13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    ゴダール

    音楽 関連語 トリュフ トリュフォー ヒッチコック 勝手にしやがれ エリック・ロメール
    0 . 1 .
  • ○■ ちなみにこのブログのタイトルは菊地さんの自称です

  • ○■ そういうわけで、何も言ってないのに「好きでしょ?」と薦められるのが、大概ゴダールとか、トリュフォーとかの古いフランス映画で

  • ○■ この映画は上質な恋愛映画で『も』あるわけですよ

  • ○■ ローリング・ストーンズのライブを収録した、新しい、映画を見た

  • ○■ この映画に出てくるデイヴィッドの仲間たち、徒党三人組を見ていると、ふと、ゴダールが64年に発表した「はなればなれに」を思い出す

  • ○■ 【 top 】【 レビュー 】【 twitter 】

  • ○■ 「地下水道」は、ポーランドのアンジェイ・ワイダ監督の1957年の映画で、この次が「灰とダイヤモンド」(1958)

  • ○■ だけど、この映画を引き継いだ監督は一人もいないよね

  • ○■ ゴダールは、そんなことも、透かしちゃう

  • ○■ 「ピンク アドベ の リュック」のページです

  • ○■ ます(予価5ユーロ)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*この記事がなかなかよ

  • ○■ ゴダール

  • ○■ 映画の中で語られる物語と、語られないが確実にそこにある、そこにあった物語

  • ○■ 地方の映画館で上映されるのは、いわゆる全国ロードショーのアメリカ映画が主体

  • ○■ ヌーベルバーグではじまり、最後は映画の始源に戻っていった

  • ○■ ゴダール=破壊的・前衛的、トリュフォー=伝統継承的かつ前衛的、シャブロル=伝統継承的かつ家族的、という違いがあります

  • ○■ というか、映画自体が感傷的なんだけど

  • ○■ たぶん盗んだ車がギャングのものだったのでしょうね

  • ○■ この映画をボクが賞賛するのも、その演出といいますか、まあシナリオになるのかな、形式的な部分、テクニカルな面がじつに優れているからです

  • ○■ 本とdvdをamazonで探してみる! 縄なんかを使ってセックスする荒々しさの一方で、いつもリュックに猫の餌を 入れていたり

  • ○■ 1964年の作品で、同じ年の「はなればなれ」に次ぐ作品で、この翌年に「アルファヴィル」と「気狂いピエロ」を発表

  • ○■ 映画には、なんでもブチコムべきだ

  • ○■ 今年は60年代のゴダールを中心に見ていこうというマニフェストをしておきながら、一年の3分の1が過ぎようというのに、まだ軌道に乗らないのは例年のごとし

  • ○■ タグ: 映画監督エッセイ詩歌

  • ○■ これは一種の危機であります

  • ○■ 「恋のおベンキョ出来てます?」

  • ○■ date:09 12/28 19:13 コスモス 紫のパンジー すずらんが咲いてました そして、ようやく鍵が釣れました 早速ハムカツにお届け

  • ○■ イーストウッドも「盛ん」だし、誰も面と向かって言えないけれど宮崎駿さんもかなり・・・) 『クレールの膝』のフェティシズムは犯罪スレスレのところでしたし、遺作となった『我が至上の愛〜アストレとセラドン〜』は、70年代初頭のアメリカポルノ映画が題材にしたら傑作が誕生しそうな「純愛」物語でした

  • ○■ この映画を見ると、アブサンを飲みたくなります

  • ○■ 5月8日(土)池袋文芸坐オールナイト セブンチャンス4点 海底王キートン4点 ローマで起こった奇妙な出来事4点 ナック4点 三銃士3点

  • ○■ サミュエル・フラーはゴダールが敬愛する監督で、「気狂いピエロ」にもゲスト出演していますが、逆に「殺人地帯usa」のラストはゴダールの「勝手にしやがれ」を思い起こさせます

  • ○■ をちゃんと見ることにします今年は60年代のゴダールを楽しむはずだったのに、なんか気が重いぞなもし

  • ○■ リーされている同部門にはジャン=リュック・ゴダールや、102歳になるマノエル・ド・オリヴェイラの新作も

  • ○■ ダールのフィルモグラフィでは「女と男のいる舗道」のあとになっていますが、ここでは制作順にしています

  • ○■ 66) 日本盤dvd彼女について私が知っている二三の事柄 (1967) 日本盤dvd 中

  • ○■ か 「地下水道」は、ポーランドのアンジェイ・ワイダ監督の1957年の映画で、この次が「灰

  • ○■ 思っていたよりは低いビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」よりは上だけど、イーリング

  • ○■ )(デジタル録画)ジャン=リュック・ゴダール監督の映画タイトルは、『 one

  • ○■ 村田信夫・遠山純生編集『ジャン=リュック・ゴダール 増補改訂新版』( e/m ブックス 2

  • ○■ ンボーの詩もいいですねゴダールの「気狂いピエロ」のラストシーンいいですねえ~素敵です

  • ○■ 100円になっていたので、ゴダールの『勝手にしやがれ』を借りて、 imac で見ましたこの

  • ○■ おくったそうだ ゴダールはアストリュックの「女の一生」を評し、「大部分の映画は、ファインダーを

  • ○■ 殺人地帯usa」のラストはゴダールの「勝手にしやがれ」を思い起こさせます「勝手にしやがれ」のア

  • ○■ とdvdをamazonで探してみる! 縄なんかを使ってセックスする荒々しさの一方で

  • ○■ の記事がなかなかよかった!と思ったら、 人気ブログ【レトロスペクティヴ部門】今年の特集は、“play it again…!”と題した特集で、ベルリン国際映画祭60周年を記念して、過去にベルリン国際

  • ○■ 1 「ミルク」の主演で、「ミスティック・リバー」以来2度目となる米アカデミー主演男優賞を受賞

  • ○■ k タイを自由に旅行する方法8!バンコクはタ...

  • ○■ ール 『彼女について私が知っている二、三の事柄』 1998.23990円 ・ジャン=

  • ○■ 事】 新年早々 屋久島〜白谷雲水峡コース復路その4〜3日... 過ぎてた…orz

  • ○■ いましたエリック・ロメールは「木と市長と文化会館」を撮った翌年がその年齢さて、折角の機会で

  • 監督 作品 ジャン 映像 日本 上映 シーン 自分 物語 時代 気狂 主人公 製作 記事 出演 古典 この映画 ジャン・ 今日 持って 当時 東京 ドキュメンタリー 勝手にしや 有名 俳優 登場 年代 女優 メール フランス映画 字幕 以上 書いて 後半 現代 対して 生きる 記憶 映画館 美しい シネマ ヌーベルバーグ コメディ ジャン=リュック・ 公開 ロメール ジャック・ 戦争 社会 ミュージック 小説 ビデオ 読んで amazon 全然 何度 面白かった 以降 本当 トリュフォー 今年 結婚 結局 アンナ・ 担当 短編 自身 出身 良かっ ロベール dvd モンド 思ってい アップ 予定 会話 かもしれません dvd 舞台 原題 リュック・ゴダール 魅力 観客 言葉 向かっ エリック・ロメール 代表 ・リュック・ 若者 仕事 機会 展開 感じる 受賞 監督作品 好きだ 完全 場面 デビュー ・オブ ストーリー ゴダールの映画 参加 素敵 開催 ジャン・リュック・ 自体 美しく ウィリアム 年前 のかもしれない クライテリオン 的には レコード 公開され 文庫 亡くなっ ピエール 配給 リー・ ・ベルモンド 復讐 商品 分から リチャード ・ゴダール監督 一番 誕生 実際 時期 新作 少女 アニエス 出版 クレール 例えば クロード・ ジェイ 言って 場合 メディア 背負 良かった 退屈 二人 気狂いピエロ 計画 結果 ジャンリュック・ 表現 一種 cojp 生涯 強烈 話題 気持 最後 中心 時間 過ごし 知らない 以下 英語字幕 共演 ロンドン 言われ ブログ 小津安 勝手にしやがれ 恐怖 アカデミー フランソワ・ 確認 学校 勉強 絶対 amazoncojp 視覚 購入 一緒 昭和 出演して ベルリン 教育 you スタイル ピアニスト 買った ビートルズ 授業 苦笑 ピンク 模様 カウリスマキ 今回 メーカー スティーヴン・ 成功 注目 傑作 comment 気がし 思います 翻訳 意識 出てい ローマ ・ポール ピーター 近代 主演 始まっ 象徴 経験 利用 見てい 影響 ・シネマ 突然炎のごとく 満足 テキトー 思った 会館 仕方 ウディ・ カイエ・ ・シャオシェン ベルト 気楽 中古 作者 地獄 構造 更新 議論 インタビュー デジタル ニコラス 最新 シャブロル 思い出した 宇宙 度目 思うのです 共通 進行 音楽 満ちて 見ること だと思います 並んで 新宿 紹介 てしまいました 不明 脚本 様々 フランシス・ 本とdvdをamazonで探してみる 作って リュックを背負 男性 観たい 女と男のいる 詳細 分かっ ーたんのハマっこヨーキーうさ 考えて 瞬間 市場 乗って 地元 女性 受けた 舞台にし 残して ショーン 前回 大切 活躍 借りて 演じている 興味 予想 聴いて 楽しかっ 思うのですが 変わっ 描かれて ヤン・ ・エリ 発売され 終わり 奇妙 言うと 見れば 一日 見たこと 終了
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.142 0.536 0.029 0.501 0.231
    やや強いやや強いやや強いやや強いやや弱いやや弱い
    total 117046.99999996735

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発