13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    自然数

    学術 科学 関連語 代数学 フェルマー オイラー 集合論
    0 .
  • ○■ 自然数

  • ○■ 任意に自然数nを固定するとき、 下記条件を満たすn次の整数係数多項式pは存在するか

  • ○■ フラクタル図形が私たちに与える、不思議な印象は何なのでしょう

  • ○■ フランスの数学者アンリ・ポアンカレ(1854~1912)は、その著「科学と仮説」で「自然数のおしまい」が私たちの眼前に出現しない理由を「一つの作用が一度可能だと認められさえすれば、その作用を際限なく繰り返して考えることができると信じる理知の能力を私たちが肯定するところにある」と語っていますが、その「肯定」は私たちの自己意識の繰り返される再帰性の肯定に他なりません

  • ○■ そして、先ほどの生徒と先生の話ですが、先生は生徒に対して《「常識が正しい、しかし「常識的「意図」概念が間違っているため、常識は自分の正しさを説明できない》と教えることができます

  • ○■ 「1×1=1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算) 集合論における自然数の表記と計算

  • ○■   私のようなものでも、この程度なら「公式を思い出す」という意識すらなく計算することができます

  • ○■ 。。 } } ∪ { { 。。 , { 。。 } } } = { 。。

  • ○■ 1」はなぜか?~ペアノの自然数論2(掛け算) 集合論における自然数

  • ○■ グ1/10 集合論における自然数の表記と計算 数学1/9 女性モデルのぽっちゃり

  • ○■ 盾」こそ、無限を無限たらしめているもっとも根本的性質なのだと思いますこの「矛盾」を解消す

  • ○■ たちの自己意識の繰り返される再帰性の肯定に他なりません私たちはなぜその概念を「

  • ○■ するペアノの公理~論文『数の概念について』に即して 数学1/22

  • ○■ 有限」に対する「無限」の概念もそうなのだと思いますこれが「以下、同様に・

  • ○■ 性質なのだと思いますこの「矛盾」を解消する仕組みに人間精神の謎を解く鍵があるのではないでしょうか 【参考】 ・柴田正

  • ○■ てきますどの部分をとっても、部分でありながら全体を含んでいるという逆説 無限への自己運動を

  • ○■ 肯定」できるのでしょうなぜ、繰り返すことができると信じずにいられないのでしょうか 「有限」の対の「

  • ○■ 両項は分離不可能であるのに、私たちの思考様式がその一方によって他方を排除してしまうのですこれが言葉のうちに内包さ

  • ○■ 、排他的なこれら両項は、同時にお互い相手から切り離せないものでもありますそれぞれ一方だけしか考え

  • ○■ 言葉を通して意味づけし、人間だけが世界を二重に分節して生きています 私たちは言葉によって

  • ○■ 一方だけしか考えないのなら、どちらも不十分な概念ですそして、ここにも大きな

  • ○■ されていなければならない本質、そのほんとうの構造といってもよいでしょう正確に表現しようとすれば

  • ○■ (かんぜんすう)とは、その数自身を除く約数の和が、その数自身と等しい自然数のことです例えば 6 (=1

  • ○■ 可能だと認められさえすれば、その作用を際限なく繰り返して考えることができると信じる理知の能力を私たちが肯定するところにある」と語っていますが、その「肯定」は私たちの自己意識の繰

  • ○■ って無限を考えてゆくとき、そこにどうしても避けることのできない「矛盾」を抱え込むことになります実はこの「矛盾」こそ

  • ○■ 己言及性、再帰性」であり、これは「おしまいのない」自然数という概念を生み出します 繰り返し考える

  • ○■ 不十分な概念ですそして、ここにも大きな矛盾が現れるのですそれぞれの両項は分離不可能

  • ○■ への自己運動を内在させ、いつまでも自分自身を生成し続ける生命体私たちは、有限の公理

  • ○■ 「過去」と「未来」、「背後のあそこ」と「前方のあそこ」、つまり来し方と行く末を差異化・差延化します人間は言葉によって「今

  • ○■ 「眼に見える空間」、「無限定の空間」と「限定された空間」、そして「生」と「死」、この二つの姿を

  • ○■ れ、「約束する動物」、「嘘をつく動物」となりました「有限」に対する「

  • ○■ 」の対の「無限」動物のなかで人間だけが、いわゆる五感に代表される自然の道具に加え、シンボル化する能力である言葉を持っています人間は世界を言葉を通

  • ○■ 辺で☆彡 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ cf. 「1+1

  • ○■ 概念を生み出しますフランスの数学者アンリ・ポアンカレ(1854~1912)は、その著「科学と

  • ○■ 風景でさえみえないのですフラクタル図形が私たちに与える、不思議な印象は何なのでしょうフラクタルの集合を見て

  • ○■ ある」と語っています「その次を考える」という考えが、私たちの意識に起こるのならば、その考えは私の意識を反映しているはずですその特徴は、「自己言及

  • ○■ そのうち、『新版現代論理学』(東海大学出版会)に簡単な説明がある のを発見したものの、

  • ○■ ・・・・ cf. 「1+1=2」はなぜか?~ペアノの自然数論(足し算) 「1×1=1

  • ○■ 現代新書、2001.12.20 ・河田直樹、世界を解く数学、河出書房新社、1999.05.25 ・岩田慶治、カミと神アニミズム宇宙の

  • 整数 約数 場合 数式 以下 集合 証明 公理 自身 素数 完全 部分 本質 世界 与える ポアンカ 仮説 人間 内容 言葉 肯定 普通 任意 無限 論文 分数 数学者 根本的 最終 成立 数学的 内包 存在する 世紀 ペアノ 図形 命題 難問 能力 収束 公式 非常 発見 という概念 記事 排除 表記 実際 面白 作用 相手 教える 現在 不可能 特定 理解でき 我々 科学 空間 基本的 現代 最後 書かれ 代わり 対する モデル 以降 挑戦 同時 今回 日本人 一度 意識 パソコン 自分 代表 過去 思って 対応 考える 分から 論的 考えれば 簡単 結局 勉強 与えられ 復習 テレビ 求めなさい 気がする する能力 思考 証明され 愛した 二つの 思ってい ない自然 含んでいる 考えが 実はこの 全体 自分自身 私たち 見えない 存在しない できるのでしょう ない理由 考えることが 意味では 持って ・・・・・・・・・・ 言っても ことになります
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.149 0.496 0.027 0.463 0.220
    やや強いやや強い強いやや強い強い少し弱い
    total 34389.40000000291

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発