13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    岩波新書

    書籍 関連語 中公新書 岩波書店 貧困大国アメリカ
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 .
  • ○■ わたしはこの講義からは大陸移動に関する知識だけでなくジャンルを越えて縦横に絡み合う「学問の面白さ」と真理を探究すること、すなわち「学問する面白さ」を学んだような気がするのです

  • ○■ また、沖縄の海兵隊としての立地は良くないらしい

  • ○■ しかし、僕は本当に読みたいから買っているんだ

  • ○■ この世界は、「エネルギーと物質の間には等価の原理がある」と、アインシュタインが明らかにしたように、エネルギーを唯一・絶対・普遍の素材にして造られています

  • ○■ こういう、いろんな形で社会的に注目され、また、その活動や著作が評価されるようになってきたのは、最近の新しい動きだと思います

  • ○■ 「説明」は研究の本質であると言っても過言ではない

  • ○■ 「しかし、1999年をピークとして発行部数は低下傾向になり、2010年時点では4932万部に落ちた

  • ○■ 「このようなマップを作る必要性が生じているということは大変良いことであり、それを作って分類しようというのもいいけれど、マップ自体はいろいろ問題があるんじゃないか」などと指摘しておきました

  • ○■ でもね、そんなに根つめなくていいと思う

  • ○■ つまり本書は、 メディア・リテラシー 本としても読める

  • ○■ 死者の忘れてはならない

  • ○■ したがってこの「うつす」という言葉には眼の前にある物の存在とその移動の時、鏡に映った自分の顔、上記の血のつながりの命の移動、円環する生命観・・・・・と本質存在、現実存在という哲学的な話になると、いったいぜんたい日本人の思考のプロセスはどうなっているのかと思います

  • ○■ 「竹の会20年史」(hpのページ)に載っているのは, それなりの偏差値のあるところに合格した子たちですが, その中に載っている子さえも最近は思いだせない場合があります

  • ○■ 4)世に犯罪や、いじめなどが多発し、失業者がいて、生活に困る状況を作っているのはそれらを生んだ社会に責任があると考え、偉大なる日本国においては国家と地方公共団体が、まず第一にそれらの責任を果たすべきと考え、この考えを日本国における常識となるようにする

  • ○■ 自分がされてイヤなことを、他人にしてはイケナイんですよ、がスイーツの鉄則

  • ○■ 私は湯浅さんを推薦しました

  • ○■ 日本政府は一刻も早い日本人妻の解放・帰国を求めるべきです」と言うのだけども、そもそも、日朝交渉は、小泉元首相が電撃訪朝し、「ピョンヤン宣言」で、国交回復交渉の開始を合意して以降、国内世論の反対に押されて、頓挫したままで、直接的な外交チャンネルはないままである

  • ○■ 彼らは、「議論の時は終わった」、と考えています

  • ○■ 少なくとも私自身の考え方では、そこをyesと答えるものはまったく存在しません

  • ○■ 多くは聞き流せばいいのだが、政治課題の報道には、困る事が多い

  • ○■ もちろんそうじゃない人もいるし、真相は冤罪である人もいるだろうが

  • ○■ まあ、組合の講演などではそう言っているのですが

  • ○■ ちょっとここから、余談になります

  • ○■ だから、常に誰かが「改革」を叫び、誰かがそれに反対する

  • ○■ それは私が自他共に認める本の虫だからである

  • ○■ その中で必死に自分の仕事用のパソコンを支え続けたのも今でもはっきりと記憶に残っている

  • ○■ したがって「負担なければ利用なし」が原則となり、国や自治体の責任は放棄されるわけですが、なんとこれを「新しい公共」と呼んで、何か時代がかわったかのような演出をしています

  • ○■ しかし、それを確実な統計データの詳細な分析の下に論じていることに意義がある

  • ○■ この本は、長年考えてきた自分自身の質問に対する私なりの答えです」

  • ○■ こういうときに、きちんとした対策を取れるようにするのが本来の国の役目として期待されるようなことなのだが、それよりも、どうやって責任を取らないですむようにするかという理屈をひねるのが官僚の仕事と思っているらしい

  • ○■ 「活字たんけん隊」(椎名誠岩波新書)という本を読んだ.面白本4部作の最後だそうで,主として16章で本を紹介している. 沖縄と北海道には地方出版社が多いそうだ.

  • ○■ 筆者の議論で注目すべきは、「社会側に問題がある」という発想の転換だ

  • ○■ 第2章では、アメリカの持つ年金制度の問題点が指摘されています

  • ○■ 本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)

  • ○■ 前日の記事 の続き

  • ○■ まあ、番組が面白くなればいいんですもんね

  • ○■ その発表された成果だけを読んでも、舞台裏で何が行われているかは、全くわからない

  • ○■ その後、静岡・東京などにも勤務

  • ○■ そして、ルブランが登場

  • ○■ しかし、この命令の前日、四川省重慶に居た 蒋介石 を中心とする国民党政権は、「 台湾 省行政長官公署」と『 台湾 警備総司令部」を設立し、陳儀を行政長官兼警備総司令官に任命した

  • ○■ さて収録されているのは、岩波新書の三分冊で有名な、そしてこれもすでに「現代の古典」といってよい『「文明論之概略」を読む』になります(『丸山眞男集』では十四巻までで新書三冊を収録)

  • ○■ このことを日々実感しています

  • ○■ この様に南京事件は、被害者も加害者も、また第三者でさえも虐殺の模様を「目撃」している

  • ○■ この本は基本的なことを分かりやすく解説する良書です

  • ○■ 「分かち合い」の経済学(神野直彦著岩波新書)のはじめに、に書かれている一文である

  • ○■ 第6章の「和平への道」と第7章の「テロと和平のはざまで」を読み終えた

  • ○■ というのはすごい見通しだな、と

  • ○■ そして、民需向けに、新幹線の設計を行いました

  • ○■ これは結構知られた話ですね

  • ○■ ところが小学校の国語の教科書に「だれでもタンポポをすきです/どうぶつたちも大すきです」というのが載っているそうですが、おかしな日本語だと思う

  • 問題 世界 必要 岩波書店 amazon アメリカ 現在 考える 主義 国民 日本人 amazoncojp cojp 対する 対して 読んだ 人々 読んで 技術 議論 事件 知識 文化 大学 活動 以下 理由 個人 場合 本当 書かれ 仕事 思想 入門 参考 思って 地域 大きく 書いて 社会 原発 自然 ブログ 精神 メディア 制度 テレビ 自分 地球 改革 出版社 立場 著書 読書 印象 医療 文章 論理 様々 当然 以降 運動 未来 具体 保障 一部 非常 シリーズ 近代 市場 書籍 自由 直接 変化 自己 対応 なければならない 書いた 成立 教授 中国 言われ 大切 外国 持って 参加 現場 言って 感じる 作者 ビジネス 同様 役割 イメージ 書かれて 紹介 発展 実現 学術 文庫 考えて 行為 本来 完全 面白 財政 発行 相手 概念 一番 英語 理論 存在 言えば 言える 宗教 分析 開発 関して 地方 福島 知って 学生 実際 講談社現代新書 昨年 人類 具体的 時期 思ってい 協力 ドイツ タイトル 真実 気持 全国 困難 行われ 貧困大国アメリカ メーカー 検証 崩壊 多数 ¥amazonco 団体 機関 発見 将来 派遣 能力 始まっ 人間 著者 希望 人びと 発表 受ける 作家 変わっ 社会的 未果 基本的 大統領 納得 共通 官僚 実行 言葉 取材 災害 一緒 筆者 受けて 改めて 重要 中心 条件 資料 大阪 体制 創造 保護 天皇 国内 観点 特徴 高橋 文春 諸国 憲法 時代 dvd 想定 発電 作業 増加 出てき 大戦 本です 先日 対立 委員会 学術文庫 読んでいる 講義 求めて 経済 各地 選挙 間違 江戸 政治家 正しい 経済的 商品 法律 岩波書店発売日 金融 後半 講談社学術文庫 続いて 関係 資本主義 専門家 読める 福島原発 個人的 見方 詳細 予定 田中 少なく 京都 読みまし フランス 意義 姿勢 検討 存在する 基準 ラジオ 残念 販売元:岩波書店 広がっ 参照 経済学 起こっ 関心 誤解 ルポ貧困大国アメリカ 犯罪 政府 確実 内部 生活 ジャンル 加藤 時間 気がし ではないでしょう 破綻 整理 書かれた 出版社メーカー ブックス 角川 当時 攻撃 生まれる 領域 :岩波書店 情報 起きて 記者 内容 梅棹 向かっ 以外 名誉 混乱 移動 絶対 有効 危険性 実験 井上 失敗 海外 入って 条約 呼ばれる 住民 統治 知らない 通して 年前 レポート 中公文庫 思っている 一度
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.030 0.150 0.542 0.019 0.510 0.179
    total 683113.800000156

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発