13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    吉村昭

    書籍 関連語 太宰治 新潮文庫 江戸時代 日露戦争 岩波書店 正岡子規 黒部の太陽 黒部ダム
    0 .
  • ○■ 吉村昭

  • ○■ 金子は、ソ連領との国境から約百キロ南方の 恵須取地区 で戦渦に巻き込まれた人々からの体験談を集め始めた

  • ○■ 悩むところは多いですが、いろいろ気持ち整理できた気もします

  • ○■ いっぽう「アメリカ彦蔵」の主人公彦太郎は、播磨国加古郡播磨町の水夫でしたが、嘉永年1850年に浦賀沖から大坂に向かう。力丸に13歳の若さで乗って熊野沖で遭難、 太平洋 を漂流するうちに。船に救助されて サンフランシスコ に到着

  • ○■ 以下は後編に続きます

  • ○■ この話には 大正時代の農村の哀切 がよく理解できると、作家の吉村氏は述べている

  • ○■ 日本の船は外国へいく必要がありませんでした

  • ○■ 照る日曇る日第309回

  • ○■ タグ: 読書歴史江戸時代小説エッセイ詩歌

  • ○■ 当時まだ札幌医大の整形外科医師だった 渡辺淳一 の行動力もさることながら、小説家であった 吉村昭 の取材の執念と筆力は大したものだと思います

  • ○■ は昭和11-15年の黒部第三発電所トンネル掘削工事の記録である 記録とはいっても工事か

  • ○■ 吉村昭の 小説 「高熱隧道」一気に読み終わりました10日ほど前に歩

  • ○■ に続きます 参考本:『下弦の月』 吉村昭 著のうち【手首の記憶】から毎日新聞社1973

  • ○■ ) 買ったきっかけ: 「黒部の太陽」を観て、興味が沸いたので 感想: 読みやすかっ

  • ○■ 茫洋 タグ: 小説歴史エッセイ詩歌 照る日曇る日第309回この巻に収められたのは「大黒屋光太夫」と「 アメリカ 彦蔵」の2つの作品で、いずれも江戸時代に海難事故で遭難した水夫の 波乱万丈 の生涯

  • 作家 歴史 昭和 人間 物語 文庫 現代 思います 読んで 主人公 人物 最後 高熱隧道 非常 読んだ 自分 以上 幕末 発電 新潮文庫 ドラマ トンネル 脱獄 ホント 黒部 個人 日露 黒部第 黒部ダム 茫洋 事実 意識 時代 戦後 帰国 完全 曇日 描破 内容 二十 文章 強靭 執拗 無人島 角川 語学 活躍 想像 東大 中心 エッセイ 読んでみ 武士 過酷 選手 黒部の太陽 殺害 勉強 だと思います 庶民 照曇る日 本です 家族 小説高熱隧道 圧倒的 黒部第三 場合 意味 良かっ 独特 克明 聞いた 駅前 交渉 持って 警察 吉村昭の小説 知らず 病気 行われ 参考 努力 今回 面白かっ 第三発電所 吉村さん 分かり てしまいました 後半 展開 小説家 当然 作品 ドラマ黒部の太陽 知った 知らなかった 読みました 学校 終了 以外 元気 たいと思います 江戸時代 はないでしょう 思った 北海道 写真 成功 人々 帰国しまし 185 違って 向かっ 読めました 興味 化され しか知らなかった 使って 買った 来てい うと思います たと思います 思っています
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.030 0.158 0.546 0.022 0.508 0.175
    やや強い少し弱い少し弱いやや強い少し弱い比較的強い
    total 46642.49999999808

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発