13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    鉱工業生産指数

    ビジネス 経済 関連語 季節調整済 信頼感指数 完全失業率 消費者物価指数 有効求人 経済産業省 リーマン・ショック 景気回復
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ ガソリン 価格が消費者物価を押し上げたが、既に物価は下落し、 デフレ 経済に突入していることを物語っている

  • ○■ この 日経平均株価 上昇は、同紙によれば・・・ ?4月の 鉱工業生産指数 が予想を上回り、市場のムードを良くした ?週前半に発表された5月の米 消費者 信頼感指数が事前予想を上回る などこのところ景気指標の改善が目立ち、市場では「景気は最悪期を脱したのではないか」との観測が広がっている ことが要因として想定されているようである

  • ○■ 同省は生産の基調判断を「持ち直しの動きで推移しているものの、足踏みの動きもみら れる」で据え置いた

  • ○■ とりわけビジネスに携わる人ならば、重視しておきたいのが、企業の景気動向を知る代表的な指標「鉱工業生産指数」

  • ○■ 経済産業省が昨日発表した鉱工業生産指数(速報値)は、前月に比べて▲9.4%となった

  • ○■ 12月11日理レター ◆年初からの各国株式指数パフォーマンス 銘柄 週末引け年初比 円換算 相関係数 (%) 日経平均 10107.87+14.09---- --------- nyダウ 10471.50+19.31 +17.07 0.828 ブラジルボベスパ 69267.47 +84.47 +138.11 0.852 アルゼンチンメルバル 2177.63 +101.70+80.31 0.865 ft100 5261.57 +18.66 +29.90 0.788 dax 5756.29 +19.67 +23.01 0.890 ロシアmicex指数 1301.33 +110.05 +100.84 0.848 ムンバイsensex30 17119.03+77.45 +82.01 0.919 上海a 3405.87 +96.68+92.92 0.786 ハンセンh 12967.49+64.32 +61.22 0.919 韓国総合 1656.90 +47.35 +56.55 0.917

  • ○■ 鉱工業生産指数も上昇しており電力消費量も急増しそうだ

  • ○■ cme清算値9735円 為替ドル円96.00円付近 高値目処12950円(08年9月1日高値) 高値目処12920円(08年9月2日高値) 高値目処12770円(08年9月3日高値) 高値目処12680円(08年9月8日高値) 高値目処12520円(08年9月9日高値) 高値目処12410円(08年9月10日高値) 高値目処12250円(08年9月22日高値) 高値目処12140円(08年9月24日高値) 高値目処12130円(08年9月26日高値) 高値目処12120円(08年9月29日高値) 高値目処11780円(08年9月29日安値) 高値目処11520円(08年10月2日高値) 高値目処11170円(08年10月3日高値) 高値目処10950円(08年10月3日安値) 高値目処10790円(08年10月6日高値) 高値目処10400円(08年10月7日高値) 高値目処10180円(09年6月12日高値) 高値目処10140円(09年6月15日高値) 高値目処10030円(09年6月15日安値) 高値目処9920円(09年6月16日高値) 高値目処9840円(前営業日vwap) 安値目処9750円(09年6月16日安値) 安値目処9720円(09年6月5日安値) 安値目処9650円(09年6月4日安値) 安値目処9490円(09年6月1日安値) 安値目処9430円(09年5月29日安値) 安値目処9350円(09年5月28日安値) 安値目処9230円(09年5月26日安値) 安値目処9110円(09年5月22日安値) 安値目処8990円(09年5月18日安値) 安値目処8820円(09年5月1日安値) 安値目処8740円(09年4月30日安値) 安値目処8490円(09年4月28日安値) 安値目処8460円(09年4月2日安値) 安値目処8400円(09年4月1日高値) 安値目処8090円(09年4月1日安値) 安値目処8060円(09年3月31日安値) 安値目処7870円(09年3月23日安値) 安値目処7840円(09年3月19日安値) 安値目処7820円(09年3月18日安値) 安値目処7660円(09年3月17日安値) 安値目処7580円(09年3月16日安値) 安値目処7520円(09年3月13日高値) 安値目処7370円(09年3月13日安値) 安値目処7360円(09年3月12日高値) 安値目処7150円(09年3月12日安値) 安値目処7110円(09年3月10日高値) 安値目処7010円(09年3月10日安値) 安値目処6990円(08年10月28日安値) 寄付戦略 寄付が9800円以上なら寄付で売、+30円で利益確定

  • ○■ 総務省が30日に発表した5月の完全失業率(季節調整値)は5.2%と前月から0.2ポイント悪化した

  • ○■ 生産予測指数は8月が前月比1.6%上昇、9月が同0.2%の上昇となった

  • ○■ 米労働省が発表した5月の米 消費者物価指数 ( cpi )は、それでも前月比でプラス0.1%と、 ガソリン 価格の上昇にも関わらず小幅な伸びとなった

  • ○■ 経産省発表の7月鉱工業生産指数速報は 前月比0.3%上昇の95.3となり、2カ月ぶりの上昇となった

  • ○■ 本日、総務省統計局から5月の 失業率などの労働力調査 が、また、厚生労働省から同じく5月の 有効求人倍率などの職業安定業。統計 が、それぞれ発表されました

  • ○■ まず、統計のヘッドラインを報じる記事を、いつもの 日経新聞のサイト から引用すると以下の通りです

  • ○■ 億7000万株(同)業種別s&p500種株価指数(全10業種)では、「一般産業」と「情

  • ○■ 米8月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00/69.0)

  • ○■ ぶりの上昇となった ロイターの事前予測調査では前月比1.0%上昇と予想されていたが、発表数値は

  • ○■ 小売売上高前月比−5.5%前年比+4.8% 日経225先物売買 なし 建玉

  • ○■ (前週比−7.5%) 日経225先物売買 9540s×1→ホールド 9710s×

  • ○■ 6月の米消費者物価指数 (21:30/前月比0.6%) ・6月の欧州新車販売実績 ・タイ中

  • ○■ 出荷指数は前月比2.5%上昇、在庫指数は1.7%低下だった 経産省は生産の基調判

  • ○■ が先行した朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が市場予想に反して増加し、雇用回復の遅れが

  • ○■ れた面もあったニューヨーク証券取引所(nyse)の売買高は約15億5000万株(速報)ナスダック市場は約

  • ○■ 月の鉱工業生産指数速報(経産省)(8:50/前月比1.0%)・8月の商業販売統計速報

  • ○■ 全体に影響した先行きの生産予測指数は6月が前月比0.4%上昇、7月が 同1.0%

  • ○■ 前月比0.0%) 米7月鉱工業生産指数(22:15/0.4%) 米8月ミシガン大学消費者信頼感指数

  • ○■ 経産省発表の12月鉱工業生産指数速報は 前月比2.2%上昇の89.9となり、10カ

  • ○■ (13:00) 12月工作機械受注(15:00) <<決算発表>&g

  • ○■ 5.2%は2003年9月以来、5年8カ月ぶりの水準になる完全失業者数は前年同月比7

  • ○■ 鈍化した影響もあり、6月の鉱工業生産指数は4カ月ぶりに低下した失業率は高止まりを続け

  • ○■ 業省が29日発表した9月の鉱工業生産指数は前月比で1.9%の低下と4カ月連続で悪化し

  • ○■ 機械受注 ・8日 9月の景気 ウォッチャー 調査が発表予定また、 オプション 1

  • ○■ 出る可能性もありそうだ明日の予定だよ・・・ ・8月の金融経済月報 (日銀) ・7月

  • ○■ に堅そうだ8月 10日 日銀政策委・金融政策決定会合(〜11日) 7月貸出・資金吸収動向

  • ○■ ドラインに関する記事を引用すると以下の通りです 経済産業省が30日発表

  • ○■ −1,500,000円 4月の損益+2,250,000円 5月の損益+

  • ○■ 損益+280,000円 2月の損益+80,000円 3月の損益+300

  • ○■ 月が前月比3.7%上昇、5月が同0.3%の低下となった 1─3月の生産は

  • ○■ 率1.6%)・9月のシカゴ購買部協会景気指数(22:45/56.0)・9月のユーロ圏イン

  • ○■ 9月以来、約1年7カ月ぶりの高値で終えたハイテク株の比率が高

  • ○■ 推移となり、取引終了後にインターネット検索大手グーグル(goog)の決算発表を控え様子見ムードも

  • ○■ 績懸念が和らぎ、金融株を中心に買いが優勢となったナスダック総合株価指数は

  • ○■ 安値¥9800シカゴ・寄り付き前外資系注文 日足陰陽■□ 3/2

  • ○■ 正 10年通年は3年ぶりプラス 経済産業省が31日発表した2010年12月の鉱工業生産指数

  • ○■ 300,000円 損益は手数料を考慮していません

  • ○■ りそうだ 11月の生産は市場予測の平均(前月比2.4%上昇)をやや上回った生産の伸び率

  • ○■ 次に、鉱工業生産指数のいつものグラフは以下の通りです上のパネルは季節調整済

  • ○■ 経産省発表の5月鉱工業生産指数速報は 前月比0.1%低下の95.9で、3カ月ぶりの低

  • ○■ が29日発表した9月の鉱工業生産指数(速報値、2005年=100)は92.5と、前月比

  • ○■ 響を与えてます 9月の鉱工業生産指数は事前の市場予測(中央値で0.6%低下)を大幅に下回

  • 前月 前月比 連続 国内 低下 改善 判断 物価指数 大幅 失業率 調整 予測 高値 統計 状況 決算 過去 上昇 中国 月連続 上回 本日 産省 鈍化 期待 以来 為替 景気 影響 修正 動向 前年比 上値 個人 リーマン 月期 前期比 見通 厳しい 有効求人 利益 関連 売上高 足元 機械 感指数 堅調 景気回復 昨日 海外 引用 季節調整 東京 グラフ 先行 経済 経済産業省 完全 上方 月の鉱工業 稼働 可能性 出荷 経産省 %低下 今年 データ 売買 設備投資 広がっ 10 続伸 生産予測 反発 完全失業率 消費者信頼感指数 国債 不透明 サイト 回復 グループ ロイター 200 今回 上昇した 下回 日本経済 決算発表 新規失業保険申請 業種別 基調判断 鉄鋼 09 08 終了 上回った 活動 投資家 推移 増加 消費者物価指数 全体 卸売 11 下値 年末 小売売上 速報 相場 下方 ナスダック 月鉱工業生産 記録 戦略 米鉱工業 レンジ 年間 公表 予想 外資 重要 警戒感 思います 横ばい 三菱 対策 据え置いた ポイント 金融政策決定会合 フィラデルフィア 決定 続いて 市場 株式市場 日経新聞のサイト 財務 %上昇 景気ウォッチャー調査 場面 破綻 予算 有効求人倍率 中小 急速 優勢 中央 ベース 米消費者 改定値 低下した 速報値年 季節調整済みの 会議 一致 設備稼働 世界的 セクター 下落 ヘッド 分野 住宅ローン申請 強まっ 状態 懸念 東証 日経平均株価 厳しい状況 一方 緩やか との見方 台数 国内総生産gd 予想され 記事を引用 市況 :前月比 リーマン・ 背景 自律 財務省 四半期連続 在庫 労働省 mba住宅ローン申請 比率 予測調査 継続 事前 時期 nyダウ 今週 首相 日続伸 記者 週間 実施 安定 する可能性 参考 上昇となっ 通りです 評価 動きを 当面 インフレ 変わら 目立 過剰 引用すると以下の通りです 反映 市場予想 化学 中心 国民 理事 注文 更新 鉱工業生産指数速報は前月比 大きい 観測 前回 発表されました 最後 半面 持ち直しの 総務省 製造業景気 生産指数速報 4~6月期 新規求人数 来週 就業 強まり 一段 方針 会見 明らかに ダウ工業株種平均 グラフは以下の通りです いつもの日経新聞のサイト 示した 経産省発表 グーグル 在庫調整 好転 期の鉱工業生産 調査 政権 必要 閣議 指摘 ぶりの高値 予想レンジ 米国 力強 段階 想定 四半期ぶり 記者会見 場合 速報値 マイナス 反応 検討 月以来 記事を引用すると以下の通りです 的には 首脳 厚生労働省 手数料 可能性がある 修正した 先物売買 reuters 生産指数速報値 減少 住宅販売 注意 アナリスト 別にみると 好感 欧米 生産活動 推移して 踏まえ 需要 生産の基調判断 項目 示して 鉱工業出荷指数は前月 始まっ 内閣府 月例経済 株主総会 開始 持ち直して 予想されて 早期 回復軌道 日本株
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.018 0.107 0.602 0.014 0.585 0.197
    やや強い比較的強い非常に弱い比較的強い非常に弱いやや強い
    total 76305.69999998063

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発