13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    アジャイル

    ビジネス 経済 関連語 スクラム デスマーチ VMware Subversion ラクティス マイルストーン redMine ウォーターフォール
    0 .
  • ○■ アジャイル

  • ○■ ツールがソフトウェア開発のレベルを1段上に持ち上げてくれるのだ

  • ○■ チケット駆動開発をアジャイル開発として扱えば、変更を受け入れる余地があるため、突発的に生じたタスクをチケットに登録して管理できる

  • ○■ つまり、原稿はバージョン管理で。管理し、継続的インテグレーションによって常時出版できる仕組みになれば、製造コストは殆ゼロになる

  • ○■ つまり、誰がどんな機能を実装してコミットしたか、誰がどんな仕様変更や障害対応でパッチを当てたのか、という作業を、他人にも自分にも説明できるように明確化すること

  • ○■ チケット駆動開発を運用し始めると、チケットに慣れていないメンバーは、開始日や終了日を入力せずにチケットを発行してしまう

  • ○■ 【元ネタ】 脱excel! redmineでアジャイル開発を楽々管理 - @it自分戦略研究所

  • ○■ なのだ、と そして、頻繁なリリースに耐えうる技術、プロセスを支える基盤の一つにチケット

  • ○■ ルストーンはどれですか?マイルストーンとバージョンの違いは何ですか? 【回答】 redmi

  • ○■ しょう 【q2】大規模プロジェクトでもチケット駆動開発を運用できますか?運用上の注意点はありますか?

  • ○■ すくなるようだ 理由は、チケットファーストの原則に従って、プロジェクト内部の作業をチケットに登録

  • ○■ ようになります 【q8】チケット駆動開発をアジャイル開発のように使うには、どの点に気をつければいいです

  • ○■ ることが多くなっていますチケット駆動開発では、チケットの優先順位に従って開発します1日の作業や

  • ○■ 先日はアジャイルメディア・ネットワーク(amn)・canonさんのご招待で 「ixyはついに

  • ○■ ジェクト管理サーバーは、アジャイル開発のプロジェクト管理へ適用して、大幅に改善できると考えている

  • ○■ でしょう チケット駆動開発は進捗報告作りをどのように解決しようとするか?: プログラマの思索 【q12】毎月の工

  • ○■ 進捗報告作りをどのように解決しようとするか?: プログラマの思索 redmineプロジェクト

  • ○■ スケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス 」と「 実践アジャイルテスト テスターとアジ

  • ○■ 当てているように思う「 アジャイル開発の本質とスケールアップ 変化に強い大規模開発を成功させる14のベストプラクティス 」では、スケールアップのための14のプラクティス

  • ○■ だろうと思う というのも、受入テストや負荷テストは本番環境に近いテスト環境のために、テスト

  • ○■ 実際のシステム開発では、マイルストーンとバージョンを一致させるように必ず運用する必要はない

  • ○■ グ修正の1種類だけだが、トラッカー(チケットの種類)やステータスのデシジョンマトリクスでチケットの状

  • ○■ subtasking機能は、チケットに親子関係を導入する この機能によって、ス

  • ○■ の制約条件を課す事で、ストーリーカードとタスクカードの関係を簡単に実現できるからだ あるいは、ストーリーカー

  • ○■ なる つまり、かんばんは、ステータスごとのチケット集計結果に過ぎないのだ 小技(0.9):

  • ○■ 最も重要と思うものは、アジャイルリリーストレインとスクラムオブスクラム この2種類のプラクテ

  • ○■ 選択できない しかし、redmineのバージョンは状態を持たないので、リリースして終了したバー

  • ○■ 中→承認済み→開発中→終了」のようなワークフローを作ればよい プロジェクト管理の基本

  • ○■ に利用すればよいと思うredmineやtracは、btsにプロジェクト管理機能を持たせる発想は

  • ○■ cならマイルストーンをxpのイテレーション、scrumのスプリントのように扱えばよいでしょう 普通は、イテレーショ

  • ○■ 】脱excel! testlinkでアジャイルにテストをする - @it自分戦略研究所 tiddを実

  • ○■ ログラマの思索 脱excel! redmineでアジャイル開発を楽々管理 - @it自分戦略研究所 tracのワークフロー

  • ○■ による並行ビルドとvmwareによるテスト環境の仮想化をうまく兼ね合わせないと、最終的にこの課題は

  • ○■ ダイアリー そろそろtracのワークフローについて語っておくか - almost nearly dead 【チケット】 【q

  • 工数 テスト システム プロセス 場合 チケット駆動 規模 運用 scrum 元ネタ 複数 例えば 小規模 結果 理由 リスク 概念 実施 対応 状況 従来 実際 自動 工程 開発 以下 プログラマの思索 難しい 分割 アイデア プログラミング ソース スクラム trac testlink 以前 ステータス 期間 方法 駆動開発 種類 導入 マネジメント 説明 プロジェクト 優先 メンバー 開発者 発生 実現 開発では 小規模リリース 大規模プロジェクト テスター 非常 内部 予想 実践 新規 使用 最終 テスト駆動開発 存在 納期 パターン 勉強 提唱 現在 並行 属性 利点 結局 現場 集計 ストーリーカード 会議 プラグ 紹介 分散 トラッカー sw開発 優れて チケット駆動開発 タスクカード 報告 使えば マイル 視点 頻繁 実績 進化 回答 部分 redmine 優先順位 イテレーション 大きな 要素 管理 可能性 実績工数 化して リーダー 範囲 時間 共通 web 指摘 本来 上手 遅延 自動化 見積もり 乱発 是非 ビルド 素晴らしい 問題 恩恵 ノウハウ 理解 利用 発見 販売 追加 同一 表示 相当する ワークフロー value 開催 要件 急激 ウォーター 無理 運用保守 分散バージョン オーバー 脱excel life 書籍 思って による並行 並行ビルド ベストプラクティス 具体 アジャイル開発のプロジェクト 共同 使って 開発する 関西 採用 システム開発 バージョン 無駄 本番環境 確実 判断 重要 今回 ストーリーカードとタスクカード 関連 -@it自分戦略研究所 失敗 チーズ テスト環境 分割して 特に大規模プロジェクト 日々 思っている 過去 ない場合 前回 マイルストーン ポイント アップ 後回しに 残念 管理できる チケット駆動開発では 対応できる 放置 高度 持って ではありません 優れた 最終的 最後 大規模プロジェクトでは 呼ばれ 継続 気付いた 当初 遅れて 言えない 同様 完成 たのでメモ 公開 チケットに登録 親子関係 欲しい 可能になる 化され 簡単 似たよう できるようになる 多いだろう して管理 管理では 記事 参加 することができる
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.148 0.536 0.021 0.510 0.172
    やや強いやや強いやや強いやや強い少し弱い比較的強い
    total 39697.80000000269

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発