13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    吉田昌郎

    ニュース 関連語 原子力発電所 放射線 菅直人 福島原発 海水注入 福島第一原発 放射能物質 メルトダウン
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 .
  • ○■ 瀬尾試算) 「電気出力100万キロワットの原発を数年運転すると、瀬尾試算では、1万3600京

  • ○■ 募らせた結果、東日本大震災翌日の3月12日早朝に急遽(きゅうきょ)、現地に乗り込んだ

  • ○■ るが、移送費や低濃度汚染水の処理費は含まれていない また、福島第1原発事

  • ○■ テレビに大写しになった吉田所長は、うつろな顔をしていた 会社の判断を無視し

  • ○■ は)困る』と第1原発の吉田昌郎所長(当時)に伝えた」と証言した参考人招致では、菅氏

  • ○■ あの日、あのとき、菅直人前首相は、 日本を救った それはまぎれもない事実で

  • ○■ 民、50%ががん死する」(「原発事故」宝島社・p23)とこうした原子炉が、無人

  • ○■ は思いもしなかったここまでは ネッタイムス・ブログ の原稿www これは本当にネッタイムス・ブログが

  • ○■ せず、午前5時半ごろに東電本店に乗り込み、再び怒鳴り散らす 「いったい、どうなっ

  • ○■ 連絡役で官邸に常駐していた東電の武黒一郎フェロー(当時)が現場の吉田昌郎所長(同)に中断

  • ○■ 池田元久前経済産業副大臣は、3月11日の事故発生から5日間を記した覚書を明らかにした菅直人首相

  • ○■ いう気はする++++++++++++以上、the wall street journal

  • ○■ 直人前首相と吉田昌郎所長++++++++++++++++あの日、あのとき、菅直

  • ○■ l. 2012++++++はやし浩司・林浩司 mixiチェック シェ

  • ○■ 中間報告は、政府が緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム「speedi」を活用していれば、「住民はよ

  • ○■ したという その後、 経済産業省 原子力安全・保安院が海水注入策の検討結果を菅首相に説明し、菅

  • ○■ た 東電は午後三時、経済産業省原子力安全・保安院に放出計画を提出 保安院は原子力委員会の

  • ○■ 1.28) : 東日本大震災:福島第1原発事故吉田前所長の病気、被ばくが原因とは「考

  • ○■ 反省すべきだ」とした政府の事故調査・検証委員会は昨年12月の中間報告書で、1号機の冷却装置

  • ○■ はり、そういう想定がある意味で甘かった部分があるわけですから、これから他の発電所に対してもですね

  • ○■ たしかし、実際は既に大量の放射性物質が拡散してしまった事故後で、あの時点でできることは、終息

  • ○■ バスに乗って1〜4号機の被害状況を視察した (毎日新聞 5月

  • ○■ が午後7時4分から原子炉を冷やすために海水を入れる作業を始めたものの、およそ20分後の

  • ○■ の指示だったのかどうかや、原子力安全委員会の班目春樹委員長(63)の首相への助言を巡り、衆院東日本

  • ○■ に、放射性物質をつけたまま免震重要棟に入ってしまった可能性がきわめて高いと想定せざるをえません 東電が作

  • ○■ すべきであるが、それをすると免震重要棟が汚染されていることがわかり、事故初期の対応のまずさを指摘されてしまう

  • ○■ 進んでいるコントロールが不能になるという状態を感じましたので、そういう時に、これでもう終わりかな

  • ○■ 、取り合わなかった バッテリーが必要と判明した際も、自ら携帯電話で担当者に連絡し、「必

  • ○■ が必要なのであるではネッタイムス・東坊京門・作】 「ニュース」カテゴリ

  • ○■ の程度の認識まさに国民を下に見た「棄民国家だ」リンク先へ>>■33か国

  • ○■ っては、総額数十兆円に上るとの臆測も流れていたが、東電側が否定した【汚染水処理施設】福島第

  • ○■ からがとくに重要 読売新聞は、つぎのように伝えている『菅氏はこの後、清水氏

  • ○■ また、福島第1原発事故の調査のために来日している国際原子力機関(iaea)のメンバーが27日、初めて現

  • ○■ を参考人招致へ 国会の東京電力福島第1原発事故調査委員会(委員長・黒川清元日本学術会議会長)は5日、

  • ○■ 志 首相補佐官は21日の政府・東京電力統合対策室の記者会見で、関係者への聞き取り調査の結果

  • ○■ したという枝野氏らが同原発の吉田昌郎所長や経済産業省原子力安全・保安院など関係機関に見解を求めたところ、吉田氏は「まだ頑張れる」と述べるなど、いずれも撤退は不要との見方を示した菅氏はこの後、清水氏

  • ○■ 30日、福島第1原発の吉田昌郎前所長(57)が26日夕方に外出先で不調を訴え、脳出血の

  • ○■ の原子炉1機分のみ)の加圧水型軽水炉(pwr)が事故を起こしたとする そのとき内蔵する核分裂

  • ○■ つろな顔をしていた 会社の判断を無視したのは確かだ しかし、会社の注水停

  • ○■ 6日、実際には海水注入の停止は行われていなかったと発表した同原発の吉田昌郎所長が「

  • ○■ 重要」と判断し、実際に停止は行わなかったという本店の指示に反し、

  • ○■ 1原発のタービン建屋地下などにたまった高濃度の放射性物質を含んだ汚染水の処理費が総額531億円に上るとの試算結果を

  • ○■ 間違いではなかった」 と述べ、処分は必要ないとの認識を示しました原子力安全委員会の班目春

  • ○■ 京工業大学出身の菅直人前首相であったからこそできた、大英断である もしあのとき東京電力が

  • ○■ 海水の注入を独断で続けた吉田昌郎所長について「事業者の判断で 対応することは法律上、

  • ○■ eからの投稿最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ] 子供は死ぬ 今日

  • ○■ 田昌郎所長を、日本を救った大英雄と言わずして何という ともに東京工業大学出身で

  • ○■ 菅だ 海水を注入すると 臨界 を起こすと思いこみ、間接的にでも中断させた中断させた元

  • ○■ こしたとする そのとき内蔵する核分裂精製物の量は、11577京ベクレル うち20%が放出さ

  • ○■ 、東電側が全面撤退を申し出てきたと、全員が認識した いわく、『枝野氏は

  • 原発 吉田所長 福島第 政府 現場 安全 福島第一原発 第一原発 問題 官邸 放射 爆発 必要 調査 枝野 社長 本社 発電所 指摘 放射線 冷却 水素 総理 公表 メルトダウン 停止 燃料 対して 状態 自分 被曝 官房 以下 原子力安全 緊急 影響 水素爆発 電力 原因 発生 無視 容器 経済産業 首相 本店 テレビ 確認 原発の吉田昌郎 官房長官 原子力発電所 判断 最悪 直後 格納容器 福島第1原発 混乱 指揮 日本 人間 実際 圧力 段階 思って 政権 正しい 東電 検討 東電本社 原子力安全・保安 現地 深刻 入院 非常 電源 保安 保安院 原発の吉田昌郎所長 可能性 原子力安全・保安院 場合 大量 事故調 議論 東京電力 隠蔽 思います ミリシーベルト 間違 マスコミ 地域 核燃料 関係者 今後 指示 福島原発事故 関して 前首相 専門家 会見 カテゴリの最新 以上 意見 明らかに セシウム 完全 海水 12 午後 連絡 直接 収束 時点 覚悟 起こし 昨年 疑問 述べた 見解 考えて 超える 情報 吉田氏 翌日 昨日 明らかにし 被爆 インタビュー 当初 大変 姿勢 立場 同原発 責任者 斑目 分析 細野 施設 職員 福島県 持って 語った 中断 分かっ なければならない 副社長 追及 放射性物質 説明 所長の判断 菅氏 一般 事情 人々 企業 事故直後 絶対 清水正孝 菅前首相 記者 安全委員 国家 陣頭 記者会見 思ってい 福島第一原子力 原子炉 要請 実行 検証委員 一番 損傷 答弁 東電側 生活 出来 常識 参考 人たち 推進 海水注入 英雄 子供 操作 準備 実態 発表した 注入 受けた 経産 方法 全体 チェック プール 原子力委員 圧力容器 検査 菅首相 週刊 シェア 活動 原子力安全委員 東京電力福島第一 必要がある 枝野官房長官 トップ 判明 破壊 思った 説明して 聴取 調査委員 伝える 直人前首相 教授 原子力機関 以来 福島第1原発事故 統合 野田 武藤栄副 時代 意識 補佐 言ってい 吉田昌郎前所長 読んで 働いて 取材 分から 3号機 都合 上がっ 上層 下引用 表明 決死 数値 事実 始まっ 経済産業省原子力安全・保安 当たり 信用 被ばく への海水注入 菅直人前首相 一方 冷却水 汚染水 26 生まれ 性がある する必要 当日 201 放出 可能性がある 思っている 正確 中止 作業 一人 マイクロシーベルト 班目 免震 指示した 同日 言われて 病院 制御 言動 了解 国際原子力機関 踏まえ 自然 考えてい 世論 なかったという 同原発の吉田昌郎所長 停電 変わっ 言うの 全面撤退 能力 何度 病名 谷垣 懸念 回避 参考人 当時 細野豪 考えた 海水を注入 結局 事態 多かっ 事故調査委員 第一原発の吉田所長 検出 皆さん
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.029 0.160 0.543 0.018 0.509 0.164
    total 188081.1000000406

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発