13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    仏陀

    政治 国際 学術 科学 関連語 サロモン 釈尊 仏陀再誕
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ 法を知ることは各人の責任であり、各人の努力にかかっているからであった

  • ○■ 正しさの尺度は�

  • ○■ 教祖に憑いているこうした悪霊は、年期の入ったものが多い

  • ○■ 悟りを祝う喜びの大合唱である

  • ○■ 心の重荷も無くなり、朝の空気は冷んやりとして澄んでいる感じだった

  • ○■ 心と心の触れ合いは、一切の虚飾を捨て去った共感しかないのである

  • ○■ 彼等は仏陀の一段を見ると前後に分かれて応急に向かって案内するのだった

  • ○■ 弟子達はもう寝静まっている

  • ○■ 少なくとも自分はマーハーバラモンと呼ばれ知識も修行も群を抜いている、と自認し世間もそれを認めていた

  • ○■ 太陽を見つめていると、嘗て自分が、この太陽の下で長い年月を送った事が走馬灯のように思い出され、懐かしさと廻航との入り混じった感情がゴーダマの五体を揺さぶり続けた

  • ○■ 大男は、一。仏陀の言い措くに本部に相談に行ったが返事は前と変わらなかった

  • ○■ 八正道を忘れ、男に対して闘争の心を燃やし始めていたのである

  • ○■ 例えば入門者が来ても、一ヶ月は入門を許さないことにする

  • ○■ 人は誰しも生まれ来たったときは、丸く純な穢れない心を持っていた

  • ○■ 人の心は、こうした規範を尺度として、毎日の生活行為の中で正しく修正されていく

  • ○■ ヤサの肉体はガンガーの川に吸い込まれ、果てしなく流れる水と化している

  • ○■ ブッダバーでビア&卓球! ダズは卓球にはまってます

  • ○■ パラナッシーは商工業の中心地であると同時にバラモン衆の多いところであった

  • ○■ チュンダカはシュットダーナーの命令よりも、今のゴーダマの険しい形相に圧され、タングワという馬を牽き、西の門を開けてくれた

  • ○■ コースタニア達が朝の遊行に出掛けた時のことであった

  • ○■ カピラに居た当時、芸子から借りてよく引いた事のある、竪琴の歌である

  • ○■ つまり、仏陀とその法を信じ、仏陀の弟子として恥ずかしくない行為を続けていくことを誓うのである

  • ○■ それだけに人によってはそれをよいことにして、仏陀の帰依者らしからぬ人が出て来ないとも限らなかった

  • ○■ その涅槃経の入門書とも言うべき、この本を手にすることが出来て嬉しいことです

  • ○■ そなた達はまだ私の教えについて十分理解していないはずである

  • ○■ すると道行く修行者が足を止め、その人数も日増しに増えていった

  • ○■ しかしこの頃には修行の間で仏陀の偉大さがあまねく伝わり、一度その法を聞きたいとする気根ができていたため、ヤサの説法を素直に受け入れる人が多くいたのである

  • ○■ この青年達の話題はパラナッシーの修行者達の耳にも入り、自我の強いこれら修行者は仏陀の昇。力に恐れをなした

  • ○■ あらゆる因果の法則を中道によって改め、一切の執着心が拘りを作り出し、苦しみを生み出していることを悟ったのである

  • ○■ あと、友人からほぼ反則レベルwな差し入れ貰いました

  • ○■ 「そなた達はあちらに降りなさい

  • ○■ 「いろいろとお騒がせしました」 村の週はそう言うと、川下の方に去って行った

  • ○■ 人間自身が神理を知ってあの世へ行くならよいが、他力本願という永い歴史の中で地獄界に落ちた人々の霊が、心というものが、不在で一生懸命に拝んでいるような人達にパアッと憑依する

  • ○■ 人間は神の子である

  • ○■ にほんブログ村 にほんブログ村 このブログは、にほんブログ村に参加しています

  • ○■ 1.村上は、隠喩の世界的名手である

  • ○■ 道元禅師も、龍樹菩薩の言葉を引用しながら、除我慢こそが仏性を見得することだと指摘しています

  • ○■ 文証,理証,現証です文証とは仏法のあらゆる文献を比較研究して仏陀の最高な教えは法華経であることは現在証明済みです

  • ○■ 仏陀は6人のアラハンとこれからの昇。活動について相談するのであった

  • ○■ キリストや仏陀とて個人には何ももたらさないと知りつつ 己を罪人と考えるシリアスな幻想

  • ○■ また法華経にしか女人成仏は解かれていません

  • ○■ しかし、男の子が生まれたというのでカピラは一族を挙げてこれを祝った

  • ○■ しかし、その結婚は「正常なる結婚」を営むことができず、「異常なる結婚」になってしまうのだ

  • ○■ この世の形あるもの全てに実体というものはない

  • ○■ 第一章、蛇の章、6、破滅について

  • ○■ タグ: 秋篠寺 大元帥明王像

  • ○■ カピラ時代に、商人クシャトリアから話に聞いていたがミガダヤの地を踏むのは、仏陀は今日が初めてだった

  • ○■ しかし、人間の意識・心・魂は、物質、非物質に左右されず、永遠にその姿を変えることはない

  • ○■ この美しい宇宙のすべてが

  • ○■ 「事情はよく分かっていますが、そこを何とかお願いできますまいか」 仏陀は身を低くして頼むのであった

  • 法華経 仏法 信仰 インド 人々 民衆 問題 涅槃 神仏 思想 最後 人生 自身 対する 生活 功徳 文化 成仏 ゴーダマ 対象 晩年 叱咤 共生 諸天善 モチーフ 自分 宇宙 天才 題目 落ちこぼれ 釈迦 肉体 理論 出家 一人 関係 説法 日蓮 首相 文献 宗教 行ずれば 人間 気持 過去 嫉妬 以外 知盛怛彌 判別 中傷 考える 描かれ 利益 本来 年御述作の諌暁八幡抄の大意をみておきたい 人格 示され 意識 世界 嘘つき 行為 欠如 昨日 ここで年御述作の諌暁八幡抄の大意をみておき 広まっ 綴られ 生き生きと 諌暁八幡の大精神 理解 法華経を説くの如く行ずれば必ず諸天が厳護する 基づく八幡大菩薩への諌暁は神と仏が猥雑に混交 から法華経を説くの如く行ずれば必ず諸天が厳護 普遍 解脱 仕事 法華経の正義に基づく八幡大菩薩への諌暁 天も堕地獄とする大聖人独自の諸天観が諸御抄 感謝 正義に基づく八幡大菩薩への諌暁は神と仏が猥雑 女人成仏 いかなる天も堕地獄とする大聖人独自の諸天観諸 こうしたお立場から法華経を説くの如く行ずれば必ず諸天 多彩 諸天も堕地獄とする大聖人独自の諸天観が諸御 混交した日本の宗教文化そのものに対する大聖人の痛烈な弾呵 受け入れられ 態度アンドレ・マルローの反回想録と分析した釈尊観 ばいかなる諸天も堕地獄とする大聖人独自の諸天観 また法華経 諌暁は神と仏が猥雑に混交した日本の宗教文化 神仏が法華経という普遍のステージの上に共生するいわば文明論的 反回想録と分析した釈尊観にも通底するといえよ 地獄とする大聖人独自の諸天観が諸御抄で示され ければいかなる諸天も堕地獄とする大聖人独自の諸天 マルローの反回想録と分析した釈尊観にも通底 菩薩への諌暁は神と仏が猥雑に混交した日本 大菩薩への諌暁は神と仏が猥雑に混交した 生きて 言って インドのネルー首相がそもそも仏陀の天才は神々に対して真っ向から 諸天を叱咤して突き動かす人間の一念がどれ程大切 向きあった告訴者の態度アンドレ・マルローの反回想録 ルー首相がそもそも仏陀の天才は神々に対して真っからこれと向 論的 守らなければいかなる諸天も堕地獄とする大聖人独自 それぞれの神仏が法華経という普遍のステージの上に共生するいわば文明 そもそも仏陀の天才は神々に対して真っ向からこれと向きあった告訴者 告訴者の態度アンドレ・マルローの反回想録と分析 なければいかなる天も堕地獄とする大聖人独自諸 場所 法華経という普遍のステージの上に共生するいわば文明論的なモチーフ 回想録と分析した釈尊観にも通底するといえよう アンドレ・マルローの反回想録と分析した釈尊観にも 普遍のステージの上に共生するいわば文明論的なモチーフコスモロジー 中国 暁は神と仏が猥雑に混交した日本の宗教文化そのもの 聖人の仏法がいかにスケールの大きな世界宗教であるかが実感できよ ネルー首相がそもそも仏陀の天才は神々に対して真っ向からこれと 以上 猥雑に混交した日本の宗教文化そのものに対する大聖人の痛烈 ローの反回想録と分析した釈尊観にも通底する 描かれて する大聖人独自の諸天観が諸御抄で示されている 天を叱咤して突き動かす人間の一念がどれ程大切である 嘆いて とする大聖人独自の諸天観が諸御抄で示されて 仏が猥雑に混交した日本の宗教文化そのものに対する大聖人 日本の宗教文化そのものに対する大聖人の痛烈な弾呵であった 対して真っ向からこれと向きあった告訴者の態度アンドレ・マルロー イエス これと向きあった告訴者の態度アンドレ・マルローの反回想 これを守らなければいかなる諸天も堕地獄とする大聖人 あらゆる宗教 首相がそもそも仏陀の天才は神々に対して真っ向からこれと向きあっ 々に対して真っ向からこれと向きあった告訴者の態度アンドレ・マル 仏が猥雑に混交した日本宗教文化そのものに対する大聖人の 他人 へ諌暁は神と仏が猥雑に混交した日本の 事実 神と仏が猥雑に混交した日本の宗教文化そのものに対する 仏陀天才は神々に対して真っ向からこれと向きあった告訴者の 宗教文化そのものに対する大聖人の痛烈な弾呵であったとも 文証理証現証です 神々に対して真っ向からこれと向きあった告訴者の態度アンドレ・ ステージの上に共生するいわば文明論的なモチーフコスモロジーといっ 国家権力 これはインドのネルー首相がそもそも仏陀の天才は神々に対して 突き動かす人間の一念がどれ程大切であるかが綴られて いわば文明論的なモチーフコスモロジーといってもよいが生き生きと 叱咤して突き動かす人間の一念がどれ程大切であるかが 高級 分析 輪廻 徳を積んだ裕福な婆蘿門が晩年になっても子どもが 者の態度アンドレ・マルローの反回想録と分析した 慈悲 真っ向からこれと向きあった告訴者態度アンドレ・マルローの 仏法がいかにスケールの大きな世界宗教であるかが実感できよう 宗教である 簡単 共生するいわば文明論的なモチーフコスモロジーといってもよい 対する大聖人の痛烈な弾呵であったとも拝される がそもそも仏陀の天才は神々に対して真っ向からこれと向きあった 生き生きと描かれている訳で大聖人の仏法がいかにスケール 天才は神々に対して真っ向からこれと向きあった告訴者の態度 上に共生するいわば文明論的なモチーフコスモロジーといっても 華厳 態度 大聖人の仏法がいかにスケールの大きな世界宗教であるかが実感 裕福な婆蘿門が晩年になっても子どもができず嘆いて 積んだ裕福な婆蘿門が晩年になっても子どもができず 周囲 言われ 訳で大聖人の仏法がいかにスケールの大きな世界宗教である 分から 対象を切って捨てるのではなくそれぞれの神仏が法華経という普遍 原因 はなくそれぞれの神仏が法華経という普遍のステージの上に共生する 切って捨てるのではなくそれぞれの神仏が法華経という普遍のステージ ではなくそれぞれの神仏が法華経という普遍のステージの上に共生 子供 いる訳大聖人の仏法がいかにスケールの大きな世界宗教で 次のよう 日本にあって八幡大菩薩農耕の神として広く受け入れられて ている訳で大聖人の仏法がいかにスケールの大きな世界宗教 同抄では諸天善神たちの次のような対話 立場から 論的なモチーフコスモロジーといってもよいが生き生きと描かれ あって八幡大菩薩農耕の神として広く受け入れられてきた にあって八幡大菩薩農耕の神として広く受け入れられてき 信仰の対象を切って捨てるのではなくそれぞれの神仏が法華経 動かす人間の一念がどれ程大切であるかが綴られている 未来 するいわば文明論的なモチーフコスモロジーといってもよいが 状態 描かれている訳で大聖人の仏法がいかにスケールの大きな どの神にもそれを信奉する氏族・民族がある 切って捨てるではなくそれぞれの神仏が法華経という普遍の 捨てるではなくそれぞれの神仏が法華経という普遍のステージの 描かれている訳で大聖人仏法がいかにスケールの 相手 理由 正法 解かれ 多彩な信仰の対象を切って捨てるのではなくそれぞれの神仏 婆蘿門が晩年になっても子どもができず嘆いていた 民衆の多種多彩な信仰の対象を切って捨てるのではなく れている訳で大聖人の仏法がいかにスケールの大きな世界 諸天善神たちの次のような対話が綴られている もよいが生き生きと描かれている訳で大聖人の仏法 よい生き生きと描かれている訳で大聖人の仏法が 神として では諸天善神たちの次のような対話が綴られ 見える 的なモチーフコスモロジーといってもよいが生き生きと描かれて 人間の一念がどれ程大切であるかが綴られているから モチーフコスモロジーといってもよいが生き生きと描かれている 以前 多種多彩な信仰の対象を切って捨てるのではなくそれぞれの 偉大 中心 一念がどれ程大切であるかが綴られているからだ 理論的 ステージ 出来 人格的 変わっ 知識 修行 いってもよいが生き生きと描かれている訳で大聖人 環境 日蓮仏法は創価学会員にだけ血脈があります 絶対的 牧口初代会長は獄死しています サロモン 人間がいる 一緒 教えは 般若浄土華厳涅槃には皆無です 幸福 皆無 一番大切 理証とは宗教思想が理論的でかつ理屈の筋道がただし 中道 民衆を救う宗教 広まった バラモン コースタニア カピラ 美しい 神にも 途中 威張る疑い嫉妬嘘つき人間性人格的集団欲欠如 また法華経にしか女人成仏は解かれていません 世紀 境地 例えば 題目と折伏で絶対的幸福になります 感情 日蓮仏法創価学会はすべての弱い人々を助けました 仏法のあらゆる文献を比較研究して仏陀の最高な教えは法華経 疑い嫉妬嘘つき人間性人格的集団欲欠如等 自体 当然 といってもよい 日蓮仏法ではあらゆる宗教思想の高級か低級を判別すること 基準 証とは宗教思想が理論的でかつ理屈の筋道がただしこと 学会員誹謗中傷の嘘を知りたい人今より幸福に成りたい 知って キリスト 向かっ 人間性 出来ない 学会員誹謗中傷の嘘を知たい人今より幸福り 貴方も世間の学会員誹謗中傷の嘘を知りたい人今より 文証とは仏法のあらゆる文献を比較研究して仏陀の最高 民衆の迷い悩み事は学会員がすべて相談役になりますよ 欲望 あらゆる文献を比較研究して仏陀の最高な教えは法華経であること 世間の学会員誹謗中傷の嘘を知りたい人今より幸福 三証です 現証は一番大切ですその思想宗教の信仰により人々が幸福 最高 のあらゆる文献を比較研究して仏陀の最高な教えは法華経である 嫉妬嘘つき人間性人格的集団欲欠如等です 員誹謗中傷の嘘を知りたい今より幸福に成りたい人 生まれた 仏教 同様 分かっ 認識 とは宗教思想が理論的でかつ理屈の筋道がただしことです 苦しみ 研究して仏陀の最高な教えは法華経であることは現在証明済 努力 比較研究して仏陀の最高な教えは法華経であることは現在証明 国家権力とも日蓮大聖人と同じように闘いました 感じる 最後の現証は一番大切ですその思想宗教の信仰により人々
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.037 0.174 0.505 0.029 0.466 0.178
    僅かに強いやや弱い強い僅かに強い強い強い
    total 605371.9000008515

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発