13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    講談社現代新書

    書籍 関連語 岩波新書 新潮文庫 集英社
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 「昨日、実は参加したいビームをおくりつづけていたのにぃ」って言われていたので、、

  • ○■ 「当たり前」と思うでしょうが じゃあ その「当たり前」だと思うことができているのか どうかを考えてみましょう

  • ○■ 「司馬遼太郎が考えたこと4」新潮文庫、司馬遼太郎

  • ○■ 「わたしの店に入って!」

  • ○■ 実にスリリングな本である

  • ○■ 前述のように、聖書では、この地球上のことは、主に神の影響下にあるものと、悪魔に影響されているものとの二つで構成されているという見方をします

  • ○■ 例えば日常語でいえば、「愛」や「友情」など目に見えない、触れられない言葉があります

  • ○■ 会場こまばアゴラ劇場 公演2010年11月27日(土)~12月13日(月)、詳細要確認 鑑賞2010年12月09日 15:00~16:40(休憩なし) 演目は、平田オリザの著書「演劇入門(講談社現代新書1422)」を髣髴させる

  • ○■ ただし、全体的に貫くものは岩井の体験だから、共感するとかの類があるわけではない

  • ○■ そして、日本の敵基地攻撃論や核武装論について次のように話している

  • ○■ しかし、本当に正座でなければならないのか、いすを使うこと、本当に伝統を破壊することなのか

  • ○■ しかし、『未曾有と想定外東日本大震災に学ぶ』畑村洋太郎、講談社現代新書ではありませんが、安全率(負荷に耐えられる倍率)を高める設計をすることで、乗り越えられるのではないでしょうが(さすがに「もんじゅ」はヤバイと思いますが)

  • ○■ この見方は孫崎享氏が「日米同盟の正体~迷走する安全保障」(講談社現代新書)でした主張とほぼ同じである

  • ○■ いずれにしましてもアリスの物語は永遠のナンセンス・ストーリーとして不滅です

  • ○■ 「発達凸凹」という記述

  • ○■ 「その次を考える」という考えが、私たちの意識に起こるのならば、その考えは私の意識を反映しているはずです

  • ○■ ▼だが、それから60年ほどがたった今も、東西の本願寺は合併しないままである

  • ○■ lt;勝。脳 gt;の鍛え方 (講談社現代新書) クチコミを見る

  • ○■ amazon.co.jp で詳細を見る

  • ○■ 2011/06/01 wed. 01:31 [ edit ] tb: -- cm: 0

  • ○■ (講談社プラスアルファ文庫)

  • ○■ 思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書) を店頭で見つけ、勢いで買って読んだ

  • ○■ どの国でも、それは同じではないでしょうか?

  • ○■ そして私は、先日の娘の風邪をもらってしまったようです・・・・

  • ○■ ○すぐれた他人を真似しても真似できるものではない

  • ○■ 餌の奪い合いの駆け引きを観察すると、豚でも、相手の「意識」を読んだ活動を していることがわかる点から、人間だけが、意識を持っているという考えは、

  • ○■ 内容(「book」データベースより) 金融危機は何を意味するのか?経済は成長し続けなければならないのか?なぜ専門家ほど事態を見誤ったのか?何が商の倫理を蒸発させたのか?ビジネスの現場と思想を往還しながら私たちの思考に取り憑いた病と真摯に向き合う

  • ○■ しかし、この構想は、すでに、あるアーティストに実行されてしまっていたのだ

  • ○■ さらに竹内先生は次のようにも語っています

  • ○■ 鳩摩羅什は、原語のはない「世」をその働きから「世」を付けたのだそうです

  • ○■ 言い古された言葉ですが「空気が読めない(ky)」という言葉があります

  • ○■ 前にも引用しましたが、家持は当然花が微笑むのを知っているのです

  • ○■ そんな世界を500回も繰り返した

  • ○■ 言ってみれば、意識が精神になりきっていない間は

  • ○■ そうなるように徴税当局は世論を操作してきた」 つまり消費税は直接税であり、赤字企業からも取り立てられる中小企業税だという事です

  • ○■ そういった呪縛が、今溶けてきたとして、さて、自分たちは何者なのかがよくわからなくなっているのかもしれない

  • ○■ しかし、他方では、台風の接近も気になるところであります

  • ○■ 「かはほり」(かわほり)とか「蚊。鳥」とか呼びます

  • ○■ 斎藤貴男 『消費税のカラクリ』 (講談社現代新書2059)

  • ○■ わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書) 作者: 池上 彰 出版 社/ メーカー : 講談社 発売日: 2009/07/17 メディア : 新書  ひかるの考えでは、「大もり」といえば、どんぶりに、大盛に盛られた、どんぶり飯を想像していましたが、目の前に出てきたものは、意に反する物

  • ○■ ¥798 amazon.co.jp

  • ○■ 筆者のどこか小説家を神聖視したがる性向には辟易したが、ひとつの戦争記録としてかなり面白く読んだ本

  • ○■ 第2章は「ゆりかごから墓場まで」ということで、「福祉国家」を目指した英国の歴史が概観されています

  • ○■ 私はその性向からして『下る』ハナシはとくいなんですが『上る』ハナシが書けないでいました

  • ○■ 作者: 村上春樹; 出版社/メーカー: 講談社; 発売日: 2004/11; メディア: 文庫; 購入: 3人 クリック: 5回; amazon.co.jpで詳細を見る. 再読

  • ○■ そして午後の講義を終えて、

  • ○■ 「関係する女 所有する男」(齋藤環/講談社現代新書)を読んでいたら、男と女の特徴に関するアメリカン・ジョークが載っていて大笑いした

  • ○■ 「科学者たちはなぜ見誤るのだろうか?」福岡伸一講談社現代新書

  • ○■ 今日は、日本で言うお盆の休みである

  • ○■ さて、前置きが長くなりました

  • amazon 時代 文庫 人間 日本人 歴史 amazonco 存在 読んで 主義 入門 場合 理解 部分 メディア 出版社 生活 個人 説明 方法 可能 考えて 作者 先生 興味 以前 ブログ 発売 非常 福岡 面白 持って 理由 思考 結果 解説 実際 技術 基本 主張 テレビ 書かれ 当然 テーマ 集英社 自体 購入 視点 第一 メーカー 行動 勉強 事件 関して 批判 構造 指摘 評価 一般 記述 論理 池上 ¥amazoncojp 大きく 筆者 状態 活動 初めて 中公新書 印象 様々 運動 販売元 自己 岩波 小説 思った 私たち 背景 生きる 講談社発売日 保障 構成 商品 外交 参考 分かり 学校 学生 書店 新潮文庫 同様 なければならない 本質 同時 子供 安全 言えば 思ってい 感じる 一冊 :講談社 現代新書著者 登場 以上 作品 キリスト 方向 言える 不明 面白かっ 戦略 昨日 消費 かもしれません 限界 岩波新書 結局 以外 選択 以降 分かる 時間 報道 書いた 感想 角川 意図 分から 思われる 学術文庫 販売元:講談社 自分 生物と無生物のあいだ 必要 興味深 池上彰 共通 後半 大きい 著者 読んでい 本書 海外 完全 終わり 講談社学術文庫 実験 雑誌 ではありません 発展 世代 変わっ だと思います 読んでいる 身体 新潮新書 意外 政権 持っている 上記 常識 現代新書作者 仕方 読者 という言葉 我々 先日 昭和 現象 ネット 出版社メーカー 個人的 出版社メーカー講談社 産業 当たり 話題 感じて 見つけ 記者 正体 ルール 学習 違和感 クリック 知的 本当 新潮社 想像 文明 与える 読んだ 家族 体制 佐藤 リスク ブックス 予定 マスコミ bygtools 社会 少なくとも 入って 高度 昨年 始まっ 同じく 最新 姿勢 国内 以来 京都 東大 具体的 担当 平凡社 不完全性 カラクリ 文春文庫 レビュー アメリカ 課題 読んでみ 問題 年前 観点 確定 目標 紹介 事態 内容 世間 コメント 範囲 集英社新書 電話 競争 言って 教室 民主 依存 連載 世界 要求 困難 態度 発表 前半 絶対 改めて 次のよう 誤解 発生 想定 適切 出して ランキング 生まれ はないでしょう 動的 思える 今回 出てき 感情 必要がある 普通 検討 本です 確認する 特別 参照 再読 万人 三郎 最後 述べた 直接 本を読んで 挑戦 積極 中公文庫 ではないでしょう 示して 推進 歴史的 講師 見解 分かっ 勝手 関しては 紹介され 差別 正義 再生 安全保障 見ている 述べて 流行 最終的 のかもしれない
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.160 0.535 0.023 0.498 0.176
    total 343087.6000004159

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発