13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    原子炉圧力容器

    ニュース 関連語 メルト 原子力発電所 放射線 福島第一原発 放射能物質 圧力容器 炉心溶融 原子炉建屋
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 原子炉圧力容器

  • ○■ 津波襲来から約15時間20分後の12日午前6時50分には、核燃料の大半が原子炉圧力容器底部に崩落した状態になった

  • ○■ 東電は4日以降、炉心への注水量を増やした

  • ○■ 運転停止していても2-3年は発熱続ける燃料棒を冷却続けなければならないので・・・ 原子炉圧力容器〔高さ22m、厚さ16cm、鉄鋼製)と、 使用済み核燃料プールに、最初は垂れ流し状態で注水していた

  • ○■ この数値は深刻なはずだ!!』 『(4/17)::6−9ヶ月以内に原子炉を「冷温停止」にする工程表を発表したが、 5/17に見直される予定! おそらく工程表が延期されるだろう?』 素人だが、(5/09)のブログでそう指摘していた

  • ○■ (5年間積算〔=累計、addition)で100ミリシーベルトは維持 ) 原発事故では特例として、150ミリシーベルト

  • ○■ 1号機は、格納容器を水で満たす「水棺」方式を進めている

  • ○■ 東京電力は1日、福島第1原発 5、6号機 のタービン建屋のたまり水を、 建屋外の仮設タンクに移送する

  • ○■ される工藤和彦・九州大特任教授(原子炉工学)も「『3カ月』は、うまくいった場合圧力容器や

  • ○■ 惧する声も上がり、事故の収束に向けた工程表の達成に「黄信号」がともった(原子力取材班)

  • ○■ 原発事故は、自然災害だけでなく、誤作動などの人為ミスやテロ攻撃なども 考えられるし、小さな事故が多発しているので、 我々とメディアの関心にかかっている 脱原発推進もそうだ

  • ○■ 』 (5/12)1号機の原子炉圧力容器の水位計を作業員が調整したところ、 水位が燃

  • ○■ 示しているが、ここにきて燃料が圧力容器の底に落下したとすれば、過熱が進み、溶融が再度起きた

  • ○■ まり水も放射性物質による汚染は比較的小さいとみられている ・・・ 地震と

  • ○■ 年5月15日) 東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋内で東日本大震災発生当日の3月11

  • ○■ を組み立て、 既存の配管を使い格納容器の熱水を毎時100トン「熱交換器」で

  • ○■ 、 100度未満の安定した状態(冷温停止)へ徐々に持ち込むことを目指す ○

  • ○■ の調査で確認された4号機の使用済み核燃料プールは、余震で底が抜けないよう、補強工事が不

  • ○■ 力は12日、福島第1原発1号機で原子炉圧力容器内の水位計を点検、調整した結果、水位は燃料棒

  • ○■ 号機の核燃料が溶け、原子炉圧力容器の底に溜まって穴が空き水が漏れている事を今になって

  • ○■ とみている経済産業省原子力安全・保安院は、圧力容器の温度も低いことから、「燃料は容器底部にたまった水

  • ○■ 内に入り、 空気を浄化するフィルター付き換気装置 を設置し、稼働させた 社員2人が建

  • ○■ 波対策として、 4号機の原子炉建屋の燃料プールの耐震補強工事 を 7月末 をめどに終えることも明らかにした

  • ○■ にしてある が、4号機のタービン建屋(たてや)の高濃度汚染水水位上昇は・・・、 3号機タービン

  • ○■ うだ 電力会社の株主による脱原発の動きも見られ始めた』 ○ (

  • ○■ り、 格納容器 (厚さ3m) の上部のどこかが破損していないのか??? 4/29::

  • ○■ た空気で呼吸していた多くの作業員が内部被曝していたのだ 東電に限らず、

  • ○■ 屋(たてや)周辺に撒き散らされたり、流れ出ていた 原子炉建屋(たてや)

  • ○■ 震と津波の本当の影響が今でも不明???・・・ 2号機立て坑 の

  • ○■ ている東電は「注水用配管から水が漏れている可能性がある」として、12日からは別の配管を追加

  • ○■ するため、圧力容器を覆う格納容器ごと水で満たす作業が進められているが、見直しは避けられない

  • ○■ : 福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 東京電力は12日、福島第一原子力発電所1

  • ○■ 5/1::東京電力は、福島第1原発 5、6号機のタービン建屋のたまり水 を、 建屋外

  • ○■ 提供東京電力は12日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉圧力容器の水位が、当初の想定より大幅に低く、

  • ○■ に露出しているこれまでは、燃料頂部から1・65メートル低い位置まで水が満たされていると推定されていた 東電

  • ○■ 1号機、燃料棒すべて落下の可能性と発表東京電力は12日、

  • ○■ 圧力容器の底に穴があき、溶けた燃料が格納容器内に流れ込んでいる可能性がある」というものです原子

  • ○■ んど変化しなかったそのため、水位計を調整したところ、燃料頂部から5メートル以上低いことが明らかになった燃料は長さが約4メー

  • ○■ 燃料の大半は溶けたり、崩れたりして、底部に落下したとみている経済産業省原子力安全・保安院

  • ○■ 約4メートルであることから、完全に冷却水から露出した状態東電は、既に燃料の

  • ○■ た水位より大幅に低く、完全露出した核燃料が容器底部に落下しているというから、何をかいわんや 今まで、燃料頂部か

  • ○■ 力福島第1原発1号機で、原子炉圧力容器内の核燃料棒が完全に露出したことが判明し、圧力容器損傷の可能性も浮上した 東日本大震災と東京電力福

  • ○■ の原子炉圧力容器には当初、冷却のために海水を注入した経緯があり、東電はその塩分が中性子線を吸収すると見ていたホウ酸を冷却水に溶か

  • ○■ 酸を冷却水に溶かすのは、冷却水を海水から淡水に替えて以降、塩分濃度が下がっていると見られるためだ一方、3号機の圧力

  • ○■ 1号機の原子炉圧力容器で、冷却水の量が少ないため完全に水から露出した核燃料が過熱して容器底部に落下し、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると見られると発表した」というニュースが

  • ○■ 120度と安定しているが、冠水作戦は再検討が必要」と説明し、毎時約8トンの注水量を増加させる検討を始めた 東電によると、圧力

  • ○■ 3号機にホウ酸注入、再臨界防止に1・2号機も 読売新聞 5月15日(日)22時

  • ○■ 可能性① もうひとつは、使用済み核燃料プールの燃料棒を覆っているジルコニウムが溶けて水素を発生

  • ○■ 00度と安定しているため、今後大きな事故に至る可能性は低いと見ているが、圧力容器を覆う格納容器からも水が漏れだしている可能性が高く、事故収束は難航が予想される 東電によると、10

  • ○■ らは別の配管を追加し、二つの配管で毎時計12トンを注水した14日からは注水量を毎

  • 冷却 号機 福島第 原発 注水 東京電力 格納容器 水位 燃料棒 福島第一 安全 発表 作業 水素 原子力発電所 炉心溶融 物質 1号機 上昇 温度 保安院 毎時 放射能 12 配管 安定 可能性 濃度 東電 事態 放射性物質 落下 想定 作業員 福島第一原発 津波 冷却水 原子力安全 注水量 号機の原子炉 以上 工程 福島第一原子力発電所 当初 今後 判明 ミリシーベルト 高濃度 露出 使用 水棺 確認 年月 収束 一部 圧力容器の温度 原子力安全・保安 冷やす 周辺 放射線量 いる可能性 底部 大幅 メートル 海水 外部 日本 発表した 汚染水 容器底部 公表 建屋内 検討 問題 冠水 福島第1原発 事実 原子炉格納容器 金属 ている可能性 炉圧力容器内 被曝 冷温停止 経済産業 大量 使用済 深刻 状態 余震 核燃料 増やし 溜まっ 電源 0ミリシーベルト 1号機の原子 直後 原子炉建屋内 設置 使用済み核燃料 読売新聞 可能性がある 窒素 中性子 事故 避難 原発1号機 場合 大半 放出 核分裂 注入 認めた マスコミ 数値 推進 否定 以下 開始 予想 専門家 水が漏れている 格納容器内 温度上昇 部分 指摘 した核燃料 容器底部に落下 言って 直径 冷却する 注水量を毎時 調査 最初 8トン 必要 水蒸気爆発 発生 結果 ことを認めた 運転 以降 重要 経済産業省原子力安全・保安 日福島第一原子力発電所 予定 非常 号機では ニュース トンに増やし 過熱 会見 損傷 100 頂部 委員会 から露出した 想定して 増加 漏れだし 爆発 地下 建設 事故収束 現状 不透明 必要がある 下部 我々 補強 累計 関係 一方 水漏 高濃度汚染水 報道 メルトダウン 位置 データ 交換 機能 自体 完全 溶けて 圧力容器の水位 発熱 した状態 循環 号機の原子炉建屋 低いこと 瓦礫 ジルコニウム 炉圧力容器の温度 から水が漏れている 上がっ 増やした 冷やされて 容器下部 除去 0トン 示して メルトダウン炉心溶融 圧力抑制 再臨界 年月日 明らかにし 考える 流入 福島第一原子力発電所1号機の原子炉圧力容器 漏出 4メートル 汚染され 絶対 制御棒 関心 現象 燃料の大半 燃料プール 被覆 原子炉内 トンから 生活 ペレット 継続 への注水量 冷却機能 規模 出ている 水を注入 恐れが 福島第1原発1号機 15 mox燃料 いる可能性がある トンに増やした 低い位置 冠水水棺 想定外 現場 熱交換 不明 内訳 タービン建屋 炉圧力容器の水位 分かっ 進捗 6トン 以内 国民 トンの注水 維持 現実 説明 窒素注入 安定している られると発表した 向けた工程 今月 東芝 向けた 発電機 コンクリート圧送 補佐 溶融メルトダウン 本当 使用済み核燃料プール 予想される 小さな 2号機 原子力安全委員会 燃料頂部 株主 今回 経済産業省原子力安全・保安院 難しい 3号機 浄化 相当する 工程表 この状態 準備 東京電力は12日福島第 大きく 急上昇 昨日 到達 経緯 思って 方式 述べた 取水口 表明 内の核燃料 示してい 頂部から 多くの 一定 審議官 圧力抑制プール 原発号機 状況
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.022 0.147 0.556 0.011 0.540 0.154
    やや強いやや強いやや弱い強い弱い極めて強い
    total 45916.59999999757

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発