13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    ドレスデン

    音楽 関連語 ミュンヘン モーツァルト 管弦楽団
    0 . 1 .
  • ○■ とにかくこの3年間は必死だった

  • ○■ でも、まだ、どうしてあげたらいいかわかりません

  • ○■ しかし、ヒストリー館で常設展示してあるはずの「古賀亜。夫」展は閉まっていた

  • ○■ ◆毎年恒例、交響曲第5番の第一楽章と、第四楽章「アダージェット」ですが、今年は映像です

  • ○■ <universal music spain> 0044007628096 2枚組 ¥3250 ルペルト・チャピ(1851-1909):サルスエラ「魔女」(1887) ナンシー・ファビオラ・エレナ(ソプラノ:魔女[ブランカ・デ・アセベド]) ホセ・ブロス(テノール:レオナルド) スサナ・コルドン(ソプラノ:ロサリア) フリオ・モラレス(テノール:トミリョ) マルタ・モレノ(ソプラノ:マグダレナ) ハビエル・ロルダン(バス:クラ氏) フェルナンド・ラトレ(バスバリトン:異端審問官) マエストランサ劇場楽友会合唱団 セビリャ王立交響楽団 ミゲル・ロア(指揮) 録音:2009年7月7-11日、セビリャ(スペイン)、マエストランサ劇場 マドリード貯蓄銀行のスポンサーシップによるサルスエラ・シリーズ最新作

  • ○■ 残念ながら3年前と感想はほとんど変わりませんでした

  • ○■ ヨーロッパ進出が1977年からだとは思わなかった

  • ○■ オーケスラの質は問題なくウイーン響が上ですので、しっかりとした土台の上で余裕を持ってピアノが駆け回ります

  • ○■ もちろん弦や木管の美しさも特筆ものです

  • ○■ ちなみに歌は入っているバージョン

  • ○■ 第2楽章ロマンツェは、一度聴いたら忘れられないほどにシンプルで淡々としています

  • ○■ 今週末は天気も最高、メンバーも最高な週末

  • ○■ ヘルベルト・ブロムシュテット指揮シュターツカペレ・ドレスデン(1978年録音/berlin classics盤)これも全集盤に収められています

  • ○■ ブロムシュテットは、シュターツカペレ・ドレスデンを指揮した、ドヴォルザークの交響曲第8番で録音デビューしており、情熱の迸りが見えるかのような個性的な演奏ですが、今回の、イスラエル・フィルを指揮したドヴォルザークの交響曲第8番は、また別の意味で個性的な演奏

  • ○■ タグ: 音楽クラシックエッセイマーラー詩歌

  • ○■ こちらも完全にシャットアウトでした

  • ○■ それでもわたしは満足だ

  • ○■ 終楽章はrias盤よりも更にドラマティックですので好まれる方はいらっしゃるでしょう

  • ○■ 画面右下にボタンがあります

  • ○■ もちろん羽ペンで書かれた原文は解読できないので、横に対照されている現代語訳を読んだのだが

  • ○■ この最晩年の演奏は、それを更に上回る巨大さで信じられません

  • ○■ 今日も昨日に引き続き「 ドレスデンのddr博物館 」のご紹介です

  • ○■ ルドルフ・ゼルキン独奏、アバド指揮ロンドン響(1986年録音/グラモフォン盤)box選集に含まれています

  • ○■ モーツァルト自身もこの曲を自分のレパートリーとして演奏会で演奏しましたが、その会場に臨席した皇帝ヨーゼフ2世は「ブラヴォー、モーツァルト!」と叫んだと言われています

  • ○■ ということで、以上の中のマイ・フェイヴァリットは、やはりバレンボイムの特にemi盤ですが、カザドシュ/セル盤も別の魅力が有って大好きです

  • ○■ しかし、棒があろうが無かろうがどうでも良いです

  • ○■ 【読者の皆様にお願い】 是非、 エンピツの投票ボタン をクリックして下さい

  • ○■ 3楽章はしなやかに歌いますが節度が合って良いです

  • ○■ 録音はもちろんモノラルですが、この年代にしてはかなり明瞭です

  • ○■ 第2楽章も中々に感動的です

  • ○■ バイエルン響は手堅いドイツ風の演奏をするというイメージがあり、小澤が振った春の祭典のdvdでもそのような落ち着いた音がしていますが、これほど弦が美しい団体だとは思いませんでした

  • ○■ ドレスデンもウイーンフィルと遜色のない柔らかくまろやかでしっとりとした美音を堪能させてくれます

  • ○■ この演奏もゆったりと非常に表情が豊かですが、基本的にインテンポで造形の崩れは感じません

  • ○■ The car is handcrafted at a transparent plant in Dresden, Germany, an unconventional factory with glass exterior walls so that people can see the manufacturing process from the outside. According to Robert Schmidt-Hebbel, Phaeton project leader, the Dresden factory is able to make 10,000 Phaetons a year, but the actual number is lower. Comparing the Phaeton to a top-class watch, Hebbel said the focus is more on craftsmanship than volume. He enthusiastically outlined many details that em ... 車は外からで透明手作りです工場でドレスデン型破りな工場と、ドイツ、ガラスの外観の壁のプロセスを製造することができます参照してください人がようにします

  • ○■ ハンス・シュミット‐イッセルシュテット指揮北ドイツ放送響(1960代後半)イッセルシュテットはウイーン・フィルともdeccaに正規録音を残していますが、これは海賊盤です

  • ○■ カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1975年録音/グラモフォン盤)ウイーンで録音された全集盤です

  • ○■ 1楽章導入部は慎重に始まりますが、提示部に入ってから徐々に感興が高まって行きます

  • ○■ 但し終楽章の弦による主題以降は推進力を感じます

  • ○■ クレメンス・クラウス指揮ブレーメン国立フィル(1952年録音/tahara盤)速めのイン・テンポで颯爽と進みますが、機械的な感じがしないのは流石に名人指揮者です

  • ○■ 2楽章もやはり遅めで悲哀の大きさはフルトヴェングラーのようです

  • ○■ <!-- var hintsword=; var google_ad_amebaid='sueyoshi-rika'; function showarrow(el){ el.classname=showadsarrow; } function hidearrow(el){ el.classname=hideadsarrow; } function jumpad(url){ window.location.href=url; }

  • ○■ 第1楽章アレグロ・ヴィヴァーチェはオペラ・ブッフォ的な楽しさに溢れた曲です

  • ○■ ダニエレ・ガッティの指揮は大変気に入りました

  • ○■ アンネローゼ・ シュミット独奏、マズア指揮ドレスデン・フィル(1977年録音/独edel盤)シュミットの全集には初期の4曲は無く、5番から収められています

  • ○■ それでは僕の愛聴盤をご紹介します

  • ○■ ドレスデン・フラウエン教会

  • ○■ ン(1978年録音/berlin classics盤)これも全集盤に収められています毎回同じことを繰り返し

  • ○■ 管(1960年録音/tahra盤)これもライブ録音ですモントゥーのブラームスは

  • ○■ 23 2425 26 27 28 29 30 31ブログテーマ一覧ブログ

  • ○■ ヘン支店データへ1日1回クリックでランキングへの ご協力をお願い致します! ↓↓↓↓↓プロフィール[ルームを見

  • 演奏 歌劇 楽章 今回 当時 思います 今日 指揮者 美しい 作曲 現在 最後 関係 印象 旅行 協奏曲 ピアノ グラモフォン ウイーン 表現 交響楽 全体 モーツァルト イギリス ブログ 思って バッハ 音色 シュミット マイセン ザルツブルク 独奏 ホテル バイエルン 公演 一人 ハンス シュターツカペレ・ 彼女 国立歌劇場 以上 作品 聴いて 第二次 チェコ 情報 最近 愛聴 ・フィル 昨日 仕事 意識 場合 記事 作曲家 長調 初演 ピアニスト ファン 観光 爆撃 記念 良かっ 日本 実際 気分 イメージ 室内管弦楽 終わり 時間 撮影 伴奏 アレグロ かもしれません 魅力的 興味 素晴らしく 映像 ドレスデン国立歌劇場 合唱 人々 美しく 新しい 演奏です ではありません 行われ 完全 自体 唯一 誕生 再現 感じます 二人 放送響 紹介 全集盤 スイス 思ってい 展開 感心 不思議 チェロ 年録音グラモフォン 音質 管19 録音 被害 先生 歌劇場管弦楽団 聴いた 残って 建築 大きく 以降 フィルハーモニー管弦楽 人物 崩壊 交響曲第 一般 当然 友人 196 気がし 同様 名演 簡単 197 ニューヨーク 言って 年代 チャイコフスキー 写真 レベル 状況 構成 含まれて マーク 読者 前半 楽器 ライン 活動 騎士 管196 仕方 海外 物語 利用 掲載 皇帝 ナチス 読んで 各地 クリスマス 成功 案内 dvd 十分 幾らか ルドルフ 一度 正直 だと思います 皆さん ヴァイオリン協奏曲 ベルト 始まっ スケール 国内 この演奏 ライブ録音 国立歌劇場管弦楽団 年月 フリー 磁器 デュッセルドルフ クリスティ イッセルシュテット 僕の愛聴 運命 チケット 様々 意見 アンサンブル 非常 緊張 画家 書いて デザイン 何度 家族 分かっ 嬉しい ヘルベルト 詳細 繊細 背景 機会 198 出来 引き締まっ ・フィル197 華やか 例えば 日本語 以下 工事 生涯 年録音emi 月日 市内 勉強 革命 フラウエン教会 的です 感じられ 年前 詳しく 天才 代わり ・フィルハーモニー管弦楽 シューマン 展示 のかもしれません エン教会 心配 結婚 本人 変わり ドレスデン国立歌劇場管弦楽 個人的 話題 一応 タイプ オーケストラ 元気 歌曲集 向かっ グリーン ヴィオラ 弟子 演出 一部 音楽 戦争 少なくとも 過ごし 2年録音 伯爵 規模 録音です 使われ 感じさせ 実現 乗って 向こう 商品 入場 場面 サッカー 気がします 価値 旧東ドイツ 教育 素晴らしいです 並んで 検索 以外 変わっ アップ シティ 放送交響楽 年録音グラモフォン盤全集盤 持ってい 明瞭 厳格 道路 事件 ペーター・ emi ベルリン 世界一 感覚 ウイーン・フィル 体制 重厚 情熱 スペイン 参考 第1楽章アレグロ 感想 テーマ 有りません 書かれ 帰国 多分 勝手 英国 犠牲 入手
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.037 0.147 0.547 0.026 0.504 0.195
    やや強いやや強いやや弱いやや強いやや弱いやや強い
    total 249689.60000021924

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発