13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    ショスタコーヴィチ

    音楽 関連語 ブラームス ショパン ベートーヴェン 交響楽団 モーツァルト グスタフ・マーラー チャイコフスキー 管弦楽団
    0 . 1 .
  • ○■ それはカルチャーショックにも似た新鮮な発見であり、また何よりの喜びでもあった

  • ○■ しかしこれは凡庸で、退屈なこと極まりない

  • ○■ しかし、楽器をやった(やっている)方にとっては、とっても有難い作曲家の一人だと言えます

  • ○■ 「ホルン協奏曲作品91」グリエール作曲(24分52秒) (ホルン)ラデク・バボラーク

  • ○■ <solo voce> sv 8553203 2枚組 。。4050 ヴェルディ:「トラヴィアータ」 ダニエラ・デッシ(s ヴィオレッタ) ファビオ・アルミリアート(t アルフレード・ジェルモン) クラウディオ・スグーラ(br ジョルジョ・ジェルモン) アンヌンツィアータ・ヴェストリ(s フローラ) キアーラ・ピエレッティ(ms アンニーナ) ルカ・コザリン(t ガストーネ) マルコ・カマストロ(br ドゥフォール男爵) アンドレア・カステッロ(bs ドビニー伯爵) アンジェロ・ナルディノッキ(bs 医師グランヴィル) ジョセプ・ルイス(t ジュゼッペ) フローラの侍従(bs アフルレード・ステファネッリ) グラツィアーノ・ダッラヴァッレ(bs 使者) ジョン・ネシュリング(指) パルマ・レージョ劇場管弦楽団,ピアチェンツァ市立劇場合唱団 録音:2010年1月,パルマ 今イタリアオペラ界で一番熱いコンビ、ダニエラ・デッシとファビオ・アルミ リアートがヴェルディの「トラヴィアータ」を録音、しかもライヴではなく セッション録音です

  • ○■ ということでこれだけ充実した演奏会なので、体力も使う

  • ○■ 店頭に並ぶのは、来週月曜日(21日)

  • ○■ チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲(前橋汀子の独奏)、ショスタコーヴィチの交響曲第5番が放送されていた チャイコフスキーは、前橋さんの独奏がどうにも不安定で聴いていて辛い

  • ○■ それを「面白い」と思えるようになったのは、(幾度となくあちこちに書いているが)14歳の時に「スコア(総譜)」というものの存在を知ったのがきっかけだ

  • ○■ それが、映画であり舞台であり小説であり…、そして音楽の役割だ

  • ○■ そして、ウディ・アレンはウディ・アレン

  • ○■ しかし、作曲家はそもそも「ことば」の呪縛から離れた「汎世界的な言語」として「楽譜(スコア)」を記述しているのだから、その結論で終わってしまったら、彼らの努力は報われないことになる

  • ○■ ★waltyクラシカルにて キリル・コンドラシン指揮ダヴィド・オイストラフ、モスクワ・フィル演奏『ショスタコーヴィチ・交響曲第6番/ヴァイオリン協奏曲』 (altus alt046) 新品

  • ○■ [ in reply to sakutaro77 ]

  • ○■ 2012年2月21日(火) 19:00東京オペラシティコンサートホール ・モニューシュコ:歌劇「パリア」序曲 ・ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調(p:中村紘子) ・ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」 アントニ・ヴィット指揮 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 2012年2月22日(水) 19:00東京オペラシティコンサートホール ・モニューシュコ:喜歌劇「新ドンキホーテすなわち百の愚行」序曲 ・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調(vn:千住真理子) ・ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 ミハウ・ドヴォジンスキ指揮 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

  • ○■ この楽章を演奏した団体がありまして、友人から聴くように進められた千葉は、聴き終わってすぐ「交響曲なのにフィナーレじゃないところやるんだ、珍しいね」と言って叱られた記憶があります(笑)

  • ○■ それは、聴く人の音楽観や世界観(そして「ひねくれ方」)と同時に、時代や社会の風潮にも大きく左右されるようだ

  • ○■ <tactus> tc670002 ¥1080 antonio vivaldi(1678-1741) in turbato mare irato, motet rv 627 1. aria(allegro-andante molto)2. recitativo 3. aria(larghetto)4. alleluja(allegro) egidio romualdo duni(1708-1775) 5. misero pargoletto, aria from the opera demofoonte georg friedrich handel(1685-1759) 6. ombra mai fu, aria dall`opera serse 7. lascia ch`io pianga, aria dall`opera rinaldo geminiano giacomelli(1692-1740) 8. sposa non mi conosci, aria from the merope (largo-andante-largo) egidio romualdo duni(1708-1775) 9. prudentemi chiedi, aria from the opera demofoonte francesco divito/ chamber orchestra [benedetto marcello] flavio emilio scogna

  • ○■ <scribendum> sc 503 7枚組 ¥3380 「mravinsky in moscow」 cd1 ・グリンカ:『ルスランとリュドミュラ』序曲 1965年2月26日 ・ムソルグスキー:モスクワ河の夜明け 1965年2月21日 ・リャードフ:バーバ・ヤガー 1965年2月21日 ・ショスタコーヴィチ:交響曲第6番 1965年2月21日 ・グラズノフ:『ライモンダ』第三幕への前奏曲 1965年2月21日 ・ムソルグスキー:モスクワ河の夜明け(別テイク) 1965年2月21日 ・リャードフ:バーバ・ヤガー(別テイク) 1965年2月26日 ・ワーグナー:『ローエングリン』より第三幕への前奏曲 1965年2月 ・ワーグナー:『ワルキューレ』よりワルキューレの騎行 1965年2月 cd2 ・モーツァルト:『フィガロの結婚』序曲 1965年2月23日 ・モーツァルト:交響曲第39番 1965年2月23日 ・シベリウス:トゥオネラの白鳥 1965年2月23日 ・シベリウス:交響曲第7番 1965年2月23日 ・ワーグナー:『ローエングリン』より第三幕への前奏曲(別テイク) 1965年2月23日 ・ワーグナー:『ワルキューレ』よりワルキューレの騎行(別テイク) 1965年2月23日 cd3 ・ヒンデミット:交響曲『世界の調和』 1965年2月26日 ・ストラヴィンスキー:バレエ音楽『ミューズの神を率いるアポロ』 1965年2月26日 cd4 ・ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 1965年2月28日 ・バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタの為の音楽 1965年2月28日 ・オネゲル:交響曲第3番『典礼風』 1965年2月28日 cd5 ・ベートーヴェン:交響曲第4番 op.60 1972年1月29日 ・ベートーヴェン:交響曲第5番 op.67『運命』 1972年1月29日 ・ワーグナー:『神々のたそがれ』-「ジークフリートのラインへの旅」 1972年1月26日 cd6 ・ワーグナー:『タンホイザー』-「ヴェヌスベルクの音楽」 1972年1月27日 ・ブラームス:交響曲第3番 op.90 1972年1月27日 ・ショスタコーヴィチ:交響曲第6番 op.54 1972年1月27日 cd7 ・チャイコフスキー:幻想序曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 op.32 1972年1月27日 ・チャイコフスキー:交響曲第5番 op.54 1972年1月30日 ・ワーグナー:『神々のたそがれ』-「ジークフリートの葬送行進曲」 1972年1月26日 ・ワーグナー:『ワルキューレ』-「ワルキューレの騎行」 1972年1月26日 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団 エフゲニー・ムラヴィンスキー(指揮) イアン・ジョーンズ(リマスタリング・エンジニア) 収録曲順は変更となる場合がございますので予めご了承ください

  • ○■ プログラムを読むまで、まさかドイツ出身だとは気がつきませんでした

  • ○■ それにしても「 アフリカン・シンフォニー 」、何度聴いても燃えるねぇ!お勧めの演奏は岩井直溥/東京佼成ウインド・オーケストラ(cd)か、佐渡裕/シエナ・ウインド・オーケストラ(dvd)で

  • ○■ <simax> psc 1317 2枚組 ¥4560 g・b・アントワーヌ・フォルクレ(1671-1745) /ジャン・バティスト・フォルクレ(1699-1782): クラヴサン曲集に編曲されたヴィオール全曲集(pub.1747) 第1組曲第2組曲第3組曲第4組曲第5組曲 シェティル・ハウグサン(cemb) 楽器:シェティル・ハウグサン製作(1971)、 後期フランドル・タイプ・ハープシコードのコピー 録音:2010年3月15日-19日ドイツ放送室内楽ホール(ケルン) 制作:フランソワ・エッケルト録音:エヴァ・ペップライン 父g・b・アントワーヌは作曲家、ガンバのヴィルトゥオーゾ

  • ○■ さらに「モーツァルトみたい」というと、若くして才能を持った音楽家への最高の賛辞であり「輝かしい才能」の代名詞である

  • ○■ ★名曲堂駅ビル店にて neeme järvi指揮scottish national orchestra演奏『shostakovich: symphony no. 7』 (chandos chan 8623) 中古

  • ○■ ショスタコーヴィチの5番もあのオーケストラでcdを出して欲しいです! アンコールの花のワルツも良かったです

  • ○■ 1992年〜1996年に録音

  • ○■ works for orchestra posted with amazlet at 10.03.27 xenakis orch phil du luxembourg tamayo timpani (2009-11-24) amazon.co.jp で詳細を見る

  • ○■ 2011年5月22日(日)14:00 習志野文化ホール

  • ○■ アンコールは…これはすぐわかったよ

  • ○■ 雨の土曜日、午後から兵庫芸術文化センター管弦楽団の第24回定期演奏会へ行った

  • ○■ 休憩を挟んでの第二部では、お互いを信頼しあった関係から安定感のあるステージングでカタルーニャ民謡鳥の歌、デューク・エリントンのafrican flower とこなし、最後のショスタコーヴィチの「革命」で昇華する

  • ○■ ベストオブクラシック・セレクション nhk-fm 放送日 :2011年 7月 1日(金) 放送時間 :午後7:30〜午後9:10(100分)

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 気分が乗らない

  • ○■ <vai> vaidvd 4526(dvd-video) 。。4550 字幕:英仏露 リムスキー=コルサコフ:「皇帝の花嫁」 リディア・コヴァレーバ(s マルファ) アレクサンドル・ヴェデルニコフ(bs ソバーキン) ユーリ・グリゴリエフ(br グリャズノイ) ボリス・モロゾフ(bs スクラートフ) エフゲニー・シャピン(t ルイコフ) ニーナ・テレンチェヴァ(ms リュバーシャ) コンスタンチン・プストヴォイ(bs ボメーリイ) ラリッサ・ユルチェンコ(s サブーロヴァ) マリーナ・シュトヴァ(ms ドゥニャーシャ) ほか ユーリ・シモノフ(指)ボリショイ劇場管弦楽団,合唱団 演出:オレグ・モラレフ 収録:1983年(ライヴ) リムスキー=コルサコフのオペラのうちでも特にドラマティックで、ロシアで の人気が高いのがこの「皇帝の花嫁」

  • ○■ ショパンの「24の前奏曲」やショスタコーヴィチの「24の前奏曲とフーガ」は勿論、この作品に触発されたものである

  • ○■ ショスタコーヴィッチ:交響曲第10番より第二楽章

  • ○■ vd-video)。。1350 ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 朝比奈隆(指揮)大阪フィル 収録:1994

  • ○■ ショスタコーヴィチ

  • ○■ ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー/音楽:アドルフ・アダン 上野水香マチュー・ガニオ 「クリティカル・マス

  • ○■ アム・マーフィー/音楽:ピョートル・i.チャイコフスキー ルシンダ・ダンロバート・カラン 「海賊」

  • ○■ と残念なことだ 二曲目ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲は市野あゆみさん トランペットを際立たせる曲

  • ○■ 部 曲 目: ワーグナー/歌劇「ローエングリン」第3幕への前奏曲 j.シュトラウスⅱ世/

  • ○■ 振付:ジョン・ノイマイヤー/音楽:アルヴォ・ペルト エレーヌ・ブシェティアゴ・ボァディン<休憩15

  • ○■ :マウロ・ビゴンゼッティ/音楽:ドミトリー・ショスタコーヴィチ ディアナ・ヴィシニョーワウラジーミル・マラーホフ

  • ○■ ティカル・マス」 振付:ラッセル・マリファント/音楽:リチャード・イングリッシュ、アンディ・カウトン シルヴィ・ギエムニコラ・ル・リッシュ 「ライモ

  • ○■ アレクサンドル・グラズノフ マリア・アイシュヴァルトフィリップ・バランキエヴィッチ 「スカルラッティ・パ・ド・

  • ○■ の祝典序曲にはじまり、 プロコフィエフの交響的協奏曲(独奏はトルルス・モルク)、 そしてベートーヴェン

  • ○■ マリウス・プティパ/音楽:ピョートル・i.チャイコフスキー スヴェトラーナ・ザハロワアンドレイ・ウヴァーロフ

  • ○■ 曲「マ・メール・ロワ」 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調「革命」op.47 指揮:大野和士

  • ○■ 音楽:チェーザレ・プーニ シオマラ・レイエスホセ・カレーニョ 「オテロ」 振付

  • 指揮 音楽 協奏曲 作曲 作品 短調 交響曲第 序曲 楽章 交響楽団 ピアノ オーケストラ 組曲 コンサート 管弦楽団 チャイコフスキー 録音 ホール ベートーヴェン 長調 歌劇 指揮者 ヴァイオリン協奏曲 バッハ 楽器 最後 ブラームス 打楽器 自分 ワーグナー アンコール 今日 バレエ ショパン 協奏曲第 祝典 フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン 見事 合唱 弦楽器 第番 美しい ソナタ ラヴェル 定期演奏会 前奏曲 思います ソプラノ トランペット 枚組 全集 アリア シューベルト ヴィオラ ドビュッシー 本当 非常 最初 四重奏団 バロック トーク 全体 nhk 昨日 以外 全曲 舞曲 シンフォニア ・フィルハーモニー管弦楽団 運命 監督 シベリウス 美しく フィルハーモニー交響楽 編成 スターリン ピアニスト 短調op ヴェルディ ロマン 感じる ブルックナー 来日 聴いて 民謡 美しさ 歴史 ヴァイオリン協奏曲第 先生 ロンドン 感動 明日 管楽器 シューマン グラズノフ オーボエ 持って バルトーク 当然 アルバム 革命 メンデルスゾーン 交響曲第番 基本 思った 以来 良かっ 室内管弦楽 拍手 重奏曲 ピアノ協奏曲第 チェロ ベルリン・フィルハーモニー管弦楽 祝典序曲 弦楽四重奏団 交響的 記念 得意 dvd 本日 書かれ 作品集 古典 彼女 何度 以下 難しい 場合 傑作 パガニーニ ヴァイオリニスト バリトン コンサートホール bwv 合唱団 音源 教会 人気 影響 聴かせ 機会 レーベル 必要 入って 残念 モーツァルト 以降 充実 例えば シュトラウス ヘンデル ・コンサート 放送交響楽 見える 五重奏曲 記事 学生 結婚 現代音楽 間奏 話題 マルティ ニコラ 興味 迫力 見つけ クラシック音楽 聞こえ 完全 ラジオ ポーランド 〜午後 フィリップ・ クリストフ・ 年月 同様 自体 月日 sacd 人々 下さい 続いて 3楽章 くるみ割り人形 ゲスト 重要 ドラマ 演奏され 才能 以上 知って jsバッハ 実演 天才 思ってい 長調op 独特 国立交響楽団 技法 全部 場面 本来 ボリス・ 楽劇 幻想曲 佐渡 ビゼー ムソルグスキー ニュルンベルク シェーン サントリーホール クリスティ パート ヨハン 色彩 第二 余裕 クラシック ロシア ギター 楽しい 正直 知られ プロコフィエフ 中心 白鳥 ヴォカリーズ アヴェ ファゴット 言えば 登場 出身 即興 収録され レパートリー 団演奏 番変 情景 始まる 感覚 アレクサンドル・ 途中 ボックス 瞬間 トロンボーン 音楽祭 rシュトラウス 出来 時間 感じさせる 終わっ 向かっ 始まっ 要素 テノール 明るい マニア 完成 団録音 てしまいました 気がする 特別 イングリッシュ 結果 端正 客演 子守 パルティータ ヴィヴァルディ ペーター ニューイヤー スクリャービン スカルラッティ ジーク コルサコフ グリーグ カンタータ カデンツァ 聴いてい 主義 多かった 四重奏曲第 定期公演 部屋 ・オーケストラ 演奏された フレーズ 指揮台 弾いて 聴いてみ 考える 抜粋 ホームページ 実際 団体 苦手 味わい 変わっ かもしれません
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.031 0.120 0.574 0.024 0.539 0.237
    僅かに強い比較的強い弱い僅かに強い弱い少し弱い
    total 258225.7000002346

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発