13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    織女星

    時季 関連語 アルタイル 七夕祭 織姫 彦星 牽牛 棚機 天の川 わし座
    0 . 1 .
  • ○■ 織女星

  • ○■ 七夕に降る雨を「催涙雨(さいるいう)」または「洒涙雨(さいるいう)」といい、織姫と彦星が流す涙だと伝えられている

  • ○■ 『七夕の織女星と牽牛星の伝説とは-wikiより-』

  • ○■ 天津橋の歩道には天の川に対置して織女星とけん牛星をあしらったタイルがはめ込まれている

  • ○■ 夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座アルタイルで働き者の2人はめでたく夫婦になる

  • ○■ このため天帝は怒り、2人を天の川を隔てて引き離した

  • ○■ 七夕は7月7日でした

  • ○■ 「織姫と彦星の仕事」は、『機織り』と『牛飼い』です

  • ○■ 昭和62)年に社団法人化されたことを記念して制定 この日が選ばれたのは

  • ○■ ことから 「スリーセブンデー」 日本遊技機工業組合が1995(平成7)年に制定 「ポニ

  • ○■ 制定 七夕に因んで意中の人にプレゼントをする日 サマーバレンタインデー

  • ○■ 願いします人気投票に、応援のクリックをお願いします

  • ○■ 「香りの日」 全国化粧品小売協同組合連合会中部ブロックが1991(平成3)年に、七夕にちなんで「

  • ○■ の川をはさんだ織女星(ベガ)と牽牛星(アルタイル)が七夕伝説の星です「お兄さんがはやく元気

  • ○■ から作られました 「サマーバレンタインデー」 サマーバレンタイン実行委員会が1986(昭和61)年に制定

  • ○■ る日として制定 「ギフトの日」 全日本ギフト用品協会が1987(昭和62)年に社団法人化されたこ

  • ○■ どが制定したもの 「ゆかたの日」 日本ゆかた連合会が1981(昭和56)年に制定 七夕の

  • ○■ 連合会が制定 「冷やし中華の日」 この日は二十四節気のひとつ小暑となることが多く、夏らしい暑さ

  • ○■ は新暦の七夕です七夕は年に一度、おり姫星(織女星【こと座のベガ】)と、ひこ星(牽牛星

  • ○■ 女星(こと座のベガ)は天帝の娘で機織の上手な働き者ですそして、牛飼いの牽牛星

  • ○■ 天帝は怒り二人を天の川を隔てて引き離しましたしかし、年に一度、7

  • ○■ と織女が天の川で年に一度出会う日ということから 「スリーセブンデー」

  • ○■ が二十四節気の「小暑」となることが多く、夏らしい暑さが始る頃であることから ポニーテールの日

  • ○■ も呼ばれる催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている↑亀屋良長「星に願い

  • ○■ は中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られる織姫は天帝の娘で、

  • ○■ ふみひろげづき)」の略で七夕のための文を開くことからなどなど諸説あるようです 今日の産経新聞朝刊に

  • ○■ 婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、 夏彦は牛を追わなくなった このた

  • ○■ 「七夕」に短冊に願い事を書いて笹の葉に結びつけるとそれが叶うという風習が生まれましたこういう

  • ○■ てくれそうな 七夕には星あい(星合い、星合)という別名もありこの日に降る雨 は

  • ○■ 年にに制定 七夕伝説の「天の川」のイメージがあり、7月は「河川愛護月間」であることから 「カルピスの日」

  • ○■ )年に、七夕にちなんで「化粧品を買ってプレゼントしよう」と販売促進のために提唱しました 「竹・たけのこの日

  • ○■ 夜の星を」歌いながら、空を見上げてみませんか?でも、今晩は梅雨前線でおかげで、星をながめるこ

  • ○■ と日本にはない風習なので、稲の「穂含月ほふみづき」や「含月ふくみづき」から転じたと言う考えもあります 「文月」の意味は

  • ○■ いる織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった夏彦星(彦星、牽牛星)

  • ○■ に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」といいます 仏教が伝来すると、

  • ○■ あい'''(星合い、星合)という別名があるまた、この日に降る

  • ○■ 年に制定 七夕の日、女の子は色の附いた糸を結び、7本の針と瓜を供え、裁縫の上達を祈り、衣類に感謝していたという中国の故事に因み、ゆかたの美しさを見直し親しんでもらおうとの

  • ○■ の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星

  • ○■ )はやっぱり働き者で、天帝は二人の結婚を認めていました やがて、二人はめでたく

  • ○■ 織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなったこのため天帝は怒り、

  • ○■ い星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名があるまた、この日に降る

  • ○■ 星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである夏彦もまた働き者であり

  • ○■ いう中国の故事に因み、ゆかたの美しさを見直し親しんでもらおうとの考えから作られました 「サマーバレン

  • ○■ )という別名があるまた、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる催涙雨は織姫と夏彦が

  • ○■ です 七夕は年に一度、おり姫星(織女星、西洋風には、こと座のベガ)と、ひこ星(牽牛星、西洋風には、わし座のアルタイル)が天の川をわたって会うことを許された特別な日とされています このお二人

  • ○■ を奉じる風習があるので、「文月」といわれるらしいです でも、七夕はもともと

  • ○■ 「ユネスコ加盟記念日」 1951(昭和26)年のこの日、日本がユネスコ(unesco:国連

  • ○■ 73−3987 ☆★☆★☆★☆★☆ 明日7月3日(甲寅きのえとら友引)はこんな日

  • ○■ とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう元来、中国での行事であ

  • ○■ うことができたしかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができないこの日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる催涙雨

  • 行事 生活 月日 時代 隔てて 七夕 天帝 織姫 見上 彦星 楽しく 短冊 牽牛 会うことを 星空 めでたく夫婦 牽牛星 風習 カルピス 星合 上達 年に一度 架けて 和歌 わし座のアルタイル 二人の結婚 時期 催涙雨は織姫と夏彦 渡ること 牛を追わなくなっ 織女星と牽牛 意味 呼ばれる 人を天の川を隔てて 天の川の水かさが 関係 協同組合 制定 歴史 仏教 織姫は天帝娘で機織の この日に降る雨は催涙雨とも 星合い星合という別名 夫婦生活が楽しく織姫 機を織らなくなり 夏彦は牛を追わなくなった 流す涙といわれている 月遅 夏彦もまた 日本 どこからかやってき であることから 夏彦星彦星牽牛星 会うことが 紹介 東京 二人を天の川を隔てて 星の逢引である 催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている このため天帝 この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる どこからかやってきたカササギ 七夕です 棚機 奈良時代 織姫は天帝の娘で機織の上手な働き者の娘であった 橋を架けて 特別 記念 月日だけ天帝は会うことをゆるし天の川にどこからかやってき 全国 生まれ 思います 愛好 イメージ 架けてくれ会うことができた たが夫婦生活が楽しく織姫 旧暦 夏彦もまた働き者であり 昨日 二人の結婚を認めた 神話 ことができない 七夕には星あい星合い星合という別名 こと座のベガ はわし座のアルタイル 天帝は二人の結婚 星合い星合という別名がある 裁縫 銀座 法人 サマー 伝統 協会 各地 中国・日本の七夕伝説では織姫星織女星として このため天帝は怒り二人 二人を天の川を隔てて引き離した 伝来する 事業 またこの日に降る雨は催涙雨とも 二十四節気 実施 牽牛星・織女星 橋を架けてくれ会うことができた にほんブログ 以降 ラクトー 感謝 自分 準備 星の逢引であることから七夕 新暦 とひこ星牽牛星 ことを許され 見つけ 大正 織女星と牽牛星 星ベガ 現在 夏彦星彦星牽牛星はわし 行われて 撮影 好きです 委員会 帰って 伝わり 最初 七夕は年に一度おり姫星織女星 年のこの 記念日 習慣 夏彦もまた働き者であり天帝は二人の結婚を認めた 思ってい またこの日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる 織姫と彦星 1昭和 という意味 空を見上げて 星です かもしれません 知らない 使われ 日ということ 書いて といわれています 願いします ではありません たことを記念 買って だと思います 思いました するようになった 思っていた ているようです
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.029 0.156 0.545 0.024 0.512 0.174
    やや強い少し弱い少し弱いやや強い少し弱い比較的強い
    total 31237.3000000025

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発