13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    レヴィナス

    書籍 関連語 筑摩書房 ヘーゲル 法政大学 アリストテレス 形而上学 講談社学術文庫 内田樹 現象学
    0 .
  • ○■ レヴィナス

  • ○■ ……ってぼやきつつ、冒頭にもどりましょうか ……

  • ○■ 「ママン、まだ帰ってこないよ」

  • ○■ 「ウンコではなく、ウンコをつくる〝。造機〟だな」

  • ○■ ……ということで?写真は、撮るだけとって載せていなかった一枚から

  • ○■ 「知るかよ、ボケっ!」

  • ○■ --e.レヴィナス(西谷修訳)『実存から実存者へ』講談社学術文庫、1996年

  • ○■ 次第です 外の主体 著者:エマニュエル レヴィナス 販売元:みすず書房 amazon.co.jpで

  • ○■ --- そう 「私たちは全員をひとしく愛することができません」のです 「私たちは全員をひと

  • ○■ 個人として人類全体に帰属しているということをとりあえずわきにおいて、かかわっています彼は隣人として、最初

  • ○■ 互いの間に何も共通項がないことを証立てることである触れ合いは、何か共

  • ○■ ソワ・ポワリエ(内田樹訳)『暴力と聖性--レヴィナスは語る』国文社、1991年 ----- そう

  • ○■ かったエマニュエル・レヴィナス『困難な自由』(法政大学出版局)その顔を覆い隠し

  • ○■ がえのないものです」けれども「私たちは全員をひとしく愛することができません……」わけなんですね だからこそ、愛とは「

  • ○■ っています彼は隣人として、最初に来た人として、私にかかわっています彼はまさにかけがえのない人

  • ○■ るわけです彼の顔のうちに、彼がゆだねた内容にもかかわらず、私は私あてに向けられた呼びかけを読みとりました彼を放置してはならない、

  • ○■ の前で一個人なのではなく、何ものかをめぐって他者たちとともに個々人なのである個人とは共犯者なのだ

  • ○■ たような秩序のうちにあるとき、他の人間は、彼がおおぜいの人間たちの間で占めている位置とはいったん切れて、私とかかわっています私たちが個人として人類全

  • ○■ いは、何か共通のもの、ある考えや利害、営みや休息、あるいは「第三者」への関与によって成立する人びとはただたんに他者の

  • ○■ 存在しないのかもしれませんし、「かけがえのないものたち」(uniques)を見失った全体というものもないのかもしれません 3

  • ○■ 個人とは共犯者なのだ--レヴィナス(西谷修訳)『実存から実存者へ』講談社学術文庫、1996年 ----- 希少

  • ○■ ものよりも断片的であった--ドストエフスキー(亀山郁夫訳)『カラマーゾフの兄弟2』光文社、2006年 -----

  • ○■ をいかんなく表現している--e.レヴィナス(西谷修訳)『実存から実存者へ』講談社学術文庫、1996年 ----- こん

  • ○■ したがらないということなのだ--エマニュエル・レヴィナス(西谷修訳)『実存から実存者へ』講談社学術文庫

  • ○■ 内田樹訳)『暴力と聖性--レヴィナスは語る--』(国文社、1991年) -----

  • ○■ 係がそれです! ポワリエ質問を繰り返すことになりますが、私たちは全員をひとしく愛することができません私たちは優先順位をつけ、

  • ○■ 愛することができません…… レヴィナスまさしく、それゆえに、私たちは、私が倫理的秩序あるいは聖性の秩序あるいは慈悲の秩序あるいは愛の秩序あるいは慈愛の秩序と呼ぶものから出てゆかねばならないのですい

  • ○■ であり、「全員」(tout le monde)を愛することは原理的には不可能なんですね まさ

  • ○■ (fyodor mikhaylovich dostoyevsky,1821-1881)は強烈な理想主義者(人。志向)であると同時に

  • ○■ 意思疎通(communication)ないし合一(communion)である諍いをすることは、互いの

  • ○■ -- ハイデガー(martin heidegger,1889-1976)は、人間の存在(現存在,dasein)の

  • ○■ 用したレヴィナス(emmanuel 。。vinas,1906-1995)の文章だけは最後に読んだわけですけども、深く突

  • ○■ ト(immanuel kant,1724-1804)が指摘している通り、哲学とか倫理学といった学問

  • ○■ ク(gayatri chakravorty spivak,1942-)のそれでね☆ いずれにしても、流出と

  • ○■ ス(aristotle,384.bc-322.bc)を引くまでもなく、すべての事物の存在根拠として

  • ○■ uel lévinas,1906-1995)の言葉をどうしても思い起こさずには居られません -

  • ○■ 法政大学出版局 amazon.co.jpで詳細を確認する

  • ○■ 、他人(l'autre)はもうかけがえのないものではなくなりますこの聖性の価値--そ

  • ○■ い唯一性(unicite)に対する異議申し立てです --エマニュエル・レヴ

  • ○■ 「かけがえのないものたち」(uniques)のあいだで比較を行うという要請が、彼らを共通の種属に還元するという要請が出てくるわけですこれが始原的暴力(prem

  • ○■ 実存から実存者へ (ちくま学芸文庫) 著者:エマニュエル レヴィナス 販売元:筑摩書房 amazon.co.jpで詳細を確認する

  • ○■ になれば、他の人たち(les autres)との関係を排除することも、無視することもできなくなりますここで選択という問題が

  • ○■ カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫) 著者:ドストエフスキー 販売元:光文社 amazon.co.jpで詳細を確認する

  • ○■ 「内存在性からの超脱」(des-interessement)を果たしながら、今度はいったい誰が際立って他なるもの(autre par excellence)であるのかを特定することを迫られるのでは

  • ○■ るわけですこれが始原的暴力(premiere violence)ですかけがえのない唯一性(un

  • ○■ というのも「全員」(tout le monde)という言葉が口にされたとたんにすべてが変わってしまうからですその場合には、他人(

  • エマニュエル 細君 販売元 文庫 エマニュエル・ 実存 家参 宇治家参 emmanuellévinas 暴力 --エマニュエル amazoncojp 著者 職場 市井 次第です 理解 関係 詳細を確認する 講談社 個人 ……という 表現 amazoncojpで詳細を確認する 共通 市井の職場 家参去です 人間 宇治家参去です 今日 文庫著者 部分 読んで ……など フランソワ 同時 --エマニュエル・ 著者:エマニュエル 私たち 強烈 否定 利害 他人 隣人 用事 指摘 国文社 場合 出版 唯一 国文社年 著者:エマニュエルレヴィナス販売元 本日 実感 レヴィナス老師emmanuellévinas 休息 ではありません 関して 学生 レヴィナスemmanuellévinas 法政大学出版局 叢書 対して 到来 筑摩書房 冒頭 的には 本当 今回 優先 通信教育 息子殿 存在 日常 思って 帰属 生きている 真理 ポワリエ内田樹訳暴力と聖性 言えば 他者 応答 行動 かも知れません 目的 仕事 関与 唯一性 最大限 ユダヤ 相互 生じる ておりますので 流通 論文 立てる 言語 否定でき 岩波文庫 秩序 義務 文学 自分自身 レヴィナス合田正人訳 概念 還元 帰省 ……との という事態 純粋 にもかかわらず てしまいました 学問 要請 ドストエフスキー 大変 先生 スルー アリストテレ 現象 意味 共同 態度 東京 世界 不可能 成立 生命 恐怖 光文社古典新訳文庫著者 ところでしょうか 私たちは 真剣 ……ということで 卒業 放置 人間的 他者たち --そして という意味 課題 事件 余裕 評価 ……とのこと 自体 我慢 結婚 のかも知れません 説明 しておりました 的暴力 季節 かけがえのない 化され 帰宅 大切 スイマセン 知って 内存在性 からの超脱 自覚する わけではありませ 残念 販売元:光文社amazoncojpで詳細を確認する 向かい 存在して 時代 結果 心がけて なってしまいます 思うのです することができ しておりますので 思ってい 同士 生きる という問題 その意味 自由 ているのですが 人たち 思わざるを得ませんが 読んだ 知ること 利用 言うと のかもしれませ 性から 今度 必要 言葉 ……これ 向けられた とき他の人間 化された 向かって というところでしょうか ならないのです ものではありませ 性とは ということである 最近 うと思います になってしまう になってしまい てはなりません だと思います うかと思います なのでしょうか 場合には とのことだそうです しておりますが ておりましたが ていないという ておりましたので してしまいました ていたのですが
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.037 0.176 0.498 0.032 0.450 0.184
    僅かに強い少し弱い強い僅かに強い強い僅かに強い
    total 41978.70000000202

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発