13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    筒井康隆

    書籍 関連語 時をかける少女 星新一 小松左京 七瀬ふたたび
    0 . 1 .
  • ○■ 「読書」カテゴリの最新記事 ちんぷんかん 食の細道 うそうそ おまけのこ 天皇の料理番

  • ○■ 「芸術=金」くらいにまで考えているのでは、と思ってしまう言動がどうにも癪なのだ

  • ○■ 「アホ」の定義がだんだんとずれていくのも気になります

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 9月17日(土) 9月16日(金) 9月15日(木) 9月14日(水) 9月13日(火)

  • ○■ 今週は小説だけではなく、読書エッセイも読んでいる

  • ○■ ただ私はやはり気になるのである

  • ○■ 「序章なぜこんなアホな本を書いたか」であかされているように本書のタイトルは養老孟司『バカの壁』から思いついたのですが、そもそも『バカの壁』とは、人と人との間のコミュニケーションを疎外する壁ではなく、人それぞれの、良識とアホとの間に立ちはだかる壁のことを書いたのではなかったのか、という思い込みから、そうしたことを養老先生が語っていなかったのならば、編集にそそのかされて、書いてしまえ、というのが本書だとしています

  • ○■ newer older 03/26のツイートまとめ

  • ○■ kanro30 行き帰りの電車で筒井康隆著「脱走と追跡のサンバ」を読了

  • ○■ 2012.03.21 *wed

  • ○■ 11-13 00:21

  • ○■ 03-26 01:32

  • ○■ 私は。腔の思いを以って制作関係者各位に敬意を表したい

  • ○■ 子供のころから超能力って好きだったし、sfっぽいのも好んで読んでたから

  • ○■ それでも、他のハルヒファンが言うほどハルヒが好きというわけではなかった

  • ○■ しかも、自分で作ったものでもない

  • ○■ これはいくらなんでも、と、思って確認したら

  • ○■ これはかなり期待ですねぇ

  • ○■ 「時をかける少女」と一緒に借りた「おっぱいバレー」にも出てる

  • ○■ 「家族八景」で描かれた人の頭の中は、時に抽象的だったりして、 「図形」になってたりもするわけですが、 「インセプション」では、「夢と気づかないくらい」「現実的」になっていた

  • ○■ それを機会に、彼の内面は変わっていく、そういう話が多い

  • ○■ やられたよ集英社さん

  • ○■ しかし、脈拍138

  • ○■ 「電波的な彼女」はこの他に2巻続編が出ていて全3巻となっています

  • ○■ (日本以外全部沈没って、筒井康隆さんだったけ?(^^ゞ)

  • ○■ 今回はかなり理解できて、大きな人だったんだなと思えるようになりました

  • ○■ ストーリーは宇宙をさすらう探査機の独白で構成されていて「なんにも起こらないんじゃない?」という気持ちが充満している話

  • ○■ コメント投稿 コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください

  • ○■ だからバトル物を期待したら、というか2章こんな書き方よく出来るな

  • ○■ それにしてもまぁ、現代版にすると・・・・こんな感じか

  • ○■ しかし今のペースだと、どうにも間に合いそうにない

  • ○■ このブログの読者になる(チェック)

  • ○■ (笑うな・筒井康隆氏)を読んだ

  • ○■ home 甘露日記 今日も交換会往復

  • ○■ 星新一は一番のファンで、ショートショートを含め、全て持ってるけど

  • ○■ そんな道にも他県ナンバーの車がいる

  • ○■ そういう語呂合わせをしたがる性質なのだ

  • ○■ 【著者紹介】 あとうだ・たかし(1935年─)作家

  • ○■ 「こいつ、おかしな奴」と思うと思いますが

  • ○■ mail address

  • ○■ comments: 0 comment form

  • ○■ add your comment secret only inform the site author.

  • ○■ 2009年7月19日日曜日日比谷野外音楽堂大ホール b6-2これが、ちろの座席番号

  • ○■ 筒井関係だと 山下洋輔 の エッセイ も面白かったです

  • ○■ やっぱり思った通り、30分強ぐらいで家に到着

  • ○■ 筒井康隆の原作はnhkの少年ドラマ「タイムトラベラー」放送当時に読んだ

  • ○■ 「水入らず」と「悪魔と神」は文庫になってたから安く読めた

  • ○■ ¥693 amazon.co.jp

  • ○■ <(`^´)> だってしまいには女子生徒を 神格化 してしまうんですから

  • ○■ 『残される者たちへ』 うぉぉ!さすが60年代生まれ!!て感じのお話 子供の頃に土曜日の夕方かなんかにnhkで 30分番組のドラマ・・・観てなかったですか? 眉村卓とか筒井康隆とか子供たちの日常にある ちょっと不思議で少し怖いけど普通に起こるかもな 古き善き日本版sfって感じが懐かしくもあり・・・ みたいな(^0^)でも設定はいちおう現代なのかな

  • 自分 少女 文庫 日本 読んだ 星新一 ドラマ 最後 監督 内容 七瀬 小松左京 時をかける少女 存在 読んで 漫画 人物 関係 以上 本当 気持 文章 難しい ブログ 思った 以前 書いた 子供 表現 主演 音楽 生活 全部 実際 初めて 場合 作者 amazon 新潮文庫 里依 イメージ 筒井康隆さんの 感想 一緒 結局 発表 知って 説明 読んでい 収録 家族八景 魅力 話題 感覚 新しい この作品 結果 言って 面白かっ 仲里依紗 理解 学生 持って 掲載 勝手 シーン 今回 化され 劇場 名前 日記 印象 先日 行動 意識 dvd 感じる 警察 大人 女優 青春 事故 受賞 ネット 個人 今日 以下 角川文庫 惑星 気分 様子 原作 映画 関して 日本人 仲間 見てい 衝撃 人気 良かった 思います 書かれ ショート 起こる 殺人 活動 自体 完全 康隆氏 絶対 細田 男性 思うの 大学 非常 例えば 筒井康隆の小説 経験 実験 同時 筒井さん 思って 中では のかもしれない 読みまし 読んでいる 他人 秘密 正直 amazonco 考えて 大事 サイト 終了 分かる 七瀬ふたたび 予想 仕方 日々 出てき 時間 明らか 買った 才能 思える 谷口 圭吾 登場人物 タイムトラベラー 趣味 谷口正晃 手塚 舞台 ホント 聞いて 普段 楽しい 体験 ロック 展開 芳山 解釈 出来事 場面 代わり 小説 出来 大阪 心理 更新 思ってい 思いました 分かっ 出会 亡くなっ 制作 思ったら 一応 撮影 思えば 中尾明 個人的 田中 レベル 感情 一番 ヒット オススメ 言える メディア 週間 無かった 東野圭吾 変わっ 向かう 出版社 部門 表題 平井 アニメーション カテゴリの最新 なければならない 書いて 携帯 表紙 鈴木 入手 少なく 希望 読了 頑張 地獄 結末 奇妙 読んでみ 即買 演技 知った sf 新作 同じく 関しては :筒井 描いた 実現 クリック 本作 一種 見える 周年 始まっ 昨日 山田 常識 消化 書いてい 応援 発行 言った 対して 読みやすい 連絡 機会 未来 安田 日本以外全部 かもしれないが 時代 康隆原作 無視 連続 分からない 言ってい 見つけ 原作:筒井 サラリーマン posted 批判 外国 知識 化されて 科学 講談社 このブログ 日本沈没 事情 ありがとうござい 会議 ロボット 持ってい 同様 読んでも 知世さん 太陽 年以上 知らな 意味 生まれ url 原田知世 意図 好きで 犯罪 見つから 読んだの アニメ エピソード ツイート 魅力的 決まっ 以降 連中 向かっ ような気がし 自宅 知っている 思い出した 個性 彼女 世界観
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.041 0.166 0.525 0.037 0.484 0.184
    total 257576.90000021312

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発