京ベクレルに当たると推定され、いずれも『レベル7』に相当するとしてい

  • ○■ 号機から3号機について、先月18日、32年前にアメリカで起きたスリーマイル島原発での事故と同じ「レベル5」になると暫定的に評価していました一方、原子力安全委員会は

  • ○■ 子力事象評価尺度に基づいて、事態の深刻さをレベル0から7までの8段階で評価することになっています原子力安全・保安院は、

  • ○■ 原発の事故ではいないまた、チェルノブイリでは原子炉そのものが爆発して、大量の放射性物質が広範囲に拡散したが、福島第一原発では漏れ出た水素が爆発したが格納容器や原子炉

  • ○■ の放射性物質の放出量は、チェルノブイリ事故の1割前後としています 原子力安全・保安院と

  • ○■ レルに当たると推定され、いずれも『レベル7』に相当するとしています「京」という単位は「

  • ○■ ルノブイリ原発事故があるinesは、程度の低い方から、レベル0~7の8段階に分類しているスリーマイル島原発事故(7

  • ○■ 月)15時1分配信経済産業省原子力安全・保安院は6日、東京電力福島第1原発事故で放出された放

  • ○■ まで落ちているとみている数万テラベクレルは原発事故の深刻度を示す国際原子力事象評価尺度(ines)の最も深刻なレベル7にあたる今回の事故は数時間の

  • 保安 放射性 原子力安全 放射性物質 チェルノブイリ原発 影響 発電 政府 原子力事象評価尺度ines 東京電力 安全・保安 発表 原子力安全・保安 原子力発電所 相当 福島第一 発生 汚染 周辺 避難 放出量 現在 推定 最悪 格納 以上 内閣 燃料 保安院 レベル 対応 理由 深刻 事故について スリーマイル島原発 状態 問題 原子力安全・保安院 セシウム 東電 会見 可能性 非常 大気 東日本 アメリカ 国内 12 11 ソビエト 明らか 原子炉 核燃料 検出 18 当時 福島第一原子力発電所 停止 水素 今後 記者 暫定 経済産業省原子力安全・保安院 冷却 東海 数万 福島第1原発 判断 ines 余震 数万テラベクレル 健康 過去 チェルノブイリ原発事故 原発事故 リスク 記者会見 所外 発生した 8段階 大きく 福島第一原発事故 試算 深刻度 場合 直後 発表した 原子力事故 安定 検出され 大量 技術 東京電力福島第 一方 結果 政治 79 制御 福島原発事故 以来 示した 対策 地域 日本人 電源 信用 引き上げる 判明 ニュース iae 緊急 示す国際 1986 以外 窒素 首相 数字 物質が放出 最初 数時間 付着 処理 重大 配信 茨城県東海村 放射能 関して 原子力安全委員会 爆発 危険 大気中 事故発生 居住 不信 地震 放射性物質の放出 指摘 今日 深刻度を示す国際原子力事象評価 最悪のレベル 空中 決定 高濃度 行われ 内閣府 研究所 完全 難しい 原子力事象評価尺度ines 放射線物質 数値 放射線量 セシウム13 事故後 人間 国際原子力機関iaea 実験 チェルノブイリ原子力発電所 以内 長期 番目 との見解 放出して 無視 放射性物質を放出して 各地 甲状腺 汚染され 暫定評価 被災 反応 今回 協力 海外 被害 原型 引き上げること 確かに 万倍 高濃度の放射性 震度 原子炉内 経済産業省の原子力安全・保安 ポンプ 投下 合わせて 落ちて との見解を示した 12日午前 原子炉格納 東京電力福島第一 換算 原子炉建屋 分配信 急増 放射性物質が放出 爆発した 住民の避難 状況 起きて 相次 経済産業省原子力安全・保安院は18 急速 明らかに 水素爆発 86年のチェルノブイリ原発事故 事故では 放射性物質の放出量 拡散 必要がある 国際的 回避 放出された放射 半減期 続いて 基準 合同 想定 燃料棒 16 困難 事態 史上最悪 放射性ヨウ 漏出 亡くなっ 真実 言えば 起こっ レベル7に引き上げる 国家 旧ソビエト フランス原子力 経過 比較 科学 検出されて 検出された 現在は1時間当たり1テラベクレルほどまで落ちているとみている 関しては 現状 前後 7に相当する 巨大 避難所 旧ソ連のチェルノブイリ 物質が放出されている 専門 開発 局地的 平成 変わる 意見 突然 年前 国際安全 致命的 新聞 爆発して 東京電力福島第一原子力発電 1~3号機 10 以降 希望 4号機 事故レベル 指摘した 事故当時 たが福島第 人体 からレベル テラは1兆倍 1号機 事故について経済産業省 原発では 経済産業省の原子力安全・保安院 131 国際原子力事象評価尺度inesの暫定 制約 isi 気分 への影響 匹敵 責任者 放射性物質が検出され :福島 基づく 以内に居住する 該当 原子力安全・保安院は福島第一原発 思います 外部 ことを明らかにした 確保 放射性のヨウ素131とセシウム13 起きたチェルノブイリ原発 入った 国の原子力 被災地 放射性物質が放出され
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.021 0.134 0.585 0.010 0.563 0.155
    total 51434.99999999296

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発