13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    志ん生

    書籍 関連語 志ん朝 文楽 桂三木助
    0 . 1 .
  • ○■ そして喜多八殿下が『寝床』

  • ○■ さて、何でしょう?

  • ○■ このダジャレのフレーズ、他の演者でも出てくるのかなと思って、古今亭志ん生のを聞き直してみましたら、志ん生師匠はこの駄洒落は使っていませんでした

  • ○■ 【風呂敷】(ふるしき) 【登場人物】 女房 新吉(しんきち=町内の若い衆) 女房の酒飲みの亭主 兄さん(あにさん=女房の兄?) 【概要】 亭主の留守に上がり込んだ新吉

  • ○■ 「薮入り」 最後は再び玉の輔

  • ○■ 「。長」 志ん生存命中は、志ん生以外やり手がいなかった噺だったそうです

  • ○■ 「なんでまたそっち向くんですか」 「・・・わ、悪かったって

  • ○■ 「きゃいのう」という噺も珍しいですが、物凄いと思うのは、一言一言に観客が笑っているのです

  • ○■ (3) 三遊亭金馬

  • ○■ 私は、彼の演技は変わらないんでネタ次第かなって思いますが

  • ○■ 志ん生師匠は体調が悪くなって高座には上がらなかったが、死ぬまで志ん生のまま、家族に薄められた酒を飲みながら、「最近の酒は水っぽいな」と言いながら将棋を指していたというが、時々その生活ぶりが公表されただけで、全国の志ん生ファンは嬉しくてたまらなかったし、そこでの会話を想像するだけで志ん生の話のまくらを聞いているような気分になれた

  • ○■ そしてファンは、談志のことだからいつ何時「やってみようか」と言い出してくれるかわからないと、常に期待させてもらっているだけで嬉しいのだと思う

  • ○■ 【資料音源】 志ん生/江戸物語(二)/focl-932・・・昭和32(1957)年録音(67歳)10:09/「骨皮」部分のみ 落語塾第一回/音。壱/fccg-2640・・・三代目 三遊亭金馬/昭和33(1958)年3月30日(63歳)15:12/文化放送有楽町ビデオホール収録/「他行」「骨皮」部分なし 花形落語特撰/六代目 三遊亭圓生/tecr-20024・・・昭和48(1973)年9月26日(73歳)27:32/落語研究会収録 【雑感】圓生師匠のバージョンでは、他の演者とは違って、「沢庵」を「貼り混ぜ」にせず別にしている

  • ○■ 昔の大師匠たちは、プライドがあったと云うか、他人の演目はやらないとか、他人のジャンルは犯さないと云う、暗黙の了解があったんだと思います

  • ○■ データ・・・五代目 古今亭志ん生 明治23(1890)年6月28日〜昭和48(1973)年9月21日 享年83 前名=七代目 金原亭馬生 出囃子=一丁入り 紫綬褒章 勳四等瑞宝章 本名=美濃部孝蔵

  • ○■ 志ん生をナマで見てないんだから

  • ○■ 古今亭志ん生の高座が鑑賞できるなどと言うのは実に貴重で有り難いことだと思った

  • ○■ (有)トミック 03(5695)1039

  • ○■ (5) 古今亭志ん生

  • ○■ 古今亭志ん生師匠が十八番にしてましたねぇ

  • ○■ 志ん生師匠が得意としていました

  • ○■ 志ん輔師匠の噺は、しっかりと台詞として決めて、志ん朝師匠直伝で流暢に語る部分(台本のある部分)と、アドリブ的に喋る部分とのバランスの絶妙さが魅力です

  • ○■ 作者: 真島 雄二 出版社/メーカー: 竹書房 発売日: 2010/03/12

  • ○■ 所作・話芸も鮮やかに駒次演じぬ「禁酒番屋」を 志ん生の孫弟子なれば二つ目の駒次

  • ○■ 小さん師匠 後半は、志ん生・馬生・志ん朝の名人親子・・ 新年から、落語好きに

  • ○■ nhk落語名人選(42)六代目 三遊亭圓生/pocn-1082・・・(序)27:40 �nhk

  • ○■ ん生の孫弟子なれば二つ目の駒次の末を見届けゆかむ 101030 野の瓜を摘みて飾れば

  • ○■ 分と同じくらい 同じくらいだなと思ったら、かなり上 うまいなあと感じたら

  • ○■ 初めての寄席で聴きけり抱腹の「鉄道戦国絵巻」を 二つ目の若き駒次の新作に笑ひ転

  • ○■ を 二つ目の若き駒次の新作に笑ひ転げて落語に目覚む 切れのよき所作・話芸も鮮やかに駒次演

  • ○■ 他人の芸を見て、あいつは下手だなと思ったら、そいつは自分と同じくらい 同じくらいだなと

  • ○■ 文化放送朝6時「志の輔の落語でデート」 5代目古今亭志ん生替わり目

  • ○■ 来週19日の金曜日、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて月例独演会【第9回 三遊亭王楽ひとり会】があります

  • ○■ )三代目 三遊亭金馬/pocn-1097・・・(序)29:20【雑感】 『三方一

  • ○■ しむ 101029 —<若き落語家・古今亭駒次に出会ひ落語に目覚めて> 初めての寄

  • ○■ 難いことだと思った ************************* 演目 ○古今亭志ん

  • ○■ お問い合わせは… (有)トミック 03(5695)1039 です 志ん生・文

  • ○■ 社だと書かれています(八つぁん10年4月長屋の話)で、古今亭志ん生の「なめくじ長屋」を書

  • ○■ 今亭志ん生 明治23(1890)年6月28日〜昭和48(1973)年9月21日 享年83 前名=七代目 金原亭馬生 出囃子=一丁入り 紫綬褒章 勳四等瑞宝章 本名=美濃部孝蔵

  • ○■ 楽しく呑みました♪ ( ^^)y☆y(^^ ) さて、今日が最後の

  • ○■ 町でボクと握手! (>_<)

  • ○■ This pillow is not the most who do not adjust well, those who live ambition I think itu0026#39;s funny too because I live in Ji

  • ○■ もっともこのまくらは誰がやってもおかしいわけではなく、志ん生だからおかしいのだと思う それほどこの志ん生という人は

  • ○■ This storyteller I live intentionally, but great storyteller志N朝image had been completely repainted in the colors Shota

  • ○■ この噺は志ん生、志ん朝のイメージが大きい噺ですが、完全に昇太カラーに塗り直されていました

  • ○■ I live ages ~ ~ Ji Pavilion

  • ○■ 〜古今亭志ん生〜

  • ○■ Today is the day of what I was again問Itaku

  • ○■ 今日は何の日か、もう一度問いたくなった

  • ○■ Look at it, his past reminded me of the storyteller who often put McLaren

  • 古今亭志 師匠 名人 三遊 寄席 小さん 文楽 高座 自分 面白 演目 長屋 今日 三木助 代目古今亭志 思います 爆笑 関係 東京 春風 今回 前座 聞いて 最近 五代目古今亭志 意味 弟子 以前 有名 落語 三遊亭 現在 昭和年月 出演 享年 桂三木助 独演 人気 人物 以上 紹介 亭馬生 先日 年月 聞いた データ 前名 美濃部 昭和 昨日 言われ 三遊亭金馬 聴いて 得意 場合 出囃子 代目三遊亭 全集 仕事 子供 面白かっ 実際 以外 亡くなっ 番組 黒門 立川談志 名演 円生 考えて 日享年 会話 夫婦 先代 期待 書いて 六代目三遊亭圓 読んで 最初 楽しい 文庫 思った 雑感 随分 良かっ 楽しん 興味 友人 昭和の名人 何度 紫綬褒章勳四等瑞宝章 客席 数々 様々 出来 若手 概要 思ってい 戦後 内容 十八番 襲名する 言って 風呂敷 放送 妾馬 社会 参加 gtlt 考える 収録 真打 入って 開催 例えば 大きく 勿論 茶碗 代目桂 仲入 食べる 新宿 柳家喬 教わっ 嬉しい 結局 大変 屋さん 亡くなり 一丁 だと思います 人たち 戦国 録音 言われて 文化放送 以下 一世 呼ばれ ファン 出てき 雰囲気 書かれ 独特 女性 鑑賞 演出 提灯 上方 作った 行った 雑誌 思うの 一方 違って 具合 新聞 残って 本棚 演芸場 少なく 代目三遊亭金 国民 決まっ 以降 題名 出かけ 三遊亭円 楽しんで 決定 代表 部分 三人 非常 合わせ 云われ 興味深 太鼓 好きだ 志ん生さんの 受賞 見てい 思ったら 普及 江戸落語 最後 利用 右手 手元 cd 思っていた 無理 久々 都内 登場人物 料理 気がする 著者 デート 暮らし 下手 午後 姿勢 生まれ 工夫 世間 途中 イメージ 本当 生師匠 解説 覚えて 苦労 嬉しく 云うの 登場 団体 現代 言うと 六代目三遊亭圓生 弟子さん 充実 中身 物語 年間 資料音源 復活 行って 明らか 空気 上手 評価 ありがとうござい 的には 地方 余裕 特別 展開 のお弟子 地域 風靡 機会 過去 名人と云われ 大爆笑 聞けば 多かった 予約 大看板 発表 確認 気がし 読んだ 今朝 三十 応援 持って 噺家さん 息子 言えば 作品 可能性 頑張 聴いてい 出てこない かと思って 生という 出てくる 結果 稽古 使って 第二 江戸時代 感心 落語を聴いて 披露 亡くなって 化して 思いますが 亡くなりに 時間 思っている 師匠のお 笑った 知られ 落語には 楽しんでい 云うのは 欲しい かもしれません 考えてみる 100 購入 残して 言うか 好きです 紹介します 考えてい たいと思います 持った
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.038 0.160 0.528 0.031 0.488 0.176
    やや強いやや弱いやや強いやや強いやや強い比較的強い
    total 97419.99999996959

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発