13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2239 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1161 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    北村薫

    書籍 関連語 ベッキー 直木賞 文藝春秋 宮部みゆき 鷺と雪
    0 . 1 .
  • ○■ あと、同雑誌に掲載されていた北村薫の『智恵子抄』も読んできました

  • ○■ 「鷺と雪」北村薫 :ぼんくらシリーズに続き、ベッキーさんシリーズが読めるとは、何たる幸せ

  • ○■ 「誰も彼を欲しがらなかった

  • ○■ 「円紫さんと私」シリーズは、最終的に文学好きの主人公は大学生を経て就職してしばらく姿が描いてあります

  • ○■ 二作目は、まだ単行本手に入る感じです

  • ○■ ──川口松太郎「不動図」

  • ○■ ―「三つ子の魂、百まで」と言うじゃないか、もしかしたら覚えているかもよ

  • ○■ 最近の直木賞と言えば、何故この作品で?何故このタイミングで? と云う様な疑問符が常に付きまとう賞な訳で今回も「然り」と云う感じで有る

  • ○■ 最初は感覚でしかなくても、その後、言葉が追いつく

  • ○■ ミステリーの啓蒙書、詩歌の愉しみ方を綴ったエッセイなどが有るが、 圧巻は丁寧な解説が添えられたアンソロジー集「謎のギャラリー」だろう

  • ○■ そして、ふたたび語り手が変わって第三部

  • ○■ これはシリーズ化したら池袋ウエストゲートパーク並みの人気が出るかもしれないですね

  • ○■ 「狂詩曲」のエンディングで例のセクシーなフリがあるわけですが、 酒井さんがあまりに激しいというか、生々しかった(笑)ので驚きました

  • ○■ だって配列についての部分は文体がミョーに熱いし!

  • ○■ 主人公の彼女、彼らは決して「善人」でもないし周りから憧れるタイプでもない

  • ○■ ベッキーさん三部作の最後「鷺と雪」を図書館に予約したので 思い出すために

  • ○■ とりあえず、読みやすそうな方から読む

  • ○■ しかし、盲点をついた上手いトリックだと思う

  • ○■ このシリーズ好きだけど、着地点が見えないよね

  • ○■ 第141回芥川賞が磯崎憲一郎さん(44)の「終(つい)の住処(すみか)」(新潮6月号)、直木賞が北村薫さん(59)の「鷺(さぎ)と雪」(文芸春秋)に決まった

  • ○■ 発行:2006年7月著者:北村薫タイトル:『ひとがた流し』

  • ○■ 北村薫さんが直木賞受賞ということで! おめでとうございます! 好きな作家さんが評価されるのは嬉しいですね

  • ○■ そして思っていた通り、三部作の様々な伏線が「2・26事件」に集約されるのだった

  • ○■ 『鷺と雪』北村薫文藝春秋2009

  • ○■ 北村薫の本を読んでいるとそう云う悦びを感じる事が多い

  • ○■ 北村薫さんの著書が舞台化された作品

  • ○■ 読んでいると頭が良くなるような気がするのはいつものことだ

  • ○■ ミステリーランドと云いつつもミステリーじゃない作品も混ざっておりまして、本作はそんな非ミステリー作品の中でも1、2を争う個人的好みです

  • ○■ 北村薫/宮部みゆき『名短篇ほりだしもの』で北村薫の“深読み”解説を参考に、石川桂郎『剃刀日記』の中の短編数編読んだ

  • ○■ 北村薫のミステリびっくり箱 再読

  • ○■ 北村薫は名前だけは知っていたけど、ミステリー作家と言うことは知らなくてね〜(^^;)知っている人が読むとまた違う印象かも

  • ○■ ンケル 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」村上春樹 「猫と話しませんか?」

  • ○■ NULL 2010年2月25日(木)その2「玻璃の天」北村薫・

  • ○■ えていた 北村薫/宮部みゆき:編◎名短篇、ここにあり 北村薫/宮部みゆき:

  • ○■ 野球の国のアリス (ミステリーランド)/北村 薫¥2,100 amazon.

  • ○■ 万城目学(30) 『プリンセス・トヨトミ』 (文藝春秋)2回目 道尾秀介(34)

  • ○■ みました 三浦しをんさんは「風が強く吹いている」を読んで あんまり好きじゃないというカテゴリー

  • ○■ 図書館で本読んでました「片想い」(東野圭吾)読み終わった! もう、泣きそうだったよ最後

  • ○■ か・・・ 北村さんには、「スキップ」「ターン」「リセット」の『時と人』三部作がありますが(そして、私

  • ○■ 春文庫)/北村 薫520 amazon.co.jp健常人が、風邪を引いて体調を崩しても、そうそう炎症反応の指標crpは上がらないものです 六花も、ここ数年、具合悪く38℃くらいまで発熱してぐったり

  • ○■ :東京創元社 amazon.co.jpで詳細を確認する 二作目は、まだ単行

  • ○■ 北村薫

  • ○■ 芥川賞に磯ざき憲一郎さん=直木賞は北村薫さん [時事ドットコム] 2009/07/

  • ○■ 」(角川書店) ▽万城目学「プリンセス・トヨトミ」(文芸春秋) ▽道尾秀介「鬼の跫音」

  • ○■ NULL ベッキーさんシリーズの完結編「鷺と雪」が刊行されたのですね図書館の予約

  • ○■ に挙がったイラン人のシリン・ネザマフィさん(29)は受賞を逸した 磯崎さんは三井物産

  • ○■ 道尾秀介(34) 『鬼の跫音』 (角川書店)2回目 芥川賞候補の6名

  • ○■ 葉室麟(58) 『秋月記』 (角川書店)2回目 万城目学(30) 『プリンセス

  • ○■ 貫井徳郎(41) 『乱反射』 (朝日新聞出版)2回目 葉室麟(58) 『秋月記』

  • ○■ 万城目学(30) 『プリンセス・トヨトミ』 (文藝春秋)2回目 道尾秀介(34)

  • 推理 ミステリー 宮部みゆき 時代 ミステリ 昭和 登場 ベッキー 読んで 人物 北村さん 最後 文学 amazon 舞台 文章 思った 作者 殺人事件 印象 連作 出版 言葉 ターン 覆面作家 空飛 短編集 ファン 部分 先生 興味 高校 芥川賞 展開 東野 再読 記憶 受賞作 雰囲気 読了 個人 日記 紹介 彼女 ラスト 読める 読んでい 犯人 有川 部屋 登場人物 好きな 久しぶり 北村薫さんの 書かれ 道尾秀 世界 文春 円紫さん 男性 哲也 新潮文庫 江戸川 乱反射 角川 辻村深 ドラマ 生きる 本格 amazoncojp 自身 購入 初期 魅力 社会 自分 北村薫さんが 主人公 描写 第回 読みたい 続編 出てき 一緒 最終 素晴らしい 講談社文庫 途中 以上 昨日 村上 isbn 推理作家 先日 秀介 刊行 素敵 本屋 巻末 著者:北村薫 感想 龍之介 ライト 完結 荻原 米澤穂 良かっ 非常 思ってい 回直木賞 ホームズ 会社 小川 分から 以下 恩田陸 結果 薫氏 読みまし 読んでみ 出版社 登場する 伊坂 作品 二人 この作品 芥川龍之介 日常 発行 直木賞受賞作 文春文庫 以前 玻璃 ニッポン硬貨 読むの 昭和初期 過去 言われ 鮎川 子供 読破 大人 面白かった 書かれて 楽しめ 読むと 心配 個人的 かもしれません 気がし 結局 歌野晶 連載 死体 memo 元推理文庫 てしまいました 推理作家協会賞 万城目学 鬼の跫音 姫君 違和感 大切 世代 変わっ 角川文庫 ネット 読んだ 出来 読み終わっ 読むこと 作目 日本推理作家 思いました 角田 リセット 佐々木 東京創元 参考 筒井 知れない 第回直木賞 言って 秋月記 絵本 掲載 シリーズ コンビ 三島 創元推理文庫 崩壊 描いた 大沢 セリフ エピソード 満足 直木賞を受賞 素直 キャラクター 思うの 紙魚家 構成 楽しめる 衝撃 勿論 編集者 指摘 住処 三浦しを おめでとうござい 思うと 日本推理作家協会賞 プリンセス・トヨトミ 結末 思います 北村薫宮部みゆき 楽しい 思えば 分からない 大変 シーン 不思議 描かれ 研究 キャッチコピー 追記 スキップ 師匠 行動 覚えて 直木賞は北村薫 松本 意識 中心 予定 上手 読もう 少ない 夢中 恐怖 青年 形式 地獄 ダブル 探偵役 実際 太郎 周囲 第141 明日 読みたく 若者 父さん 驚いた 終の住処 ちくま文庫 関係 気づい 本格ミステ 持って 例えば 残され 好きなん 月の砂漠をさばさばと 珍しい 頑張 分かる 第三 読んでいる 同様 続いて 詳細 載ってい 全員 一作 悪かった 意味 対して 読んでない 仲間 言えば 帰って 見たい 移動 書かれてい 完全 小説 収録され 感じられ 帰宅 思ったの 全部 久々 説明 ではありません 考えている 選ばれた 受けた 高校の国語 タイトル
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.039 0.154 0.539 0.033 0.497 0.184
    やや弱いやや強いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 138563.2999999615

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発