13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    西山英彦

    ニュース 関連語 原子力発電所 経済産業省 福島第一原発 放射能物質 ベクレル 原子力安全委員会 汚染水 炉心溶融
    0 . 1 .
  • ○■ 西山英彦

  • ○■ 保安院の西山英彦審議官は「圧力容器内の水位が正しいとすれば、燃料の一定部分は溶けて下にたまっている可能性が高い

  • ○■ 保安院によると、原子炉等規制法で処理の手順を定めている高レベルの廃棄物は使用済み核燃料のみ

  • ○■ 普段はセメントに再利用するためセメント企業に搬出しているが、放射性物質が検出されれば、企業も引き取ってくれない

  • ○■ 東電は、建屋が爆発で吹き飛んだ1、3、4号機のプールからウランやmox燃料(棒)を取り出す検討に入ったという

  • ○■ 福島第一原発でメルトダウン(炉心溶融)した原子炉から、高濃度の放射 能汚染水がタービン建屋地下に漏れ続けていた四月一日

  • ○■ 経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は「安全基準を全部見直すのは膨大で、急ぐ必要のあるものから検討している」と話す

  • ○■ に見られるかも知れない============ 国は事故を過小評価」専門家から批判の声も 読売新聞 4月12日(火)20時20分配信福島第一原子力発電所の事故の国による評価は、事故発生直後の「4

  • ○■ 沢田隆・日本原子力学会副会長(原子力安全工学)は「早く水漏れの場所を見つけなければならないが、

  • ○■ 泉 身体に良さそう(ムラマサ、鋭く斬る)

  • ○■ ている」としている 格納容器内にも水はあるため、漏出した可能性のある溶融燃料は冷やされて発熱しておらず、水素爆発の危険性は低いとみている 経済産業省 原子

  • ○■ 福島第一原発の事故で東京電力は9日、高濃度の放射能汚染水を浄化するシステムの処理で発生する

  • ○■ 所の浄水施設の汚泥から放射性セシウムが検出された群馬県、下水環境課の担当者は「国土交通省に5

  • ○■ 、経済産業省の中にある原子力安全・保安院の記者会見に出席またもやキーボードを打ち

  • ○■ 、「トップランナー」(原子力安全・保安院の西山英彦審議官)の1号機の頓挫で、計画は暗礁に乗り

  • ○■ のにも生かせたとみられる保安院の西山英彦審議官は「意図的に隠すつもりはなく、情報を整理して公表

  • ○■ 13 経済産業省原子力安全・保安院は3日、東京電力福島第1原子力発電所が東日本大震災で停止した直

  • ○■ 東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、 核燃料が1000度以上の高温

  • ○■ の西山英彦審議官は18日の記者会見で、1〜3号機の核燃料が「溶融していると思われる」と述べ、内閣府の原子力安全委員会に報告したことを明らかにした

  • ○■ 日までに1号機圧力容器内に計1万トン余りを注水現在も毎時8トンを

  • ○■ 12日午後に、原発敷地内で放射性セシウムが検出されたと発表敷地外の放射性物質は13

  • ○■ 部の溶接部から漏れ さらに格納容器から漏水しているとみている今回の事態を受け

  • ○■ なったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった (中略) 事故発生

  • ○■ 中略) 事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが

  • ○■ チラシの裏★★★★」カテゴリの最新記事 高田純次凄すぎワロタw 古河電、特損152億円

  • ○■ 保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった反省したい」と

  • ○■ と水を満たして冷やす「冠水(水棺)」作業の見直しに着手した冷却作業に遅れが出るの

  • ○■ 受けて広報担当を交代し、7月15日から官房付け 「★★★★★チラ

  • ○■ 県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた事故発生から2か月以

  • ○■ 交際を週刊誌に報じられ、経産省が事実関係を調べていた西山氏は海江田万里経産相(

  • ○■ 望む」と語った一方、経済産業省原子力安全・保安院は記者発表の前に佐藤雄平知事にレベルの引き

  • ○■ 東京電力は12日、福島第1原発1号機で原子炉圧力容器内の水位計を点検、調整した結果

  • ○■ ると報告「炉心損傷」は、焼き固めた燃料(ペレット)を覆う金属の被覆管が壊れているが、燃料体の形は崩れていない状態 ペレットの一部が溶

  • ○■ 数の小さな穴が開き、溶融燃料が格納容器に流出したとみられるという ただ、圧力容器下部

  • ○■ 燃料ペレットの溶融」 、溶けた燃料が下に落ちていくのを「メルトダウン(炉心溶融)」としたその上で、 「ペレッ

  • ○■ ートル 下とみられていたが、水位計を調整して測った結果、5メートル以下と判明 1号機原子炉の燃料が

  • ○■ 県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった経済産業省原子力安全・保

  • ○■ 勤務時間中、複数回にわたり、当時の自室の審議官室で、30代の女性職員とキスや抱擁をするなどした 経産省の調査に対し

  • ○■ は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた原発から約38キロ離

  • ○■ に露出して溶け落ち、圧力容器下部に生じた複数の小さな穴から水とともに格納容器に漏れた可能性があると発表した東電は、この状態を「

  • ○■ とみられるという ただ、圧力容器下部の表面温度は100~120度と比較的低く、東電は「燃料は(水に浸かって)冷却できている」としている 格

  • ○■ の西山氏の説明については、同省は「職員のプライバシーなので答えられない」とした西山氏は6月に女性

  • ○■ げ返済したそうであるまた、原子力安全・保安院の西山英彦元審議官は、原発事故の新工程表を発表した会見

  • ○■ 経済産業省は30日、勤務中に女性職員とキスをするなどの不適切な行為をしたとして、福島第1原発事故で原子力安全・保安院の広報担当を務めた西山英彦・元官房審議官(54)=現在は官房付=を停職1カ月

  • ○■ ると思われる」と述べ、内閣府の原子力安全委員会に報告したことを明らかにした 保安院はこれまで、

  • ○■ 福島1〜3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解(読売新聞) - goo ニュース 201

  • ○■ 見直す必要がある」とし、保安院も「(燃料の)頂部まで水で満たすのは考えにくい」との見方を示した -------

  • ○■ 55%と推定していたが、今回は「溶けて(本来の)燃料棒としての形状を維持できていない」として燃料が完全溶融した可能性を否定していない 東電は、燃料を

  • ○■ があると発表した東電は、この状態を「メルトダウン(炉心溶融)」と認め、格納容器ごと水を満たして冷やす「

  • ○■ 作業に取り組んでいるが、「3千トン以上の水がどこかにいっている」(東電)状況といい、圧力容器下部

  • 英彦審議 原子力安全・保安 福島 経済産業 放射 経済 物質 原子炉 省原子力安全・保安院 保安院の西山英彦審議官 核燃料 発表 会見 水素 経済産業省原子力安全・保安院 読売新聞 問題 産省 放出 海江田 現在 検出され 注水 12 原子力安全・保安院の西山 容器 原子力発電 津波 濃度 原子力安全・保安院の西山英彦審議官 反省 経産省 状態 官房 国民 ベクレル 発生 注入 検出された 指摘 浪江町 作業 ベント 検討 15 第1原発 影響 説明 一方 東京電力福島第 水位 福島第1原発 福島第 対応 原子力発電所 原子力安全委員 廃棄 記者会見 意図 分かっ 発想 タービン 高温 報告 比較的 今後 基準 メルトダウン炉心溶融 完全 東電 損傷 収束 人間 大量 可能性 事故発生 年月 一定 検出されて 外部 以上 健康 地域 本部 高濃度の放射 西山氏 方法 推進 深刻 複数 理由 放出する 行為 飯舘 放射性物質が検出 福島県浪江町 障害 冷却水 直後 場合 報道 調整 濃度汚染水 我々 安定 大熊 漏出 結果 破損 今回 清水 官房審議官 名誉 レベル 予定 原発1号機 放射線 工学 思われる との見解 全国 日本原子力 対して 当時 福島第一原子力発電所 当然 必要 高濃度の放射性 3月12 強調 釈明した 内閣 福島第一 という発想 被覆管 3月下旬 住民 日朝 時期 処分 経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官 低濃度 所属 放射能汚染 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官 万ベクレル 可能性がある ない状態 再開 公表 示した 大気中 放出され 被災 敷地内 1〜3号機 格納容器 検出されてい 関係者 事態 必要がある 3月15 初めて 西山審議 作業員 文科 冠水水棺 上がっ 述べた 循環 明らかにした 予想 冷やす 性質 専門 東電福島第一原発 テルル132 暫定 使用 水位計 非常用 露出 中断 する必要 登場 確認 採取 5メートル 保管 タンク 原子力安全委員会 燃料棒長 第1原発1号機 発想がなかった 民間 満たして 電源 許され 大半 太平洋 プール 核物質 判明 国会 勤務 分析 ポスト 破壊 政府 圧力 崩れて 防ぐため 対策本部 広報担当 停止 検出されていたこと 16 挙げた 言われて 原子炉の冷却 起こし 国家 汚染され エネルギー 語った 必要があると 溶けた燃料 現地 恐れがある セシウムが検出された 発電機 発表した トン以上 実施 冷やされている 使用済 燃料を冷やす 放射能汚染水 格納容器ごと 翌日 保安院の記者会見 発生から 反省したいと釈明した 重要 含まれて 格納容器内 公表した 落ちて 時間 考える プライバシー 東京電力福島第1原発 圧力容器内 への影響 東京電力福島第一 のではないかと 絶対 認めた 枝野 流出 工程 00トン 保安院は炉心の壊れ具合によって3段階に定義されると報告 保安院によると 発熱 漏れて 漏れた 放射線量 半減 今日 終了 話して 教授 最初 日から 日東京電力福島第 経済産業省原子力安全・保安院が3日発表した 放射性セシウムが検出された 福島第原発1 職員 見直す必要がある 一定部分は溶けて 溶融した 起こっ 4メートル 言えば たのは初めて 答えられない 繰り返して 危険性 最悪 していなかった 号機では 述べて データ 許されない 報道され 上がって 日福島 過去
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.022 0.148 0.556 0.011 0.536 0.157
    僅かに強い僅かに強いやや弱い比較的強い弱い極めて強い
    total 42654.800000000316

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発