13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    文学界

    書籍 関連語 芥川賞 直木賞 文藝春秋
    0 .
  • ○■ 上手に思い出す事は非常に難かしい

  • ○■ 森先生の作品のバリエーションの多さと、官能小説に対する情熱とプライドが詰まった1冊でした

  • ○■ 完璧に記憶の中から欠落してしまっている、自分に驚きました

  • ○■ ¥5,000 amazon.co.jp

  • ○■ 芥川賞候補のイラン人女性シリン・ネザマフィさん(29)は受賞を逃した

  • ○■ 受賞作は5月7日発売の「文学界」6月号に掲載される

  • ○■ 久しぶりにこの詩を朗読したくなったのは、10月30日が「初恋の日」だから

  • ○■ すなわち新陳代謝が滞っ てしまう

  • ○■ しかし、学校の先生になるのは、どうも気が進まない

  • ○■ 文学界の6月〆切りに投稿した「萌え萌えワンダーランド秋葉原」も、

  • ○■ いやぁ、上手く説明できないけど、本当に「なんだかなぁ」

  • ○■ 「だから人生やめられない」って文学界のプリンス(いつの間に?)にしては捻りがない

  • ○■ 順調かと思われました

  • ○■ 彼には、少なくとも3人の子供がいたようです

  • ○■ 何しろ、タイトルを見て、わたしはあの歌を連想してしまった

  • ○■ わたしは書き始めたが、取材の必要が生じ、 ソードの4 (休止)せざるをえなかった

  • ○■ だから、3本出せればいいが、娯楽性は3本とも高い

  • ○■ 文学界の超変人として名高い島田先生から「音楽家って、変わった人が多いって思うけどさぁ、ハーピストって特に壊れてるんだね!」と言われました

  • ○■ 著者が言っている通り、官能小説というのは文学界でも最底辺に位置するジャンルだと思う

  • ○■ るネタが多いなぁ、ドキュメント「文明は何処へ」(小説にしたときのタイトル「悪徳大家」)だって

  • ○■ で先輩を知っている人が、このブログを閲覧している可能性は、微々たるものです それ以外にか

  • ○■ 文学界 2010年 08月号 [雑誌]/著者不明メインは、綿矢りさ「

  • ○■ 」(新潮6月号)、シリン・ネザマフィ「拍動」(文学界6月号)、広小。。祈(ひろこうじ・なおき)「

  • ○■ 品》井上靖「中国行軍日記」(新潮)/田中慎弥「実験」(同)/村田沙耶香「ガマズミ航海」(群像)/鹿島

  • ○■ 1896年、島崎藤村が「文学界」46号に「こひぐさ」の一遍として初恋の詩を発表しました台風14号

  • ○■ 能登」が開催された「初恋の日」 島崎藤村ゆかりの宿である長野県小諸市の中棚荘が制定 1896(明治29)

  • ○■ 」(新潮)/戌井昭人「ぴんぞろ」(群像)/谷崎由依「水際の声」(文学界)

  • ○■ の選考委員会が15日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は磯◆(山へんに。。)憲一

  • ○■ 治元年5月21日)-1914年(大正3年)6月24日) ◎真宗大谷派の僧侶大逆事件

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 高木徳一の小説の執筆状況と『秋』の歌謡詞

  • ○■ のようだが、読んでみたい--------------とりあえず、今回の文学界

  • ○■ 文学界

  • ○■ So u0026quot;one literary bridgeu0026quot; is u0026quot;Winner of the literary memorial, Shintaro Ishihara,u0026quot; hailed Patei open, kill the one plotted

  • ○■ そこで「一橋文芸」は「石原慎太郎・文学界新人賞受賞記念」と銘打ってパーテイを開き、一稼ぎを企んだ

  • ○■ 1896, a 46 Shimazaki Toson 』to『 literary hay 『Hi this issue today announced the first love poem as Chapter 1 of

  • ○■ 1896(明治29)年、島崎藤村が『文学界』46号に『こひぐさ』の一編として初恋の詩を発表した

  • ○■ 今日の日経新聞夕刊に、イラン人のシリン・ネザマフィさんが文学界新人賞を受賞したという記事が載っていま

  • ○■ 初恋の日」 島崎藤村ゆかりの宿である長野県小諸市の中棚荘が制定 1896(明治29)

  • ○■ の詩を発表した 毎年、初恋をテーマとした「初恋はがき大賞」等のイベントを行っている 「たまごかけごはんの日

  • ○■ 未分類 | | | | home | アwwwサwwwヒwww この記事の

  • 作家 時代 新人賞 当時 人間 文化 意味 文藝春秋 文芸 界新人 読んだ 昭和 書いて 文学賞 自身 話題 思って 著者 日本 受賞 当然 世界 発行 対象作品 思った 発展 執筆 対して 以来 思います 一般 小説 人生 一人 月号 思ってい 彼女 以下 日本語 同人 群像 理由 編集 考える ノーベル 思われる 変わっ 自己 自分 シリン・ 名前 以前 意識 言って 気持 学校 入った 書かれ 決まっ 可能性 勝手 生まれ 石原慎太郎 昨日 文学部 独特 感じる 非常 運命 主張 図書館 指摘 ドイツ 始まっ 場面 最後 今度 最終 不明 自殺 残念 日記 描いた 児童 構築 ノーベル文学 発表した 結婚 書いている 井上 大賞 授賞 川上 解説 全集 テヘラン 紹介 卒業 情報 エッセイ なければならない 島崎藤村 様々 明らか 末期 死去 選ばれ イラン 読んでい 掲載 西洋 以降 回芥川賞 自体 童話 西欧 興味深 人気 読める 長野県小諸 読むこと 優秀 病院 ニュース 受賞者 載って 戦後 新潮 中学校 かも知れない 自覚 資格 開催 仕方 思っていた 複雑 イベント 知られ 次々 ではありません かもしれません 紹介する 菊池 出身 amazon 勿論 良かっ 例えば 思える 始まった 将来 住んで 北村 高木 出版社 抱いて 努力 制定 何度 代わり 教室 西村 多分 原因 今日 言えば アメリカ 論理 目的 完結 初恋 掲載され 出てき 詩を発表 向けて 表題作 道尾秀 中心 時期 発表され 選ばれた 訪れる 人たち 心理 入学 会社 宗教 映画 変わって 毎年 文芸春秋 通して 超える 30 女性 伝わっ 界46 読んだこと 先生 亡くなっ 長野県小諸市 出会 久しぶり 的には 地下 聞いて ブック 何処 単純 才能 好きな 知られて 詳しく 授業 思うの 時点 判断 確実 賞を受賞 家庭 失敗 その作品 成功 同時 収録され 計画 知らな 号に掲載 サッカー 読みまし 分かっ 文学界新人賞 多かっ 描いて 映画化 評価され 早速 江戸時代 機会 だと思います 今後 向かって 分から 何冊 載ってい のかも知れない 京都 テーマ 大切 残って かと思って 確認 当ブログ 同人雑誌 嬉しい 認められ 撮影 出てくる 良かった amazoncojp 文学賞を受賞 代表的 気がする 本物 明日 初恋の詩を発表 気がし 候補 書いた になってしまっ 気になって 私にとって 考えは 決まった 号に掲載され かわかりません 思うと 言葉 知らなかった のかもしれない この作品 必要 201 知ってい 利用して 次のよう 中心とし 読んだことが ものではありません 言った このブログ 行って 最新 思いますが ような気がします 思ったの たと思います
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.160 0.521 0.027 0.484 0.179
    やや強い少し弱いやや強いやや強いやや強い強い
    total 104959.69999996861

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発