13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    催涙雨

    時季 関連語 アルタイル 短冊 七夕祭 織姫 彦星 牽牛 織女星 天の川
    0 . 1 .
  • ○■ 催涙雨

  • ○■ さて、改めて七夕の伝説を

  • ○■ 今日は七夕でございやす

  • ○■ 星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある

  • ○■ めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった

  • ○■ しかし、そんな運命の夜に降る雨を「催涙雨」というらしい

  • ○■ このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた

  • ○■ 七夕の日に降る雨を「催涙雨」と言うそうです

  • ○■ また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる

  • ○■ forever- 約束をした待ち合わせ場所 「相変わらずだね」曇り空の地下 星

  • ○■ ”が僕等試すんだ 空席を埋めて次のステージへ向かおう 「どんな関係?」なんて聞かれたら 友

  • ○■ な 七夕には星あい(星合い、星合)という別名もありこの日に降る雨 は

  • ○■ ただけで涙流れた「どうか今宵こそは逢わせて下さい」 彗星に馳せた 想いは焦がれた約束をした

  • ○■ さいるいう)の宴~スペースシャワー列伝 ~第七十七巻が7月7日七夕に開催決定!】 その名も

  • ○■ のだ 怒った天帝は天の川を隔てて二人を引き離してしまった そして、二人が出会

  • ○■ 帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7

  • ○■ わらずだね」 曇り空の地下 星が無いなら星になればいい 寄り添い合いながら 誓い合いながら

  • ○■ ちてきました 七夕の日に降る雨を「催涙雨」と言うそうです 雲に遮られて会えな

  • ○■ 七夕の日に降る雨のことを、「催涙雨(さいるいう)」と言うそうです織姫様と彦星様

  • ○■ のステージへ向かおうどんな関係?」なんて聞かれたら 友達以上かな… それも少し違うか… “絆”という

  • ○■ も呼ばれる催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている↑亀屋良長「星に願い

  • ○■ 許すまで」 アルタイルとベガの様に 昨日より君を好きでいたいな催涙雨止む頃 カササギよ橋を架けて 僕等を繋いで

  • ○■ は中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られる織姫は天帝の娘で、

  • ○■ 背の低い丘 見渡す景色は想像と違う 「あの頃と比べ前に進めた?」 答え

  • ○■ 地球ん中」 宇宙飛行士じゃないから オゾンより下なら問題ない 「わかってる、すぐ行く」 朝まで騒ぎ

  • ○■ ぐ行く」 朝まで騒ぎたいのでしょう 大切な居場所で ozoneいいですよねーw 最近はまってたりw(トツゼンナニ まあ、url (^з^)つ ■ アニメ版はイミフな歌詞になっちゃってますけど

  • ○■ に 昨日より君を好きでいたいな 催涙雨止む頃 カササギよ橋を掛けて 僕らを繋いで

  • ○■ 絶望の丘 冷めた風がまたストール靡かせた ”年に1度きり”どんな気持ちだ

  • ○■ にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた しかし7月7日に

  • ○■ めた風がまたストール靡かせた 年に一度きり どんな気持ちだ 置き換えただけで涙流れた 「どうか今宵

  • ○■ いてあげるから 明日も笑えたらいいな 辛くて 辛くて 何時死ぬか分かんない だから 我が儘なスピカ星に

  • ○■ 」 彗星に馳せた想いは焦がれた 約束をした待ち合わせ場所 「相変わらずだね」 曇り空の地下 星が

  • ○■ 空の地下 星が無いなら星になればいい 馬鹿にし合いながら愛し合いながら 「ねぇ今、何処?」「地球ん中」

  • ○■ が相応しい 喧嘩し合いながら分かち合いながら 「もう大丈夫?」「まだ無理」 こう

  • ○■ 星になればいい 寄り添い合いながら誓い合いながら 「行かないで」「許すまで」 アルタイル

  • ○■ 、 七夕に降る雨を「催涙雨(さいるいう)」または「。涙雨(さいるいう)」といい、織姫

  • ○■ なったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、 夏彦は牛を追わなくなった このため天帝は

  • ○■ (さいるいう)」といい、織姫と彦星が流す涙だと伝えられているようですよそんな七夕みんなどんなお願

  • ○■ いる織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった夏彦星(彦星、牽牛星)

  • ○■ 夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めためでたく夫婦となったが夫婦

  • ○■ 織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなってしまう このため天帝は怒り

  • ○■ い星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名があるまた、この日に降る

  • ○■ 星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである夏彦もまた働き者であり

  • ○■ )という別名があるまた、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる催涙雨は織姫と夏彦が

  • ○■ を隔てて引き離したが、 年に1度、7月7日だけは会うことを許し、 「天の川」 に

  • ○■ さいるいう)」といい 織姫と彦星が流す涙だと伝えられている願い事はいっぱいあるけ

  • ○■ 七夕に降る雨を 「催涙雨(さいるいう)」または「洒涙雨(さいるいう)」といい 織

  • ○■ に進めた? 答えはnoじゃないだけど足りない 意地悪な”神”が僕等試すんだ 空

  • ○■ とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう元来、中国での行事であ

  • ○■ うことができたしかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができないこの日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる催涙雨

  • 機織 彦星 天帝 牽牛 めでたく夫婦 生活 織姫と夏彦 天の川の水かさが 隔てて 七夕 カササギ という別名 催涙雨は織姫と夏彦 催涙雨は織姫 牛を追わなくなっ 結婚 このため天帝 降ると天の川の水かさが 日本 人を天の川を隔てて 星合い星合という別名 七夕伝説 流す涙といわれている 夫婦生活が楽しく織姫は機を織らなくなり この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる 夏彦もまた 織姫は天帝娘で機織の 夏彦は牛を追わなくなっ 催涙雨さいるいう 彼女 星ベガ 会うことが 織姫と彦星 牛を追わなくなった かし月日に雨が降ると天の川の水かさがし 今年 結婚を認めた 月日だけ天帝は会うことをゆるし 渡ることができ どこからかやってき どこからかやってきたカササギ 夏彦もまた働き者であり 二人を天の川を隔てて引き離した 織姫は天帝の娘で機織の上手な働き者の娘であった 橋を架けて めでたく夫婦となった もまた働き者であり 今宵 七夕には星あい星合い星合という別名 しかし月日に雨が降ると天の川の水かさが増し織姫 またこの日に降る雨は催涙雨とも 夏彦は牛を追わなくなった 星合い星合という別名がある 夏彦も彼女に会うことができない 架けてくれ会うことができた 彼女に会うことができない 会うことができた 織姫は渡ることができず 天の川にどこからかやってき 会うことを たが夫婦生活が楽しく織姫 催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている このため天帝は怒り二人 二人の結婚を認めた どこからかやってきたカササギが橋を架けて 星の逢引であることから七夕 降る雨を催涙 天の川にどこからかやってきたカササギ またこの日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる もまた働き者であり天帝は二人 下さい 月日だけ天帝は会うことをゆるし天の川にどこからかやってき であることから 橋を架けてくれ会うことができた 夏彦星彦星牽牛星 言葉 夏彦もまた働き者であり天帝は二人 中国 座の等星ベガ もまた働き者であり天帝は二人の結婚を認めた 意味 伝えられている 中国・日本の七夕伝説では織姫星織女星として 節供 夏彦もまた働き者であり天帝は二人の結婚を認めた 七夕に降る雨を催涙 台湾 星空 夏彦星彦星牽牛星はわし 女性 彦星が流す涙だと伝えられている 名前 一年 宇宙 地球 はわし座のアルタイルである 約束 当日 として知られている 相変わらず ストール靡かせ といい織姫と彦星が流す涙だと伝えられている 節日 降って 思って 七夕祭 会えなく 見上 七夕に降る雨を催涙雨さいるいう 流した 夏彦星彦星牽牛星はわし座のアルタイルである 七夕でした 天の川浮かぶ 彗星に馳せた想いは焦がれ 晴れて 思ってい 涙流 有名 オゾンより下なら問題 大切 どうか今宵こそは こと座の等星ベガ 合いながら 日本では明治改暦 残念 友達 書いて 時代 思います 絶望の丘冷めた 会わせ 曇り空の地下星が無いなら星になればいい 会えた 気持ちだ置き換えただけ という言葉 約束をした待ち合わせ場所 この時期 行かない 書きまし 調べて 相変わらずだね 同じよう 降る雨のこと 降ってい 世界 晴れている 七夕とは ことはできませ だと思います
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.040 0.183 0.539 0.038 0.495 0.168
    少し弱い少し弱い少し弱い僅かに強い僅かに強い比較的強い
    total 24771.000000001855

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発