13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    吉川英治

    書籍 関連語 三国志 直木賞 平家物語 宮本武蔵
    0 . 1 .
  • ○■ (恵。尼さん)のラブロマンスをわくわくして

  • ○■ 自分の中学高校時代を思い出すことは、状況的に、わりとよくあるのだが、最近すっかり大学時代のことは思い出さなくなっていた

  • ○■ 本日から企画展「旅の吉川英治」を開催します

  • ○■ 昨年11月5日、久し振りに奥多摩・日原の小川谷林道と日原林道の様子を見に行って来ました

  • ○■ 実は、吉川英治は、いま人形を据えてある床の間の正面の位置に文机を置いて、「新・平家物語」を執筆していました

  • ○■ 前回から続いて読んでいます

  • ○■ 企画展「書簡に見る吉川英治の交遊」ですが、堀。梅子同様、知る人ぞ知るという人物との書簡を、もう一つご紹介します

  • ○■ 三国志の登場人物で誰が好きかと問われたら、私は「曹操」と答える

  • ○■ タグ: ★★☆☆☆

  • ○■ でもあのイメージって吉川英治の小説の影響なんですよね、確か

  • ○■ ちなみにこれがその写真です

  • ○■ それが実は旅の時なのです

  • ○■ その隣りには石仏も祀られていました

  • ○■ ご興味のある方はぜひお運びください

  • ○■ これが大きな間違いで、吉川、北方版は種本が羅貫中の歴史小説である「三国志演義」だったのに対して、宮城。。版は一応正史とされる陳寿の「三国志」でした

  • ○■ この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです

  • ○■ 『自筆年譜』にしたがえば、明治42年に吉田町に転居し、明治45年、前々年に上京した英治を追うように一家も東京に出てきます

  • ○■ 「伝記吉川英治」で、著者の尾崎秀樹が調査したところによると、いくの母の名は≪ふき≫となっています

  • ○■ それだけ、武蔵は作家にとって食指が動く剣豪なのであろう

  • ○■ ←曹操大好きって方はクリック!!! ◆私は映画「ハゲタカ」を応援します

  • ○■ 2010-10-27 22:05:42 辛子 in 日本

  • ○■ 第十回吉川英治文学新人賞受賞作

  • ○■ もっとも、今日は、吉川英治の戸籍上の誕生日ではあるのですが

  • ○■ この辺りが、【800】と違って気持ちよく読めたのだと思う

  • ○■ 「ラジオすら自分では選局しなかったほどの機械オンチだったのに、オートフォーカスではない上に露出まで調節しなければいけなかった当時のカメラを扱えたとは思えない」と言うのがその理由です

  • ○■ 今回は宇宙人(笑)の自己紹介的な感じでしたね

  • ○■ マナーは、守っていただきます

  • ○■ それでは、また明日…

  • ○■ 2009年、 第30回吉川英治文学新人賞及び、 第62回日本推理作家協会賞

  • ○■ 最近ホラーのことや怪談のことばかり考えていて、頭が破裂しそうな毎日なんですが、そんな頭に潤滑油を注そうと純粋に物語を楽しみたいと思うようになりました

  • ○■ リメイク映画リストに「鳴門秘帖」が追加されました

  • ○■ 三国志といえば、吉川英治・横山光輝(笑)

  • ○■ [リメイク]原題:黄金の伏魔殿英題:---製作:1957年日監督:佐々木康出演:市川右太衛門、他[オリジナル]原題:無明有明 前篇/後篇英題:---製作:1939年日監督:松田定次出演:月形龍之介、他より

  • ○■ まずは吉川英。宛の長谷川時雨の書簡(昭和10年8月4日付)と三。。。吉の書簡(昭和18年2月7日付)です

  • ○■ まずは第一巻は読破した

  • ○■ このところのこのブログへのアクセスを解析すると、吉川英治が座右銘とした言葉の一つ「朝の来ない夜はない」を検索して、このブログにたどり着いている人が多くなっている

  • ○■ 吉川英治自身も久保。。訳の「三国志演義」を愛読したことを書いていますし、それこそ、吉川英治の「三国志」が登場する以前における、日本の「三国志」の定番だったと言えるものです

  • ○■ しかし様態が急変、今日が「その日」になるとわかった夫は約束を破る

  • ○■ 今年の英治忌は9月6日(日曜日)です

  • ○■ 三国志特集 ▼コミック 横山光輝 「三国志全巻セット」 「三国志(文庫版)全巻セット」 「三国志(ワイド版)全巻セット」 ▼書籍 「三国志」/吉川英治 「三国志」/北方謙三 「三国志」/宮城谷昌光

  • ○■ 吉川英治文学新人賞受賞後、初の書下ろし新シリーズ第1弾

  • ○■ 吉川英治記念館は、明日3月20日は開館します

  • ○■ 講談社 吉川 英治 amazonアソシエイト by

  • ○■ ------------------------------ 歎異抄旅にもちきて

  • ○■ いました99%の誘拐 (講談社文庫)/岡嶋 二人¥730 amazon.co

  • ○■ yoshikawa amazonアソシエイト by ウェブリブログもちろん武蔵も持

  • ○■ 吉川英治歴史時代文庫 33) 著者:吉川 英治 販売元:講談社 amazon.co.jpで詳細を確認する か

  • ○■ 吉川英治

  • ○■ 閣を失い、幕末の長 州征伐の際に城内を焼失、維新後は軍の関係施設になっていましたから、昭和

  • ○■ 閤記を書いている 「 太閤記」とその周辺、信長や光秀の物語は、吉川英治、司馬遼太郎、堺屋太

  • 作品 三国志 歴史 宮本 吉川英治文学新人賞 新人賞 人物 文学新人賞 文庫 当時 昭和 読んで 武蔵 内容 直木賞 意味 文学賞 江戸 読んだ 登場 吉川英治文学賞 存在 最近 今日 最初 amazon 受賞 現代 曹操 良かっ 回吉川英治文学 自身 宮本武蔵 作者 孔明 小説 有名 書いた 思います レッドクリフ 文芸 以外 印象 企画 長編 描写 中国 新聞 漫画 今年 二十 思った 生きる 佐々木 ファン 対して 賞受賞 歴史小説 以上 感動 読んでい 回吉川英治文学新人 想像 劉備 実際 青春 二人 非常 かもしれません 精神 経験 時間 天地明察 戦争 吉川英治歴史時代文庫 見つけ 発表 展開 渋川 時期 感じる 受賞作 登場人物 昨日 亡くなっ 武将 テーマ amazoncojp 渡辺 一番 読んでいる 場合 受賞した 図書館 人々 父親 注目 個人的 魅力 一緒 描かれ 思ってい 五木 幕末 自体 掲載 英治さん 場面 入って イメージ 社会 基本 生まれ 企画展 回直木賞 計画 若者 龍之介 女性 面白かった 思える 物語 豊臣 映画化 成立 事業 先日 大河 考えて 本来 大好 英治記念 独自 当館 勉強 作家 同様 自己 的には 出版社 挑戦 高橋 取材 久しぶり 出てき 平家 江戸川乱歩 正しい 武田 何度 担当 演技 知識 方々 横浜 主義 書簡 以来 購入 漱石 当然 デビュー 中心 言って 難しい 分かる 説明 変わっ 調査 吉川英治の小説 白井 三国志演義 江戸時代 研究 本太平記 時代劇 上記 てしまいました 太郎 ある程度 結果 司馬遼太郎 日本推理作家協会 読もう 賞受賞作 勝負 吉川英治文学新人賞受賞作 前作 古代 両親 読みまし 登場する 珍しい 十年 最後 のかもしれません オリジナル 番組 新装 新・平家物語 吉川英治さんの 講談社文庫 メディア 様子 尊敬 史実 旅行 純粋 危険 関して 聞いて 決まっ 間違 直木賞受賞 新平家 始まっ 関東大震災 行動 交流 人格 特別 紹介して 爽やか 利用 思っていた 水滸伝 書かれてい 描かれて 天下 言ってい 神社 移動 会場 知ってい 時点 数々 なってしまった 年前 書いている 残って 反対 記述 大量 国民 読んでみ 現在 臨時 読んだこと 以前 加藤 吉川英治文学賞を受賞 関羽 原因 住んで 分析 吉川英治の宮本武蔵 なければならない 私本太平記 後半 人形劇 向かっ 伝わっ 対応 ブック 傾向 後日 インターネット 思いました 見ると 作家として 思われる 指摘 色々 言われ 影響 勿論 下さい 読み終えた 忘れて :吉川 刊行され 読んだの 分かっ だと思います 聞いた 参加 我以外 発生 終わり 違って 一般 最大 代表作 楽しく dvd 価格 事故 地方 発行 読むこと
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.032 0.148 0.539 0.024 0.504 0.193
    僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強いやや弱い僅かに強い
    total 208496.2000000938

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発