13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    国民固有

    政治 国際 関連語 政権交代 地方参政 地方参政権付与 日本国憲法 特別永住 社民党 外国人参政権 外国人地方参政権
    0 . 1 .
  • ○■ 国民固有

  • ○■ 「それは党の問題でしょう

  • ○■ 「きょうの(産経の)報道で初めて知りました

  • ○■ 第93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する 日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に 在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の 選挙の権利を保障したものということはできない

  • ○■ 第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、 国民固有の権利 である

  • ○■ 日本の民主主義は、日本という国があるから成立する

  • ○■ だが、憲法15条は首相を含む公務員選定を「国民固有の権利」と定めている

  • ○■ 員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する 4 すべて選挙にお

  • ○■ とすることではない永住外国人に地方参政権を付与することは、日本が旧来の縛りから脱皮し、閉塞感

  • ○■ 氏は3年以上も民主党の代表を務めてきたではないか 仙谷氏も6日の記

  • ○■ 固有の領土でありながら、韓国に不法占拠されている竹島問題や「慰安婦」問題などが存在する多くの

  • ○■ 都内で総会を開き、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について、政府が法案を国会提

  • ○■ 同17)年に韓国が永住外国人に地方参政権を付与する法改正を行ったことから、「相互主義」の観

  • ○■ へ 日本に居住する永住外国人への地方参政権付与を目指す民主党の議員連盟が30日に政権交代後初めて

  • ○■ すみやかに撤回すべきです次回も 時事エッセー です

  • ○■ する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の 選挙の権利を保障したものということはでき

  • ○■ と警鐘を鳴らした 北京五輪の聖火リレーで、日本各地から中国人が長野市に結集、五星紅旗(

  • ○■ (公務員の選定・罷免を国民固有の権利と定めた)憲法上問題があり、拙速な結論を出すことは

  • ○■ 、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない 第 23 条

  • ○■ 華族その他の貴族の制度は、これを認めない 3 栄誉、勲章そ

  • ○■ 日夜、遊説先の大阪市内で記者団に「(外国人に投票権を認めるのは)憲法違反ではないか」と問われ、知らん顔を決め込んだ だが、憲法15条

  • ○■ 国民要件法定] 日本国民たる要件は、法律でこれを定める憲11条[基本的人権

  • ○■ 団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する 第 29 条

  • ○■ を選定し、これを罷免することは国民固有の権利である」とする条文や、 平成7年2月28

  • ○■ その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める 3 児童は、これ

  • ○■ 挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない 第 16 条

  • ○■ 、 党員・サポーター登録さえすれば在日外国人も投票権を行使できる これまでも国政への外

  • ○■ 党員・サポーターに外国人がどれだけいるかさえ把握していない国のあり方と将来につい

  • ○■ 機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない 第 21 条

  • ○■ 「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言選挙で支援認める」 ttp://sankei.jp.msn.com

  • ○■ いう人物が「党の問題」で済ませてよい話ではないまして小沢氏は3年以上

  • ○■ 記者会見)と述べていたが、6日には「次の執行部に委ねたい」と先送りを表明した 赤松広隆前農水相は1

  • ○■ ながった」と礼を述べ、輿石東参院議員会長は7月の参院選で選対本部に民団山梨県地方本部の推薦決定通知書を掲げた 民主党は党員・サポ

  • ○■ 罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる

  • ○■ 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する 4 すべて選挙にお

  • ○■ 、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない 2 何人も、宗教

  • ○■ 項の「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」に違反するというのださらに平沢氏は、外国人以

  • ○■ 与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する 第 15 条

  • ○■ する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする 第 14 条

  • ○■ ました民主党の問題なので、党の執行部の方で今後検討されるんだろうなと思う」 今ごろ問題点に気付

  • ○■ ということであればそうでしょうし、僕に聞かれても分からない」 小沢氏は5日夜、

  • ○■ に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる 第 12 条

  • ○■ の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない 第 25 条

  • ○■ 法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別され

  • ○■ の参政権を認めることは、わが国の歴史に大きな汚点を残すことになるとともに、日本国崩壊への序章とな

  • ○■ 氏も6日の記者会見で、やはり憲法違反の疑いを問われ、こうとぼけた 「 きょうの(産経

  • ○■ 2地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する

  • ○■ 法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する 2 すべて国民は

  • ○■ 処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない 第 19 条

  • ○■ 有する 2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない 第 26 条

  • 罷免 参政 選挙 選定 政権 永住 地方参政 罷免する 問題 国民固有の権利である 法律 外国人参 公務員を選定 永住外国人 参政権 行為 外国 制度 これを罷免することは 代表 保障 幹事 及びこれを罷免することは国民固有の権利である 自民党 以上 産経新聞 基本 小沢 公共 議論 韓国 対して 民主党 在日本大韓民国民団 指摘 必要 定める 関する 責任 要件 経済 現在 意味 制定 人権 会長 批判 在日外国 認める 法案 政治的 外国人地方参政権 以下 外国人地方 決議 全国 尊重 地方参政権付与 移住 実現 立法 対象 関して 在日韓国人 重大 議会 可能性 今回 外国人への 社会的 福祉 会見 外国人への地方参政 提出 権を認める 投票権 有する 特別永住 特権 人間 場合 侵害 救済 居住 なければならない 損害 大きな 外国人に地方参政権 外国人に地方 義務 分かっ 保持 付与する 第条 衆院選 参院選 永住外国人への 犯罪 立場 参政権を認める 行使 幸男 農水相 引用 参政権を与える 法律の定める 一部 日本人 総選挙 政治資金 憲法15 認識 人物 永住外国人への地方参政 憲法第15 枝野 本来 公的 最大 自体 時点 協力 委員 強要 51 執行 発足 祝典 赤松広隆 在留 在外 党員 当時 対応 正当 概念 関しては への参政 今後 長官 中国人 不法行為 有利 絶対 捜査 弁護士 自分 圧力 しなければなら 何人 本部 すべて国民 民主党幹事 大臣 当選 成立 権を付与する 幹事長 集会 規定 マスコミ 生命 秘密 集団 維持 憲法上 感情 目指 参政権を付与する 選択 ケース 求める 直接 外国人に参政権 明らかに 付与法案 言えば 永住外国人に地方 献金 勝手 露呈 利害 重要 輿石 首長 意見 自身 検察 不当 対策 変更 レベル 展開 外国人への参政権 道徳 言うまでもなく 理解 団体 分から 事柄 秩序 明白 司法 存在 奉仕者では 無償 理由 一人 官房 基本的 政治資金規正 言われ 選挙権 国政 平等 しなければならない 認めない 個人 反論 この憲法 公務員選定 離脱 考えます 以外 不正 皆さん 日刊 気付 応援 合意 00 与えること サポーター 今日 3公務員の選挙については成年者による普通選挙を保障する 参政権付与法案 成立させ ではありません 違反 及び法律 権利及 財産権 児童 石川 因みに 国家 破壊 手段 公共の福祉 恐怖 交渉 公共福祉の 全力 強烈 永住外国人に地方参政権 左右 述べて 否定 都内 賛成派 思います 最後 24 確定 思って 具体 一切 回目 執行部 地方参政権選挙権 議員 基本的人権 思える 付与すること 上記 通信 永住外国人への参政権 唯一 地方公共 人の地方 我々 必死 夫婦 反対 配信 対しても 小学生 保護 程度 日本固有 中央 法案について 一方 受けない 外国人の地方参政 失敗 驚くべき 発生 権力を行使 男性
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.024 0.146 0.548 0.014 0.522 0.172
    total 57895.99999999021

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発