13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    文明の衝突

    書籍 関連語 ラテンアメリカ
    0 .
  • ○■ 文明の衝突

  • ○■ その世界の変化とは異なる流れで、わが国では、バブルの崩壊後、膨大な財政赤字を背景に、日本型の豊かさや平等のための再配分方法も破綻し、競争の公平さと結果の分配という市場主義による既存の体制に対する反乱が雪崩現象を起こし、官から民へ小さな政府路線が露骨に選択された

  • ○■ しかし、こうした政策が進んだ結果、逆に明らかになったのは、「他 者との接触が脅威ではないという認識を深める重要性」 と 「グローバリゼーションがもたらす、さまざまな機会をどう活用していけば良いのかを熟慮する必要性」だったのです

  • ○■ 経営統合ありきではなく、経営統合を成功させるために重要な議論を十分に行い、その検討結果として、経営統合ということになることが、この m&a を成功させるためには重要だと思います

  • ○■ 産まれて以来、「文明の衝突」による悲劇を経験したことがなく、「まぁ、なんとなく、みんなが、ゆるーく交わっていければ、いいんじゃないの」で済んでしまうあいまいな国の国民として、果たして持つ必要があるのかひどく疑わしい遠慮を、一本の映画に対して、捧げてしまうのでありました

  • ○■ ところが、どうにも防衛策を講じようがないラテンアメリカ文化の一側面もあるのです

  • ○■ 「他人を待たせては申し訳ない」という意識が文化として定着している国は、そもそも日本だけじゃないでしょうかね

  • ○■ ハンチントン氏の予見通りになりました

  • ○■ サミュエル・p・ハンティントンの『 文明の衝突 』でも指摘されているように、日本が持つ文化

  • ○■ 「孤独な超大国」ハンチントンの「文明の衝突」を再読してみると、なるほど彼の指摘は見事に

  • ○■ 世紀のための平和政策研究機関の最も傑出した例」だと思います図書館でホコリをかぶってい

  • ○■ 平和を軍事的なアプローチで達成するのではなく、「平和な平和的な手段で追求する」という面で,大きな成果を挙げてきました こうした戸田平和研究所の

  • ○■ 」のモットーを掲げて、設立されたのが戸田平和研究所でした 長年にわたり、文化と

  • ○■ な存在が増えていくことが、今の世界で強く求められているのです国際平和研究学会 クレメンツ

  • ○■ 、逆に明らかになったのは、「他 者との接触が脅威ではないという認識を深める重要性」 と 「グローバリゼーションがもたらす、さまざまな機会をどう活用していけば良いのかを熟慮する必要性」だったのです

  • ○■ レメンツ事務局長 過去40年で発展してきた世界的レベルの平和研究所は,いくつかありますなかでも戸田平和研究所は「

  • ○■ 異なる集団との接触を,自国の文化や利益に対する脅威とみなしてきましたその結果、威嚇を前提

  • ○■ ぶっているだけの学術研究は,人々の態度や行動を変えたり、暴力の構造的な原因を取り除いたりする上で、あまり有効ではありません戸田平和研究所の方々は,

  • ○■ 戸田平和研究所の方々は,その事を地悉されていたがゆえに、設立以来、より実践に即した、国家的、地域的、そしてグローバルなレベルでの前向きな平和のイニシアチブを推進する研究に焦点を当ててこられました

  • ○■ の衝突 」を発表し,グローバル化が進む世界において、文化と宗教のアイデンティティーの大きな相違が紛争の第1の原因となると予見しました 同じ年に、「地球

  • ○■ を前提とした軍事政策は,まずイスラム圏に対して広がって行きましたハンチントン氏の予見通り

  • ○■ 調査し研究した上で,その結果を実行段階へと移行させる牽引力となることにあると思います これまで戸田平和研究所は

  • ○■ 価学会 インターナショナル(sgi)の実践を基盤にして、戸田平和研究所は素晴らしいスタートを切ったのです これまで世界の大国は

  • サミュエル グローバリゼーション 自国 イスラム 存在 ハンチン 国際 紛争 研究所 著作 前提 手段 移行 実現 出版 図書館 利益 焦点 重要性 注目 今後 達成 必要性 発表 安全 以来 過去 テーマ 提供 活動 自国の文化 協力 方々 関連 文明間 研究者 掲げて 価値観 思います ハンチントン氏の予見通りになりました 以外 暴力 市民 との接触 人間 歴史 到達 世紀 その意味 求められている 前提とし 必要なの ではありません だと思います あると思います 戦争 言葉 時代 アメリカ 自分 日本人 学者 多様 中国 指摘 可能 主張 雑誌 有名 高度 中心 考えて 可能性 議論 同士 関係 他人 言えば 意識 中東 分かり という言葉 自然 異なっ 相手 膨大 翻訳 要するに 見れば 一定 資本 従来 確立 競争 解消 崩壊 批判 起こっ 主要 イギリス 例えば 大統領 同時 知られ 現実 変化 影響 一般 多かっ 以下 記憶 簡単 仕方 伝統的 今日 出来 当然 確かに 自分たち 政治 理解 かもしれません 残念 紹介 書いて ないでしょうか ているのでしょうか
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.030 0.165 0.533 0.019 0.494 0.174
    やや強いやや弱いやや強いやや強いやや強い強い
    total 28853.500000002336

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発