13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    米軍立川

    ニュース 関連語 岸田沖縄 吉田茂 法務省 日米安保 民主党政権 岡田克也 有識者委員会 核密約
    0 .
  • ○■ 米軍立川

  • ○■ 田中耕太郎さんの話ですが、したがって、県政のことになりますが、阪神・淡路大震災のときも、新型インフルエンザ流行のときも、兵庫県知事は、政府に、何ら具体的な要請をしていないのだそうです

  • ○■ 日米行政協定では、米兵らの公務外の犯罪は日本に裁判権があると規定していたが、研究者らが米国の公文書で秘密合意の存在を発見、指摘してきた

  • ○■ 柳田国男にしても、中野重治にしても、それは同じである

  • ○■ それはともかく、いまは戦後体制がようやく緒についたところだった

  • ○■ 日米間の「密約」について検証作業を進めてきた有識者委員会が、「核持ち込みの密約」など、3つの密約があったと結論付ける報告書を岡田外相に提出しました

  • ○■ 《連載156》 少しくどいかもしれないが、ここで戦後の農地改革とは何であったかをもう一度ふり返っておきたい

  • ○■ 考える事件以外では、裁判権を行使するつもりがない」との見解を示した文書を発見した今回の文書

  • ○■ られなくもない 国男は連合国軍総司令部(ghq)の推し進める「宗教の自由」をちくりと皮肉る

  • ○■ ただ、63年に当時のライシャワー駐日米大使が大平正芳外相に米側の解釈を伝えて以降は日本側が黙認

  • ○■ たしかし、60年1月の藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使との会談で核兵器搭載艦船の寄航などを黙認する

  • ○■ 制を巡って藤山愛一郎外相と マッカーサー 駐日米大使が交わした「討議の記録」(討論記録)を「文書自体は不公

  • ○■ したことを指摘これを公表するよう求めたが、日本側が断ったという大使の発言は、秘密合意

  • ○■ 約の存在を証言した【関連 ニュース 】 <密約>沖縄返還密約:「補償費肩代わり」推定

  • ○■ るしかし、それと同時に、連合国軍総司令部(ghq)の主導によって、着々と改革が進められている

  • ○■ 4日に当時の岸信介首相、藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使らが日米安全保障条約の改定交渉をした際の「会談録」外務省が昨年、日米間の

  • ○■ 「会談録」外務省が昨年、日米間の核持ち込みなどの「密約」に関して調査した際に見つかった在日米軍をめぐっては、

  • ○■ 調査で明らかになった 日米行政協定では、米兵らの公務外の犯罪は日本に裁判権があると規定していたが、研究者らが米国の公文書で秘密合意の存在を発見、指摘してきた日本側でこの点が判明し

  • ○■ NULL 日米地位協定の前身にあたる日米行政協定で、日本に駐留する米兵らの犯罪について、米側に実質的に裁判権を譲るとした日米間の「秘密合意」が存在したことが10日、外務省の調査で明らか

  • ○■ 民の不満が高まった在日米軍をめぐっては、国際問題研究者の新原昭治氏が2008年、米国の国立公文書館で、日本側が

  • ○■ を巡る問題について ◇築地市場現在地再整備問題について8 田中耕太郎 (かけ

  • ○■ ンの支給事業について ◇子宮頸がん予防ワクチン接種について ◇末期がん患者の在宅療養について ◇あんしん

  • ○■ 患者の在宅療養について◇あんしん居住制度について ◇宅配サービスについて6 志村孝美 (日本共

  • ○■ ◇宅配サービスについて6 志村孝美 (日本共産党) ◇核兵器廃絶について ◇民主党政権の「新しい公共」論について ◇保育制度を根本から変える「子ども・子育て新システム」について ◇高齢者の「無

  • ○■ について22日 水曜日5 鈴木幸子 (公明党) ◇うつ病対策について ◇精神対話士について ◇乳がんと子宮頸がんの

  • ○■ かけはし) ◇平成21年度決算と平成23年度予算について ◇若者と子どもたちのキャリア形成・教育について ◇児童虐待防止対策について ◇新しい公共について以上、

  • ○■ 連続講演をおこなったのは、1946年(昭和21)の7月25日から27日にかけてのことである

  • 公文書 日米 政府 国軍総司令部 藤山愛一郎 政権 戦争 連合国軍総司令部 日本人 安保 田中耕 核持 国男 裁判 大使 政策 米側 首相 藤山愛一郎外相 核兵器 密約 指摘 必要 日本 柳田 世界 以上 対象 60 重要 日米間 日本側 維持 マッカーサー駐日米大使 明らかに 国立公文書 記録 内閣 見つかっ 合意 岡田 文部省 砂川 国立 政権交代 藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使 交わし 占領 以外 戦前 連合国軍総司令部ghq 掲載 主義 昭和 昨年 第二 判明 中心 日米密約 交渉 有識者委員会 軍基地 発行 体制 日米安保条約 議事 大臣 否定 新しい 大統領 課題 姿勢 今回 開示 明石 年昭和 普天間 米国立公文書 証言 新聞 局長 国語 民俗学 自由 一部 過去 会談録 検証 問題 仕事 誕生 秘密合意 事前協議 総理大臣 出席 裁判権 国会 土地 日本政府 変える 発展 結果 平成 200 初めて 見つかった 黙認 明らかになった 搭載艦船 思われる 最高裁 無条件 海外 自体 終戦 評価 考えて 明言 犯罪について 始まっ 任命 今後 発見 ニュース 末期 式典 分かった 米国 記念 開始 民俗学研究所 完全 規定 中国 展望 交わした 長官 解釈 在日米軍 人口 権利 冒頭 尊敬 記者会見 公務外 一方 活用 圧力 世紀 予算 議論 改定時 立場 関係者 事業 今日 唯一 日米安全保障条約 前身にあたる 主張 国内 本格 本来 米大統領 国家 外務省の有識者委員会 人々 民主党中心 求めて 日米行政 密約の存在 1960 核持ち込みなどの 子ども 論について 合わせ ていたのである 以来 自身 000 利用 米艦船の日本 影響 毎日新聞 起こして 産経新聞 国際問題研究者の新原昭治 勉強 具体的 第二次世界 した日米間 10 憲法 続けるの 承知 得られ 受けて することができ 教育 雑誌 実質的 最後 第一 逮捕され 認めた 回って うとしていたのである 調査 197 明らかになり 平和 記されている 公開され 当時 2008 明らかにさ 紹介 内容 情報 行われ たが日本側 向けて 求めていた 行って 思います 考えていた なかったことは 思って 行った ているのではない
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.026 0.153 0.544 0.014 0.515 0.151
    やや強いやや強いやや弱い比較的強いやや弱い極めて強い
    total 39681.50000000251

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発