13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    業況判断指数

    ビジネス 経済 関連語 日経平均 FOMC 日銀短観 信頼感指数 消費者物価指数 経済観測調査 大企業製造業 景気回復
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 業況判断指数

  • ○■ 景気が回復する目途は、彼により余計に不透明になりました

  • ○■ 大企業非製造業・業況判断diは、プラス8(予想プラス7)となり、 前回調査から3ポイント改善しました

  • ○■ 中小製造業・業況判断diはマイナス12となり、前回調査から2ポイントの悪化です

  • ○■ まず、いつもの 日経新聞のサイト から関連する記事を引用すると以下の通りです

  • ○■ 日銀短観が発表されました

  • ○■ 本日、日銀から9月調査の 短観 が発表されました

  • ○■ 業種別では、大企業製造業の16業種のうち10業種で改善、2業種が横ばいだった

  • ○■ 株1010万株 450万株の売り越し 6月5日1670万株1310万株

  • ○■ 万株770万株110万株の買い越し 6月12日1790万株1440万株

  • ○■ 株1250万株200万株の買い越し 6月4日1460万株1010万株

  • ○■ 増加がサプライズの不確定要因) 23:00米5月製造業受注指数 (5月の耐久財受注は底堅

  • ○■ 総務省は8月の完全失業率は過去最悪の前月から0・2ポイント回復し5・5%と 発表し

  • ○■ 今朝の日銀短観では、大企業・製造業の業況判断指数は、 マイナス24ポイントと

  • ○■ 善が予想されている 大企業非製造業・業況判断diはマイナス24となり、前回調査から5ポイント改善

  • ○■ 善が進む可能性が高いと私は受け止めています ついでながら、白川総裁

  • ○■ ーロの利益確定売りを助長) 23:00米9月消費者信頼感指数 (伸び悩みの場合はリスク

  • ○■ での高止まりが円安リスク) 21:30米9月雇用統計 (改善の場合は素直にドル高、

  • ○■ 認されると株安・円高要因) 18:00ユーロ圏6月消費者信頼感、業況判断指数 (ユーロ安効

  • ○■ は、 大企業製造業・業況判断指数(di)はマイナス33となり、前回6月調査から15ポイント改善

  • ○■ (内容そのもの) 業況判断指数(di)は大企業製造業でマイナス48と予想は下回りましたが、3月の

  • ○■ ス24ポイントと前回9月調査から9ポイント改善したという だが、まだマイナスな

  • ○■ 22:30米1月耐久財受注 (ism製造業景況指数で「新規受注」は04年1月以来の

  • ○■ 点) 時間未定 独9月消費者物価指数[速報](資源高などで上振れなら、追。緩和策の思惑が後

  • ○■ のテクニカルでは、25日移動平均線や200日線などとの大幅な下方乖離が進んでおり、こうした節目

  • ○■ が下支え要因)<2日・金> 21:30米6月雇用統計 (低迷リスクが高まる前月

  • ○■ の改善にとどまる 10年度の設備投資計画は大企業の製造業が前年度比3.8%増、非製造業が4

  • ○■ 銭※昨年来とは2011年大発会から本日までのことです

  • ○■ 感の底入れを示した大企業非製造業の業況判断diは前回比7ポイント改善のマイナス14となった4

  • ○■ 動向です2010年度は大企業製造業の事業計画の前提になっている為替レートは91円ちょうどとなっていま

  • ○■ その中最も注目されるのが大企業製造業の業況判断指数(id)ですが、これは:良いから悪いを差

  • ○■ されましたヘッドラインとなる大企業製造業の業況判断diは前回3月調査から15ポイント改善して+1と

  • ○■ 業況判断指数(di)が大企業製造業でプラス8となり、6四半期連続で改善した企業のほうは足元好調とい

  • ○■ プラス8と、6月の前回調査から7ポイント改善した改善は6期連続ただ改善

  • ○■ 9月住宅証券融資残高、 住宅ローン 承認件数 (英国の住宅指標は改善ただし、現状はポンドの

  • ○■ 71で終了しています上海はもみ合い、香港は香港特別行政区成立記念日振替休日で休場です2012年

  • ○■ 800万株1550万株750万株の買い越し 3月7日1210万株1490

  • ○■ 740万株1350万株610万株の買い越し 6月8日1040万株1030万株

  • ○■ が続きそうだ 経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間予定・未定を含む)

  • ○■ 度合い焦点)<29日・木> 09:30豪9月民間部門信用 (底堅い信用関連の指標が

  • ○■ 6月消費者信頼感指数 (ミシガン 大学 消費者信頼感指数は小幅な上振れガソリン下落などが下支え

  • ○■ 本格移行と、日本の経済ファンダメンタルズとの見合いでの円高の限度(臨界点)を試しに行く展開

  • ○■ ムードの出ていた対個人サービスや宿泊・飲食サービスのほか、小売りも回復した中小企業製造業も10

  • ○■ 1日は米国で6月のサプライマネジメント協会(ism)製造業景況感指数など重要な経済指標が発表されるため、

  • ○■ 季節的に上昇しやすい実績も) 23:00米3月新築住宅販売件数 (暖冬による需要先食いの

  • ○■ 1日に発表した6月の製造業購買担当者景気指数(pmi)は前月比0.2ポイント低下の50.2だった2

  • ○■ の中で大企業の通信業界の業況判断指数(di)が40と前回比で5ポイント改善したのが目を引

  • ○■ 15:261日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に5日続落した大引けは前日比191円

  • ○■ 日銀は2日、3月の企業短期経済観測調査(短観)を発表する円高の一服や欧州債務危機

  • ○■ 業短期経済観測調査(短観)によると、 大企業製造業・業況判断指数(di)はマイナス33となり、 前回6月調査から15ポイント

  • 短観 製造業 経済 発表 景気 マイナス 大企業 調査 先行 企業短期経済観測調査 上昇 生産 プラス 回復 連続 悪化 日本 日銀 自動車 影響 経常 平均 結果 前月 相場 大幅 景況 可能 非製造業 判断指数di 改善 企業短期経済観測調査短観 増加 後退 収益 製造業の業況判断 以来 材料 国内 失業 注目 不安 企業の景況 良いと 緩和 円高 海外 取引 修正 想定 規模 反映 日経新聞 緩やか 景況指数 個人 終値 売上高 企業の景況感を示す業況判断指数 期待 日経平均 産業 大企業製造 割合から 消費者信頼 株式 受注 拡大 日本銀行 鉱工業生産 要因 根強 上方 強まっ 高水準 サービス 購買 総裁 前回調査 価格 日銀短観 銀行 景気回復 東京 推移 一服 消費者物価指数 前月比 状況 製造業景況指数 感指数 大企業製造業の業況判断 調整 大企業非製造業 ユーロ 改善した ism製造 未定 新規失業保険 本日 歯止 見通 から悪いと 可能性 失業率 急減 年初来 サプライ 展開 局面 テクニカル 中古住宅 完全 引用 リーマン 新興 終了 高値 ローン 先物 堅調 底堅 小売売上高 追加 委員 消費者信頼感指数 前年比 重要 全面 業種別 一定 圧力 過熱 以下 信用 雇用 広がっ 背景 adp雇用 米国 中堅 前年度 波及 割合から悪いと答えた割合 ism製造業景況 残高 企業の割合から 場合 月連続 大企業・製造 払拭 発言 ケース 月先 焦点 全産業 見込んで 耐久財 発表した 円相場 民主党 月日 悪材料 バーナンキ ファンダメンタルズ 出尽くし 設備 承認 上回 割合を引いた 当面 過剰 銘柄 リスク 始まっ 日足 確報 件数 ケースシラー住宅価格指数 大きい 短期的 日銀短観が発表 スタート ポイント改善 月の企業短期経済観測調査 対応 前提 新規受注 発表する 想定為替 住宅ローン 新築住宅 業況判断diは景況感 過度 確認 連銀総裁 長期 明確 宿泊 中心 株式市場 労働 会見 資源高 月消費者信頼 復興 要素 金融政策決定会合 続いて 内容 日発表 良と答えた企業の割合からい 改善幅 者数 追加緩和 為替相場 姿勢 ミシガン大学消費者信頼感指数 維持 示して 生産速報 クロス円 政権 中央 外国 英中 判断指数di 製造業の業況判断指数 中銀 11 前場 発表された 反応 購買担当者 スパン 下回 製造業・非製造 鉱工業新規受注 ヘッドラインとなる大企業製造業の業況判断di 全国企業短期経済観測調査 総裁講演 景気後退期 景況感を示す業況判断指数di 思います 年度の設備投資 直近 後半 割合から悪いと答えた割合を引いた 設備と雇用 日本時間 予定・未定 発表されました 企業短期経済観測調査短観によると 神経質 雇用者数 貿易 時間 外貨安 月消費者信頼感指数 議長 過熱調整 日銀が発表 前期 下振れの pmi リスク回避 サイト 女性 ism 有効求人 食料 以外 始めた 月以来 米国では 改善して 住宅ローン承認 高など 縮小 首脳会議 別では 200 飲食 世界 加速 紹介 関係 数値 日経平均先物 中古住宅販売成約 消えていない 需要 新築住宅販売件数 前回調査から 為替市場 製造業購買担当 世界景気 業種別では 非農業部門 日経新聞のサイトから
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.016 0.093 0.637 0.007 0.622 0.183
    やや強い非常に強い非常に弱い比較的強い非常に弱いやや強い
    total 53293.59999999394

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発