13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    講談社学術文庫

    書籍 関連語 岩波文庫 岩波新書 ちくま学芸文庫
    0 . 1 .
  • ○■ そのような心境に、「秋風」は実によくフィットしていると思います

  • ○■ しかしそれでもロシアの劣等感は克服されず、したがってその手段はソ連、そして現代ロシアに至るまで受け継がれている

  • ○■ しかし部外者があえて詮索を試みるなら、それは皿が互いに「模様のちがふ」ものだったからではないかと思われます

  • ○■ そしてさらに驚くことは、幕末とはいえ江戸時代のサムライ達が現代の顔を持っていた、いや、現代人以上に機敏でその時代と世界情勢を冷静に、そして鋭い目で見つめる能力を持っていたようだということだった

  • ○■ そしてそれは私だけではなくて 恐らくは人類が文化を持ち始めた頃から、 多くの人間を魅了し続けてきたに違いないのである

  • ○■ 「観光」とは異なる「住み働く」ことによる経験の積み重ねというのを感じ、今いる地方にだんだん惹かれつつある自分を発見するのが「驚」でもあった

  • ○■ いくつかを紹介しても全体の雰囲気は伝わらないので、もし機会があったら読んで欲しい

  • ○■ 朝から当たり前のことを、日本書紀なんぞを取り出して思われる方が大半だと思います

  • ○■ 今朝話題にしたいのはここに記されている「徳」という言葉です

  • ○■ 仏教には四特質があり第三は「徳(guna)」とされています

  • ○■ なお文中「縄をない」という言葉が出てきます

  • ○■ つまりオレ、一人・・・」別に気にしてはいないようだ

  • ○■ しかし、キリスト教に代わって、新しい人間の理想として台頭してきた近代哲学が作り出した人間の理想は「倫理」「道徳」「良心」でした

  • ○■ 〜「ヨーロッパから見た幕末使節団」鈴木健夫ほか著講談社学術文庫〜

  • ○■ 」 と、お返事をいただきました

  • ○■ (講談社学術文庫・平井照敏編『現代の俳句』より) この句における蝶とは「凍蝶(いてちょう)」、つまり。蝶のことです

  • ○■ 魏晋南北朝 (講談社学術文庫) 作者: 川勝 義雄 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2003/05/09 メディア: 文庫

  • ○■ 本書も、細かなところに引っ掛からずざっと一読してイメージをつかむための本なので、下手に何かを憶えようとしない方が良い

  • ○■ 本を読んで、日本社会や仏教にも地獄とか閻魔大王など随分道教の影響があることが判った

  • ○■ タグ: 読書 水と衛生

  • ○■ その他に最近では「江戸しぐさ」が話題になりますが、すべては「共通善」の模索にあるような気がします

  • ○■ このブログは、ブログ村に参加しています

  • ○■ さらにツァラトゥストラは、「これは民衆が私に教えてくれた智恵だ」とも付け加えているが、どういうことを意味するのだろうか

  • ○■ ¥1,890 amazon.co.jp

  • ○■ それはまた、他者の他者性をどこに見いだすか、ということである

  • ○■ この句は、どちらかと言うと観念的・抽象的な句ではないだろうか

  • ○■ 作者: 村上春樹; 出版社/メーカー: 講談社; 発売日: 2004/11; メディア: 文庫; 購入: 3人 クリック: 5回; amazon.co.jpで詳細を見る. 再読

  • ○■ 〔※j・ギース,f・ギース『中世ヨーロッパ城の生活』(栗原。訳、講談社学術文庫、2005年)に、モンセギュールの包囲戦で、カトリック教会・フランス王家の連合軍によっても使用された武器……投石機の記述がある

  • ○■ ¥903 amazon.co.jp

  • ○■ --e.レヴィナス(西谷修訳)『実存から実存者へ』講談社学術文庫、1996年

  • ○■ 大きい【目次】(「book」データベースより)経済/住んだ場所とその目的/読書/音/

  • ○■ 茶道 濃茶点前 棚点前/著者不明¥1,890amazon.co.jp日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のし

  • ○■ ) 作者: 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1979/10 メディア: 文庫

  • ○■ : 柄谷行人 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/01/16 メディア: 文庫 クリ

  • ○■ 日: 2002/10/10 メディア: 文庫 タグ: 無門関 惺

  • ○■ 日: 2010/08/09 メディア: 文庫 連環記 他一篇 (

  • ○■ 齋藤 純一 出版社/ メーカー : 岩波書店 発売日: 2008/08 メディア : 単行本 アナ

  • ○■ 五来 重 出版 社/ メーカー : 講談社 発売日: 2007/03/09 メディア : 文庫都内

  • ○■ 学ぶ/宮田 和宏¥1,575 amazon.co.jp二刀流仕組小太刀【剣道具・

  • ○■ 界と此の世の境 (講談社学術文庫) 作者: 飯島 吉晴 出版 社/ メーカー :

  • ○■ 文章を読んでいますと、この 『ふるさとの生活』 が書かれた昭和25年頃、日本の社会にはまだまだ

  • ○■ > は、柳田國男の 《旅と文章と人生》 ・・・宮本常一、そのあとがきに、

  • ○■ へ・・・待っている間に、宮本常一著 『ふるさとの生活』 (講談社学術文庫)を通読しました この本、

  • ○■ 早川孝太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/04/13 メディア: 文庫 赤

  • ○■ スの興隆と衰退』 (伊藤貞夫/講談社学術文庫) を読む 『闇狩り師2

  • ○■ 講談社学術文庫

  • ○■ 正直訳)」 「菜根 譚 (講談社学術文庫)(洪 自誠著中■■■訳)」 「呻吟語 (現代人

  • ○■ も4つの課題 【読 書方法についての4つの課題】 1.本の選択 2

  • ○■ 小木新造「東■時代—江 戸と東京の間で—」 (講談社学術文庫) 【内容情報】(「book」

  • ○■ トでレポート・小論文・ 卒論の書き方 (講談社学術文庫 297)/保坂 弘司 ¥924 amaz

  • 世界 新書 著者 読んで 政治 思想 近代 意味 内容 一般 主義 社会 本書 amazon 文章 場合 作者 出版社 生活 現実 先生 現在 以上 説明 事実 岩波文庫 思って 自身 精神 中心 思います 成立 amazoncojp 第二 自体 学芸 文明 指摘 メーカー 同時 今日 印象 最近 認識 異なる メディア ヨーロッパ 可能性 中公文庫 岩波新書 実際 評価 発売 読んだ 中公新書 人物 非常 例えば 理論 結果 出版社メーカー 教科書 理由 意見 シリーズ 同じく 帝国 生きて 危機 発展 努力 制度 出版社メーカー講談社発売 書かれ 同様 国民 結局 言える 記述 購入 他人 考えて 背景 以来 図書館 自分 全体 有名 様々 国際 拡大 読書 ちくま学芸文庫 論文 以降 最初 河出 持って 確立 共通 判断 講談社現代新書 面白 影響 視点 天皇 今回 同じよう 人生 時代 特殊 学術文庫作者 体験 人間 思った 書店 事態 登場 昨日 運動 教師 参照 戦前 機会 民主 言語 反対 大事 積極 読んでい 伝統 君主 ではありません 教養 訳注 実存 思ってい 渡辺 純粋 終わり 一冊 感じる 分かる 第三 不思議 大変 簡単 成功 理想 一種 世界史 現代 河出文庫 名前 新潮文庫 時期 統治 枠組 東京大学 問題 向かっ 残念 効果 国防 他者 要するに 講談社文庫 条約 知って 未来 対応 言葉 面白かっ かもしれません 過程 見える 体制 福沢諭吉 的には ローマ 具体 情勢 私たち 大正 福田 参考 政府 西洋 古代 受けた 資本 ルソー 神話 結成 アジア 対抗 外国 見つけ 大切 読んでいる 見方 言って 雑誌 農民 読める 一人 活動 政治的 三郎 時々 心理 ないでしょうか 顕著 納得 積極的 習慣 伝説 責任 挙げる 何度 形式 個人的 ページ ているのである 勝手 東洋 伝来 結論 前者 持ってい 通常 出てくる 関与 啓蒙 調べて 選挙 必要 言った 言えば 俳句 次世界 限界 機関 始まっ 観点 翻訳 健全 単純 大きい 以下 発達 二十 ちくま文庫 受ける 将来 講談社選書メチエ 逆説 手記 地球 進んで 角川文庫 自然 次のよう 最後 伊藤 基本的 大阪 台頭 次第 重視 生きている 化する 強調 帰宅 細君 人たち 呼ばれ 全訳注 国王 重ねて 正統 対比 生まれ 第六 特別 存在して はないでしょう 語って 国会 見えない だと思います 書かれて 市場 記憶 地域 現実的 読んでみ 含まれ 保守 述べて
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.031 0.152 0.541 0.022 0.507 0.184
    やや強いやや強い少し弱いやや強い少し弱いやや強い
    total 240263.40000017904

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発