13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    国際放射線防護委員会

    ニュース 関連語 放射線 福島原発 シーベルト 放射能物質 被曝量 ベクレル 原子力安全委員会 ICRP
    0 .
  • ○■ 国際放射線防護委員会

  • ○■ 彼女が放射能による健康被害の根拠 として示した、チェルノブイリ原発事故 による死亡は98万5000人との報告書に ついても「間違いだ」と断じた

  • ○■ とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました

  • ○■ 1億円持っている人が10円玉を落としても、大した影響は無いでしょう?

  • ○■ ただし、ロシアはこの問題での日本支援に前向きだ

  • ○■ その他に自然に浴びる放射線がありますし、その他の条件があり 非常に専門的に詳しく検討されています

  • ○■ 国際放射線防護委員会(icrp)の勧告では、緊急事故後の復旧時は1~20ミリシーベルトを目標としている

  • ○■ 40才の人を取りますと、1ミリシーベルトの時に4人が死亡する 条件では、5ミリシーベルトで22人、10ミリシーベルトで37人 、50ミリシーベルトで190人というのが基準となるデータです

  • ○■ 」(村上久子代表)は福島第1原発事故を受け、福島県など4県の女性9人の母乳を民間検査

  • ○■ 日経新聞)菅政権は、福島第一原子力発電所の事故を受けて定めた避難地域の範囲を拡大する本格検討に

  • ○■ 、一律1ミリシーベルト国際放射線防護委員会(icrp)の勧告では、緊急事故後の復旧時は1~20

  • ○■ つの範囲すなわち緊急時は20~100ミリシーベルト、緊急事故後の復旧時は年間1~20ミリシーベルト

  • ○■ いについて下記のとおり 飲食物摂取制限に関する指標が明示されました 緊急時における食品の

  • ○■ にもハッキリしてきたので、国際放射線防護委員会(icrp)は、「放射線量」を計算するときには、外部被

  • ○■ 1ミリシーベルトになる 国際放射線防護委員会(icrp)の安全基準によると、人間は年間で50ミリ(2

  • ○■ 1000ミリシーベルトとした国際放射線防護委員会(icrp)見解を参考に「医学的知見から白血球の一時的減

  • ○■ た」 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は6日午前の会見で安堵の表情をみせた 東日本

  • ○■ 急事態なので限度が250ミリシーベルトに引き上げられている) 国際放射線防護委員会は緊

  • ○■ 量による被ばくが年20ミリシーベルトに達する恐れがある地域を「計画的避難区域」とし避難を求

  • ○■ by文科省データ) シーベルト、グレイ、ベクレル~放射線・放射能の単位について 雨の長

  • ○■ ミリシーベルト、事故収束後は1~20ミリシーベルトを認めている」官僚にとっての判断基準は

  • ○■ とは別に人工的な放射線は年間1ミリシーベルト以下にすることが望ましいとの基準を設けている実際に

  • ○■ 法令基準濃度の750万倍の放射性ヨウ素が検出されていたそれだけに今回、高濃度汚染

  • ○■ た後に周辺に住む人の年間被曝(ひばく)限度量について、2007年の勧告に基づき、1~20ミリシ

  • ○■ p)が、緊急時は一般の人も年間20~100ミリシーベルトの放射線を浴びる場合は対策が必要

  • ○■ 日の記者会見で「一時的に50ミリシーベルトを超えるわけではないが、じわじわと放射線量が累積している

  • ○■ の件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(icrp)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、

  • ○■ と、累積の被ばく線量が100ミリシーベルトを超えた作業員は4月9日現在で21人3月2

  • ○■ のではないかこの基準は、「国際放射線防護委員会(icrp)の考え方に基づいている」とのことだが、安全

  • ○■ というより、世界の権威、icrp(国際放射線防護委員会)への「信仰」というほかない文科省はこう説明する

  • ○■ 事内容]年間の被曝限度量、引き上げを検討原子力安全委員会は5日、放射線量の高い地域の住民の

  • ○■ なような気もします が、国際放射線防護委員会(icrp)の 結論も極端なように感じます どうして日

  • ○■ 安について 文部科学省は、国際放射線防護委員会(icrp)の勧告等を踏まえ、学校の校舎・校庭等の

  • ○■ ネスonline 詳細は、リンクを参照して下さい -------

  • ○■ ても過言ではないでしょう———————————————————————————————— 以下、首相官邸平成23年(2011年)

  • ○■ ------------------------------------------------------●福島県内の校庭利用の

  • ○■ ————————————————————————————————————————— 「放射線うつる」といじめ 2011年04月

  • ○■ ダーだったことや最近のicrp(国際放射線防護委員会)の基準を参考にした許容放射線量の引き上げのニ

  • ○■ なりますよくテレビで「100ミリシーベルトまでは大丈夫」と言ってますが、 そういう表現は被曝の

  • ○■ 、放射線業務従事者なら50ミリシーベルトという数字を採用してきたマンクーゾ報告の結論から

  • ○■ 紹介させていただきます -----ここから引用----- 放射線に対する防御

  • 勧告 原子力 場合 判断 原子力安全 原発事故 icrp 住民 福島第 原子力安全委員会 結果 地域 対策 国民 被ばく 避難 緊急時 データ 被害 官房 測定 内閣 放射線防護委員会icrp 放射線量 今回 考慮 説明 情報 専門家 疑問 区域 規制 厳しい 会見 教授 長官 発生 ベクレル リスク 制限 最大 管理 文科 報告 方針 枝野 理由 今後 使用 妥当 指示 議論 責任 学校 環境 発電所 一般 指摘 0ミリシーベルト 将来 1~20 原子炉 1ミリシーベルト 評価 基準 実際 事実 助言 無視 資料 実効 例えば 当然 検討 被曝線量 東電 少ない 官房長官 甲状腺 被曝 文部科学 内部 年間 年月 浴びる 生活 妊婦 原子力発電所 与える 政府 状態 観点 国内 福島第一原発 見直 実施 放出 100 防災 掲載 部分 関して 周辺 公表 以上 従事者 一律 仮定 正しい 保安院 指標 非常 調査 影響 必要 平成 放射線業務従事者 具体的 放射性 報道 現地 現場 経済産業 一方 年間20 諮問 収束 程度 圏内 原子力災害 連携 同様 災害対策 進める 決断 提供 基づく 健康被害 決定 内閣官房 通達 小佐古 μsv 細野 明らかに 外務省 性がある 放射線を浴びる 圏外 乳児 小中学校 難しい 思って ネット 数値 ミリシーベルト以下 計算 爆発 可能性がある 開示 記者会見 決めて 大きく 当初 検査 安全性 言われ 人体 議員 筆者 機構 大量 時点 防災指針 放射性物質 科学的 補佐官 適用 原子力災害対策 号機 半減 被ばくの 一定 内閣府 なければならない 分かっ 自治体 早期 対応 茨城県 答申 安心 考えて 確率 健康に影響 小佐古敏 明確 常識 発表した 長崎 原子力安全・保安院 始まっ 本部 見える 燃料 基礎 関係者 受けて 言って 増加 行政機関 各地 確認 出ている 臨機応変 平常 出して 校庭 禁止 その結果 icrp ホームページ 放射性ヨウ 教育委員 国際的 汚染 毎時 暫定 検出され 細野豪志 入って 方法 整理 日本 指導 人々 場当たり 厚生 今回の福島 発生率 枝野幸男官房 執筆 幼児 重要 状況 話題 発症 以降 報告書 行動 過去 賛成 暫定的 大学院 求める 判断する 郡山 変更 マニュアル 種類 外部被ばく 計画的避難区域 観測 分から 広報 電離 中部大学 分かれ 自然 キロ圏外 予想 サイト 問題 運用 根本 様々 原発の事故 その根拠 原子力防災指針 原子力安全委員会の助言 0km 超えて 高い地域 風評 行われている 参照 信用 限度 絶対 不満 述べた 被曝限度量 設定 県内 地震 msv 20~100ミリシーベルト 事務 放射線障害防止 人たち
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.026 0.143 0.541 0.012 0.514 0.168
    やや強いやや強い少し弱い強い少し弱い強い
    total 72912.19999997916

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発