13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    レンブラント

    映画 アート 芸術 関連語 アムステルダム ピカソ 西洋美術館 国立西洋美術館
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ (これを昔は三多。格差と言った) もう一つ、思い出した! この都下○○市に引っ越したのは32年前だが、引っ越してすぐに新聞に入っていた市報に 「○○市全域で速達が配達されるようになりました 」とあった

  • ○■ 裕福な人が増え、 園芸が盛んだったオランダでは綺麗な園芸種の花が次々作り出されていたのでしょう

  • ○■ 美術館に勤務する人たちや建築家へのインタビューを中心に 新しい美術館にかける期待と希望と、思い通りに行かない苛立ちを浮き彫りにしていく

  • ○■ いろいろ大変な苦労があったが、最後は何とか開館にこぎつけるという、期待は見事に裏切られる

  • ○■ 美術館を出た後は近くのスタバで一息

  • ○■ 最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ]

  • ○■ 帰る前に、犬吠埼へ寄りましょう

  • ○■ 今回は、それプラス、テートからも作品が

  • ○■ アムステルダム駅の裏に広がるアムステルダム湾の朗々とした水面が印象的だった

  • ○■ もちろんお目当ては、オランダの「モナ・リザ」と言われ話題になっているフェルメール(1632年—1675年)が描いた「真珠の耳飾りの少女」!

  • ○■ もちろん、私は見ていないふりをしながら、すべてのカップルを「警備員は見た」

  • ○■ ちなみに、最東端の駅はここではなく海鹿島(あしかじま)駅

  • ○■ さて次が今回の主目的、ドーバー海峡

  • ○■ この絵は私も知らなかった

  • ○■ このブログの読者になる(チェック)

  • ○■ 今日は朝5時起きで東京・品川駅に出張に来ました

  • ○■ 今日は自転車で豊橋市美術博物館まで行って来ました

  • ○■ 今日は、3月12日から6月13日まで上野の国立西洋美術館で開催されている「レンブラント~光の探求・闇の誘惑~」を見に行きました

  • ○■ 2011年4月18日(月)札幌 作業

  • ○■ 英語は一緒に行った方が何不自由なく使いこなすので、私ならこういうけど、そういうふうには言わないんだとか、逆にわかって勉強になった

  • ○■ 美術館を出た後は久しぶりの上野に浦島太郎状態の私をkumikoさんが案内してくれて、ティータイム

  • ○■ 上野の東京都美術館で行われている、「マウリッツハイス美術館展」に行ってきました

  • ○■ ルーヴル美術館展はやはり混んでいた 17世紀のヨーロッパの絵画が展示されている画家の人は レンブラント・フェルメール・ぺラスケス… ルーヴルを代表する傑作71点の絵が飾られている

  • ○■ ボストン美術館展で興味を持った浮世絵、北斎と写楽について調べてみました

  • ○■ ウィーン美術史美術館−kunsthistorische museum wien:wizさんの ...

  • ○■ さて、宮殿の中では館長様直々にお話をしてくださいましたが・・・

  • ○■ 【木漏れ日の 参道 】

  • ○■ 「名和晃平-シンセシス」展に行きました

  • ○■ レンブラントライトと云う様に、絵の裡に

  • ○■ (場所と時期から、おおよその見当がつくかもしれませんね)

  • ○■ でもオランダで見たかったところ殆ど周れたし、本当に楽しかった

  • ○■ それと比べると何という気楽さ!! そしてこの後の対応も手際が良い

  • ○■ フェルメールは一般的にはゴッホやピカソほどの知名度はないけれど、美術好きではファンが多い

  • ○■ レンブラントは、1606年オランダに生まれました 「光と影の巨匠」という形容が与えられるほど、 光の探求や陰影表現がこの画家にとって重要なテーマだったようです

  • ○■ 昨日はいいことと言うか懐かしいことがありました

  • ○■ まずは芸術的な建物と満開の桜に感動

  • ○■ ここは土日は行列で入れない〜〜〜〜

  • ○■ 「日記」カテゴリの最新記事 湘南ひらつか七夕まつり・・・ 富士山に登ろう・・・ 小田原ちょうちん夏まつり2012 夏の花ひまわりの里北杜市・・・ 浜降祭

  • ○■ なお1668-69年頃に手がけられたと推測される本作と同様に人物の頭部を描いた作品『少女の頭部』が メトロポリタン美術館に所蔵されています

  • ○■ 今回は、そんな時の一つの教訓にもなるような旅だった

  • ○■ フエルメール「真珠の耳飾りの少女」、レンブラント「自画像」、ルーベンス「聖母被昇天」と名画が展示されていた

  • ○■ しかし、王が気に入ったのは気だての良い妹メアリーだった

  • ○■ タグ: 桜 撮影 白浜 和歌山 平草原 円月島 七川ダム 古座

  • ○■ 2011年 青森ねぶた

  • ○■ このブログは単にボクの言いたい放題であって、反体制を標榜する、

  • ○■ レンブラントやヤン・ステーンなどの作品が多かったように思います

  • ○■ レンブラント・パステルは「90色にするか、必要ならあとで買い足そう」と難なく決まりましたが、私にはちょっと高かった

  • ○■ べき名作を、その世紀を象徴するキーワードを軸に紹介します16世紀=人間の世紀

  • ○■ ば・・・ “レンブラントのモナリザ”と呼ばれる名画、「額縁の中の少女」と 「机の前の

  • ○■ パンズ・ラビリンス」 「バーン・アフター・リーディング」 「ヒトラーの贋札」

  • 画家 世紀 ゴッホ 鑑賞 時代 展覧 西洋 今日 ヨーロッパ 自分 夜警 少女 展覧会 有名 絵画 紹介 印象 部屋 展示され 当時 表現 風景 昨日 ルノワール セザンヌ 最初 ブログ 興味 フェルメール 一緒 美術館 描かれ 歴史 初めて 良かっ オランダ 仕事 フランス 行って 今回 展示されて 一番 本当 最近 予定 彫刻 真珠 人気 上野 素晴らしい 途中 雰囲気 美しい 行ってき 素敵 ファン・ モナリザ 至宝 思ってい 意味 公開 以外 思います 企画 ブリューゲル ミュージアム レイン 構成 彼女 ネット 時間 開館 感動 作家 見える 開催 技法 電車 ・ファン・ 実際 日本 持って 作者 デルフト 映画 広場 教会 仕方 マウリッツハイス カテゴリ 探求 行ってきまし 館内 真珠の耳飾りの ミレー ルーブル 言われ 牛乳 ルーベン 気分 イメージ 見つけ 見られ ヤン・ 書いて 言って 午前 カテゴリの最新 登場 行列 一枚 開催され 移動 構図 チェック ゴッホ美術館 ルーベンス ・ファン・レイン 学者 堪能 ローマ 天使 先生 画集 展示室 肖像画 フランドル絵画 変わっ 情報 様子 個人的 展示されてい 以前 無料 油彩 トゥール 何度 カフェ 階段 出来 知らない 行われ 一人 ラファ 多かった 思っていた 目玉 思いました 世界 かもしれません レース 話題 描かれて 黄金 皆さん ベルギー マリア 豪華 更新 コロー ダイク ハーグ 京都市美術館 レンブラント・ファン・レイン 描かれた 真珠の耳飾りの少女 英語 展示して 分から 出発 展示されている 集まっ ポスター 国立 画家たち 考える 自画像 チューリップ マウリッツハイス美術館展 勝手 散策 食べる ニンフ 重要 非常 時期 ポスト 光の探求 セット 真珠の首飾 参加 対象 関して ボストン美術館 メトロ 開催されて 来日 影響 事実 作業 入った 本展 早速 タイム 年前 スペイン ・ハル 行動 向かっ 眺望 この作品 種類 一部 場合 終わり 実感 革命 土曜日 アムステルダム国立 中心 販売 当然 museum 言えば 向かう 楽しかった 建築 自体 昼食 国立新 回目 ベラスケス 亡くなっ ナショナル 最後 珍しく ・フェルメール 以上 書かれ 価格 ホント 興味深 普段 天気 楽しむ 注意 アンネ ダヴィンチ ヨセフ 昨年 メーカー エジプト ポール 動物 人たち 個性 描かれている 購入 入って グループ 半分 綺麗 好きです 青いターバン メトロポリタン 残念ながら 見えて 舞台 和紙 ルーブル美術館展 年頃 巨大 ブラック 楽しん メディア 面白かった 名前 同時 学校 システム 見ることが 月日 大丈夫 工芸 出版社 のかもしれない レンブラントのモナリザ 聞いて 沢山 藤田嗣治 色彩 メイン 入れる 滞在 分かっ 混んで 置いて 呼ばれ 真珠の首飾りの少女 歩いて
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.038 0.156 0.528 0.029 0.486 0.194
    total 293287.3000003216

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発