13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    天智天皇

    書籍 関連語 聖徳太子 万葉集 平安時代 平城京 日本書紀 水時計
    0 . 1 .
  • ○■ 一番、夜が長い日ゆえ、、、 闇に包まれた夜、冷たい北風が吹くそんな夜はやはり亡くなった人を思う日であったのでしょうか

  • ○■ ということで、ブログのネタがまったくありません

  • ○■ でも夜は勉強をしたがるので、これはこれで困ったものです

  • ○■ でも、毎日この時間に起きているので 目がさめてしまいました

  • ○■ そのときの遺物が、ここにある「火袋」で、当時、ある人が貰いうけ庭に飾っていたところ家運が傾むき“土蜘蛛の祟り”といわれたので、東向観音寺に奉納したという

  • ○■ ぜひ、一度訪問してコメントをお願いします

  • ○■ これからいよいよ寒くなるのですが、日差しはこの日を境に少しづつ戻ってきます

  • ○■ 推古天皇は592年

  • ○■ 右大臣は蘇我山田石。麿

  • ○■ と書かれていますが、斉明 天皇 7年の所には、捕虜になったことは書いてありません

  • ○■ そこで、 日本書紀 の作者は、次のような文章を挟んでいます

  • ○■ しかし大宮人のほうは、 変 であり 不幸 だった…と

  • ○■ そして、皇位を受け継ぎ、天智天皇となられています

  • ○■ 中国人が支配していたのは、そればかりではありません

  • ○■ そして、唐は、百済の国民を奴隷として、日本へ連れて来たように思われます

  • ○■ ▲「 ここに大友皇子、走りて入らむ所無し

  • ○■ 中大兄皇子もその保守派の一人だった

  • ○■ 『日本書記』に、671年の4月25日(太陽暦では6月10日)に天智天皇が漏刻(ろうこく=水時計のこと)を新しい台に置き、鐘や鼓で人々に時刻を知らせたとの記述があることによる

  • ○■ ■中大兄(天智天皇)が三つの山を詠んだ歌 [13] 香具山は 畝傍山が いとしいと 耳梨山と あい争った 神代のころから こんなふう むかしも そうだったから いまの世も 人は 恋人 を 争うのかも

  • ○■ タグ: 飛鳥蘇我氏推古天皇聖徳太子

  • ○■ そして我々が参道の方を見ているのを確認して 「今だっ!」 と、駆け抜けて山に逃げたのだろう

  • ○■ さて時間がないので、またjogで移動

  • ○■ こういう簡単な構造であるわけです

  • ○■ 大津京へ移った時には、天智天皇には、〔白村江の戦い〕は、唐と新羅と百済に騙されて出兵したことに気がついていたのではと考えています

  • ○■ 時の記念日には何時も取りだして、何時も12時6分前の此の時計を机の上に飾っています

  • ○■ [82] さみしさがつのる はるかな空から しぐれが 流れ落ちるのを 見ると

  • ○■ ■皇后の歌1首 [153] 大きく広がる淡海の海[ 琵琶湖 ]の 沖遠く漕いでゆく船 岸近く漕いでゆく船 櫂のしずくをはねずにおくれ 若いとき夫の好きだった鳥が飛び立ってしまうから■石川の夫人の歌1首 [154] さざ浪の 大山 の山守が 山に標(しめ)を結んでいる いったいだれのため もう大君もいらっしゃらないのに

  • ○■ ■持統天皇が 吉野 の宮に行幸されたとき、柿本人麿(660-720ごろ)のつくった歌 [36] あまねく国を治められる わが大君の すべられる 天下に くには 数々あれど 清らかな 山や川に囲まれた お気に入り の 吉野のくにの 花の散る 秋津の野辺に 宮柱も太く ご着座されると あまたの 大宮人が 船をならべ 朝夕 競うように 川を渡り 集まってきます この川が 絶えることなく この山が いつまでも高いように 水のたぎる 滝の都は 何度見ても 見飽きることがありません

  • ○■ 壬申の乱は、複雑な背景のために、これまで、 中国 と日本の戦争と書いた方は、田村誠一氏よりほかに居られません

  • ○■ さて紅葉を堪能した後は、山道を歩きます

  • ○■ これまで、何を追求していたかと言いますと、 日本書紀 に拠れば、天智天皇は、中臣鎌子の助けを借りて、次々と政治を行ってきたように書いてありますが、女性の天皇の最初の推古天皇が誕生した時から、中国の支配を受けていたのではと疑ってきました

  • ○■ ■紀伊の国にお出でになった川島皇子(かわしまのみこ)[天智天皇の皇子、657-91]のつくられたお歌、あるいは山上憶良[660?-733?]の作とも [34] 白波寄せる 浜の松 その枝に結ばれた 手向けの幣(ぬさ)は どれほどの歳月を へているのだろう [思うのは、謀反の罪で処刑された有間皇子(ありまのみこ、640-58)のこと]■紀州の背の山を越えたとき、阿。皇女(あへのひめみこ)[天智天皇の娘、亡き草壁皇子の妻で、のち元明天皇となる]のつくられた歌[亡き夫への鎮魂歌] [35] これだったのだ 大和にあって わたしが恋い焦がれていた 紀州路にあるという その名のとおりの 背の山は

  • ○■ 天智天皇は、父が舒明天皇、元正天皇は父が草壁皇子

  • ○■ 天智天皇十年四月の条には次のように書かれています:

  • ○■ 天智天皇自身は近江京で大往生したことは「書紀」に明記してあり、皆楽しく舟遊びをして戻っているのだ

  • ○■ った時、 その兄、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)=天智天皇に見染められて召され、 その

  • ○■ 皇,天武天皇,額田王,野守は見ずや君が袖振る,なのだ お寺とか仏像はリズ

  • ○■ 今日、6月10日は「時の記念日」です ご存知の方も多い

  • ○■ に遣わした 672 年 6 月 26 日 ③ 佐。連男を筑紫に遣わした ④

  • ○■ 田氏の「人麿の運命」に引用された 旧大系本 を中心に解説するものの、手元の 新大系本 や

  • ○■ 路面電車を持つ自治体が「路面電車サミット」を開催、「ろ(6)でん(10)」(路電=

  • ○■ 書紀 に書かれていますが、 日本書紀 に書いてあるだけに、私は信用できないと思っています

  • ○■ 行記念日】 1949年(昭和24年)に「社会教育法」が公布・施行されたことを記念して制定された【源信忌】 『往生要集

  • ○■ ラメル自体は1899年(明治32年)の同社創業時より販売されていた【社会教育法施行記念日】

  • ○■ 天智天皇

  • ○■ す 十三重の塔 藤原 鎌足を祀るため、678年に、長男の定慧が建てた塔です(1532年再建) 塔

  • ○■ に山科区は京都市の中心 街から離れているが、天智天皇の晩年が淋しかった訳ではない中臣鎌足(藤原鎌

  • ○■ 述べた これに対し長 妻議員は、 「今の説明っていうのは多分、国民の皆さんわからないと思うんですね つまり、財源が大変

  • ○■ 「これは誰の歌だ 天智天皇?」 「中大兄皇子と言って、大化改新の中心になった人物なんです

  • ○■ きます第一問672年、 天智天皇の死後、○○○○○と●●●●が皇位を巡り内乱を起こし

  • 皇子 天武天皇 中大兄皇子 即位 壬申 持統 皇女 白村 大海人皇子 古墳 有名 明天皇 古代 人々 中国 関係 朝鮮半島 建立 皇后 藤原鎌足 斉明 時代 記念 崩御 蘇我 伝説 名前 斉明天皇 漏刻 政治 新羅 女帝 記述 言葉 額田王 重要 権力 昭和 必要 大和 今回 一族 時期 王朝 文化財 聖武天皇 行幸 残って 制定 書いて 以前 明治 琵琶湖 行われ 向かっ 説明 祈願 記事 残念 支配 死後 昨日 大陸 謀反 大化 言われ 白村江 日本人 舒明天皇 近鉄 豪族 不思議 皇極天皇 調査 高句麗 面白 生活 安置 二人 対して 人間 東京 寺院 大切 考える 大阪 参道 以来 結果 大伴 クーデター 内大臣 勅願 紹介 誕生 途中 周囲 百済 様子 中心 後半 内容 何度 代表 亡くなっ 可能性 大正 気持 滅亡 書記 持って 臣下 香具 推古天皇 太陽暦 時の記念日 戦争 元明天皇 出来 確認 登場 十三 一般 ブログ 詳しく 思われる 伝えられ 解釈 当時 筑紫 神武 天文台 正確 最古 変化 歩いて 渡来 最高 10 先日 指定 思った 臣鎌 様々 由来 自分 年前 多くの 言われる 焼失 記紀 森永製菓 桜井 一首 変わら 鎌倉時代 歴代 古今 完成 かもしれません 意味 改善 ことになります 言えば 近江大 十四 現存 献上 始まっ 見学 古今和歌集 知って 滅ぼされ 宗教 思ってい 鮮やか 漢字 連合軍 石仏 諸説 遺構 生まれ 結局 残ってい 翌年 共同 書かれてい 牽牛子 先祖 遷都 重要文化財 麻呂 聖徳太子 唐・新羅 別名 全体 天武・持統 時間 今日 背景 吉野 向こう 月日 移動 立って 仕方 残っている 確かに 日本書記 路面 春秋 広がり 文字 太陽 大敗 史上 男性 案内 朝廷 飛鳥 パソコン 場合 王子 常識 計画 自転車 意識 70 行って 行った 機会 成長 大津京 記憶 通って 思われます 秋山 子孫 出てき 感心 本堂 大田 使って 知られ 通過 変わっ 使用 駅前 合理 禁止 だと思います wikipedia 存在 滅ぼした 風情 作品 攻撃 現地 今度 四季 同時 ミルクキャラメル 命じて 起こした 考えてい 政府 明らか 受けて 普及 回答 11 新聞 反対 大変 古代史 年度 権力者 以降 この時期 行われた 残されて 近くに 生活改善 近江国 非常 場所 再建され 歴史的 正式 先頭 向かった 広がる 五十 一緒 てしまいました 鐘鼓 活動 最後 書かれています かも知れませ
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.031 0.161 0.534 0.025 0.498 0.169
    やや強いやや弱いやや強いやや強いやや強い比較的強い
    total 216693.90000011318

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発