13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    屋外活動

    ニュース 関連語 放射線 福島市 福島原発 福島第一原発 シーベルト 放射能物質 原子力安全委員会 小佐古敏荘
    0 .
  • ○■ 屋外活動

  • ○■ 千葉県野田市は22日、放射線の被ばく限度を年1ミリシーベルト、毎時0・19マイクロシーベルトとする独自の基準を定め、市内の幼稚園や小中学校などで基準を超えた場合は対策を実施すると発表した

  • ○■ 文科省はこれを基準にしたとうそぶき、年間20ミリシ-ベルト、毎時3.8マイクロシ-ベルトという値を出したが、明らかに国際基準から大きく逸脱した値であるかは、一目瞭然

  • ○■ 原子力安全委員会といえば、「原発は構造上爆発しない」だの「原発における長期間の全電源喪失は、日本では想定外」だのと、散々ホラを吹いてきた前科があり、とうてい信用できない

  • ○■ 会見では特に、小学校などの校庭利用で文部科学省が採用した放射線の年間被曝(ひばく)量20ミリシーベルトという屋外活動制限基準を強く批判

  • ○■ そもそも、4月19日の宮本質問でも、政府の原子力災害対策本部と文部科学省が示した「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方」で示された校庭使用制限の基準である「毎時3.8マイクロシーベルト」という値がとりあげられ、「年間積算被ばく線量20ミリシーベルト」と定め、そこから子どもが一日8時間屋外にいることを前提として「毎時3.8マイクロシーベルト」という基準を定めたというが、icrpの勧告は「1から20」という幅を持っており、しかもこの値は大人も含む「一般公衆」の年間放射線量であることを追及されると、答弁不可能になっている

  • ○■ 文部科学省 は12日、福島第1原発事故の発生後1年間に福島県内の学校などに通う子供が受ける積算放射線量が、最大で10.1ミリ シーベルト になるとの推計値を公表した

  • ○■ * 署名フォーム (最終締切4月30日23時!) ================================

  • ○■ ==================== foe japanが文部科学省の「子どもに

  • ○■ シーベルト近い被ばくは業務従事者でも極めて少ないこの数値を乳児、幼児

  • ○■ 県は「基 準は1日8時間屋外にいることを前提にしているので、非常に安全な基準であるとお答

  • ○■ で記者会見を開き、参与を辞任する意向を表明した小佐古氏は会見に先立っ

  • ○■ 省前で訴え 「 小中学校などの屋外活動を制限する放射線量上限を年間20ミリシーベルト とした国

  • ○■ ================= * 内閣官房参与、抗

  • ○■ する方針を示した福島第1原発の事故を受け、苅田副社長は「まずは原子力の安全対策の徹底で

  • ○■ 屋外活動制限の暫定基準値(毎時3・8マイクロシーベルト)を超える3・9マイクロシーベルト(地面から

  • ○■ 庭使用制限の基準である「毎時3.8マイクロシーベルト」という値がとりあげられ、「年間積算被ばく線量

  • ○■ では特に、小学校などの校庭利用で文部科学省が採用した放射線の年間被曝(ひばく)量20ミリシーベルト

  • ○■ ける放射線量については「年間1ミリシーベルト以下を目指す」との目標を発表した土壌処理の経費

  • ○■ 16時には総意として「年間20ミリシーベルト」を決定し、原子力災害対策本部へ助言した文科省は

  • ○■ 月29日、記者会見した小佐古敏荘(こさこ・としそう)東大大学院教授はあふれる涙をこらえながら、こう語っ

  • ○■ 日のテレビ朝日番組で 小中学校などの屋外活動制限の基準に関して 細野豪志首相補佐官 「

  • ○■ 科学省は、学校等の校舎・校庭等の利用判断における放射線量の目安として、 年20ミリシーベルト

  • ○■ 間被曝(ひばく)量20ミリシーベルトという屋外活動制限基準を強く批判「とんでもなく高い数値

  • ○■ 受けた後「毎時3.8マイクロシーベルトを下回ったから学校を使わせると非常に安易な説明があっただけ

  • ○■ えようとしている今、学校の屋外活動を制限する放射線量を年間20ミリシーベルトとした文部科学省の基準

  • ○■ くなる 59000小中学校の屋外活動を制限する限界放射線量に関する記事・・・|ぬふふ 49000議員

  • ○■ ミリシーベルトと政府 特に小中学校の屋外活動を制限する限界放射線量を年間20ミリシーベルトを基準に決めた

  • ○■ 福島県内の幼稚園や学校などでの屋外活動を制限する放射線量を年間1ミリ シーベルト から20ミリ

  • ○■ を唱えた 自分の子どもをそういう目に遭わせたくない」と異論を唱えた 危機的状況が続く東京

  • ○■ を年間20ミリシーベルトとした国の暫定方針は高過ぎるとして、福島県の住民が23日午後、文部科学省正面玄関前

  • ○■ たい・・・(これを)容認すれば私の学者生命は終わる」 (4月30日毎日)これは衝撃だ

  • ○■ してまいりますので、ご理解いただきますようにお願いいたします』 こんなことが許されて

  • ○■ 福島県から文科省へ「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」の要請があった 福島県の方で県

  • ○■ 適当」ということ では「毎時3.8マイクロシーベルト」は、どうやって出されたかと言えば、 放射線量

  • ○■ た 次の言葉である「年間20ミリシーベルト近い被曝をする人は原子力発電所の 放射線業務従事者

  • ○■ 限の可否を判断するのに「年20ミリシーベルト」と、一般人の年間許容限度の20倍という高さの

  • ○■ 全委員会」 5月2日「子どもたちを放射能から守れ政府交渉」 記者の目:福島第1

  • ○■ んでもない高い数値であり、容認したら私の学者生命は終わる」また、「子供をそんな目

  • ○■ 出ていた 同市によると、国際放射線防護委員会(icrp)の通常時の目安の年1ミリシーベルトを参考に

  • ○■ 関東、 東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に 開示すべきである」ーーー

  • ○■ 3日20ミリシーベルト、「撤回を」=子ども被ばく量、文科省前で訴え 「 小中学校などの屋

  • ○■ する限界放射線量を年間20ミリシーベルトを基準に決めたことに「容認すれば私の学者生命は終わり 自分の子どもをそういう

  • ○■ (数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)の データを隠さず開示し

  • 文部 線量 学校 年間 数値 福島県内 官房参与 測定 子ども 福島第 マイクロシーベルト 判断 内閣官房参与 市内 文科省 教授 屋外活動を制限 制限 活動を制限 会見 公表 検討 不安 除去 容認 批判 小佐古敏荘 対策 毎時 東大 危険 東京電力 暫定 場合 抗議 対して 放射線量 助言 文部科学省 現在 ミリシーベルト 指摘 今回 説明 状況 データ 独自 県民 情報 安心 東大大学院 記者会見 報道 子供たち 東京電力福島 原子力発電 示した 1ミリシーベルト 公開 一般 福島第一 専門家 今後 年間ミリシーベルト 保護者 辞任 上限 施設 掲載 子どもたち 官僚 活動制限 空間線量 影響 設定 などの屋外 前提 小中学校などの屋外 生命 表面 リスク 明らかに 基準 議事 郡山 春樹 世界 屋外活動を制限する放射線 参考 などの屋外活動 質問 相次 定例 通常 発表 詳細 20ミリシーベルト 国際放射線防護委員 原発 東京電力福島第 セシウム 学者生命 労災 月日 積算放射線量 文科相 被曝ひばく 業務従事 内閣府 大事 小中学校などの屋外活動 濃度 栃木 原子炉 地面 モニタリング 自然 述べた 使用 実効 確認 自治体 正式 考えて icr 費用 政府 校庭利用 事務 集団 受ける放射線 可能性 墨付 福島第一原発 上昇 予算 認識 保育所 現地 生命は終わり 辞任した 疑念 μsv 目標 場当たり 予定 省から した小佐古敏 発生 プール 文科省から 多発 汚染され 私の学者生命 校舎 作業員 ミリシーベルトを基準 関東 早急 非常 発表した 半分 委員会 番組 少ない 事故 下回 文書 求めた 班目委員長 検出 最終 での屋外 観点 年間被曝 未満 明らかになっ 細野豪志首相補佐官 安全 公衆 思います 女性 会合 国際放射線防護委員会icrp 医学 水道 校庭等 審議 小佐古敏荘東大 原子力発電所 春樹委員 暫定基準 配布 茨城 思って 被ばく ホット 小佐古敏荘こさ 異なる 撤回 講師 職員 学者生命は終わり 爆発 放射性 計算 上記 広がっ 屋外活動制限基準 原発事故 障害 付近 工事 目指 心配して 言えば 事故の影響 異常 試験 確実 言って 一方 言った した結果 放射能 定例会 原子力災害対策 実施 提供 知らせ 決まっ 多かっ 放射線業務従事 十分 責任 東日本 全員 内閣官房参与を辞任 なければならない 正直 方々 班目まだらめ春樹 容認でき 一部 基準について 大丈夫 校庭等の利用判断における暫定 辞表 放射線量測定 容認すれば アップ 児童・生徒 必要 福島第一原子力発電 更新 大きく 部分 小中学校などの屋外活動を制限 開かず 指摘している 具体的 などの屋外活動制限 今まで 小中学校の屋外活動を制限する 安全学 原子力安全委員 毎日 小学校など 制限の対象 年間20ミリシーベルト 決めた 極めて 開かれ から放射性 言っている 採用 原発事故の影響 福島第1原発事故 相当 与える 出てい 私の学者生命は終わり 気がします 福島原発 市など 語った 問われる 容認したら私の学者生命 する可能性 考えると 年後 会議 行われ ている放射性 子供たちの 原発の事故 遊んでい 東京大 などでの屋外 続けた
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.024 0.137 0.546 0.014 0.525 0.165
    やや強いやや強いやや弱い強いやや弱い強い
    total 44475.899999998874

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発