13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    三浦綾子

    書籍 関連語 安曇野 新潮文庫
    0 .
  • ○■ 他に図書館で借りている三浦光世著の本が二冊あるが、まだ「綾子へ」の一冊は読んでないが、今日と明日ぐらいで読み終えたいと思う

  • ○■ どさんこ作家さんで今回初めて読んでみました

  • ○■ でも、人からは、よくここ一年ぐらいお褒めの言葉を頂いているが、私が本当は言いたいのは「全て神さまのおかげ」と

  • ○■ 私も含め、現在の日本の教育現場に立っている者たちは、いったい何を、その基盤として、生徒たちに教えているのだろうか?

  • ○■ 「京~」というのが一番人気

  • ○■ 三浦綾子

  • ○■ 今日は祖父母と江の島に行ってきます

  • ○■ 人間は神さまではないんだもの、当然だよ!

  • ○■ 三浦綾子の小説を俳優の誰かが舞台で朗読する形で紹介していた

  • ○■ 本当は、お正月の帰省で初めて新幹線を使うから、復路の5時間、本でも読んで時間を潰そうと思っていた

  • ○■ 作家の三浦綾子さんは、次々に病気になっても 「神様にこんなに愛されている」と語っておられました

  • ○■ 今も生きておられる神様ですから、新しいいのちを私たちに与え続けてくださいます

  • ○■ そして、ご夫婦でこの「賛美し隊」に入ってくださると言うのです

  • ○■ さーて、今日はこれからロッキーと安曇野にある教会&幼稚園へ向かいます

  • ○■ :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

  • ○■ 三浦綾子さんの全著書から選りすぐった文章の数々

  • ○■ でも、この一本の桜の木は、絵になる木でございまして、三浦綾子氏が見逃しているはずはないと思うのでございますが?

  • ○■ 三浦綾子著「光あるうちに」は、人間の罪について語る中で、目、口、手、足というように分けて書いている箇所があり、なるほどなーと、考えさせられた

  • ○■ 三浦綾子さんも、よくここまで書いたなー、と思えるほどに、率直に自分の青春をさらけだしている本である

  • ○■ 大きな峠である 明治42年2月28日の夜 名寄から自分の結

  • ○■ しょうか? ↑は、三浦綾子の小説「塩狩峠」のクライマックスのあらすじです そして、この

  • ○■ 、乗り合わせていた永野は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけたが、客車は止まらない! 下り坂でどん

  • ○■ りき」三部作の、第二部「この土の器をも」を読み始めることにしようその前に、今日もロッ

  • ○■ の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、生きることの意味を問う長編小説泣ける本です

  • ○■ 永野信夫の乗った列車は、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れて暴走し始めた声もなく恐怖に怯える

  • ○■ 手をかけた……明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らを犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年

  • ○■ の「キンシオ」や平日12:30~14:00放送の「ハマランチョ」まで各種番組の出張ブー

  • ○■ などと思ってしまいます☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★『残像』著者:三浦綾子出版:集英社文

  • ○■ 治虫先生は偉大だった :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ short leg

  • ○■ た :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

  • 今日 言葉 氷点 人間 三浦綾子さんの 最後 世界 塩狩峠 意味 旭川 昨日 読んで 思ってい 皆さん 綾子著 考える 文章 生きて 生まれ 思いました 作者 列車 完全 写真 札幌 以前 最初 新潮文庫 読んでい 記憶 自然 書いて 先日 良かっ 恋愛 長編 紹介 私たち 失敗 道ありき 思います 何度 安曇野 展開 一緒 ドラマ 機会 感動 読んだ 分から 暴走 誕生 入って 大人 かもしれません 苦しい 彼女 恐怖 相手 元気 亡くなっ 間違 友達 一生懸命 東京 様々 出版社 モデル メディア 責任 三浦綾子の小説 教室 突然 テーマ 入れる 分かっ 今回 クリック 電車 出演 面白 読んでいる てしまいました 過ごし 一日 下さい 思っていた 思うと 読んだこと 読みました 作家 ではありません 発売日 書かれ 三浦さんは 気がし 思っている 救った 中には 思われ 大切 欲しい 興味 始めた 登場 女性 かもしれないが 関係 言ってい だと思います 見ていると
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.042 0.176 0.503 0.031 0.456 0.182
    やや弱いやや弱い強い僅かに強い強い僅かに強い
    total 52591.99999999404

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発