13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    川端康成

    書籍 関連語 三島由紀夫 夏目漱石 芥川龍之介 太宰治
    0 .
  • ○■ 川端康成

  • ○■ 土曜日だったのにもかかわらず、途中わたしひとりになってしまって、取材(?)も自由にしまくってしまいました

  • ○■ 世界一の炭酸泉の温泉で有名な長湯です

  • ○■ ラムネ温泉は2種類の炭酸泉があり、室内にあるのが高温42度、屋外にあるのが低温32度とかなり低めの湯温です

  • ○■ どこ経由にしようかな?

  • ○■ 若松での主治医の医院に勤めていた看護婦の話といいながら、その看護婦は母の親戚の一人だったので暗黙の事実だったのである

  • ○■ 「今市」といいます

  • ○■ これは彼ではなかったが川端康成の「雪国」を大藪春彦風、宇能鴻一郎 など様々な文体で書かれたものを 以前読んだがある

  • ○■ つまり 間違い はあり得るということだ

  • ○■ 確かに川端康成の文体を感じるが、カラーが何とも灰色がかっている不思議な作品

  • ○■ 太宰ってほんとうに不器用な男だったのですね

  • ○■ 加藤さんについては2回の訪問も行ったが、81歳の娘の「生きている」という言葉をうのみにしてきた

  • ○■ 今回のようなレアケースは想定外

  • ○■ 三島由紀夫はなぜ割腹自決したか?(2009年11月25日) 39年忌に寄せて はるみ

  • ○■ ・「美しい村」を活かして、そのあとに書いた

  • ○■ ところで、最近人前でカッコつけるためにゴーゴリとか宮澤賢治とか川端康成とか、古典文学なるものを読みあさっているんだけれど、ここだけの話、呆れるほど面白くない

  • ○■ 【混浴風呂のある温泉宿の最新記事】

  • ○■ 『伊豆の踊子』も、東京から旅に来た学生が勝手に踊り子に愛情を感じて、勝手に盛り上がって、勝手に別れて泣くなんて身勝手な話だと思ったので、川端康成はなんとなく合わないのかもしれない

  • ○■ 文学と言っても、川端康成や三島由紀夫のことじゃ、ありません

  • ○■ 今日 茨木市の川端康成文学館へ行ってきた

  • ○■ それに対する女の美しさがかいてある、と

  • ○■ それでは、今日が素敵な一日になりますように

  • ○■ 「昔と何も変わらない」

  • ○■ 私は大のりみちゃんファンで静岡。裾野町と東京で手紙の往復をしてる間に彼女から紹介されてテイコさんが手紙をくれた

  • ○■ 最後の方では1人だけ汗びっしょりだったしね

  • ○■ そして子供達には絶対に読ませたいのです

  • ○■ すでに持っているものも多いので選択肢は少なく、「羅生門」か「夏の庭」か「雪国」で迷って、結局、川端康成にしてみました

  • ○■ さて、届いたマグカップ

  • ○■ 『古都』という作品

  • ○■ トンネルを抜けるとそこは雪国道頓堀だった

  • ○■ 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という文で始まるのですが、読み進めていくと自分も雪国にいるような感覚になりました

  • ○■ <script type=text/javascript charset=ut

  • ○■ 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」 川端康成の『雪国』の冒頭は、そんな一節で始まっている

  • ○■ 川端康成も自我や主体がなくて実態の掴みにくい作家でしたけど茉莉は自我が一般的な人類に比べてベクトルも強さも超越してるんで逆に掴みにくいです

  • ○■ 川端康成先生がノーベル文学賞を受賞された時、受賞式に和服で出席される川端先生に着物。一式を進呈し、奥様に着物の着付けも祖母がお教えしたという話は、知る人ぞ知る、有名な話でしょう

  • ○■ 川端康成文学賞作家、絲山秋子初の書き下ろし長編小説

  • ○■ り約1000万円も支給してきた公立学校共済組合(東京)だ妻が亡くなった際、実

  • ○■ 知っている「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」を聞くと喜びを感じる写真は、そのテープ

  • ○■ 2:34 111歳で、全国長寿番付2位とされた東京都足立区の加藤宗現さんが、30年以上前に亡くなっていたことが分かり、大騒ぎだ「即身成仏する」と言

  • ○■ 件などが起きている 思わぬ事態に直面した足立区は「われわれの調査は住民票上のことで、親族が『生きている』といえば、それ以上踏み込む権限はありません遺族に悪意があった場合

  • ○■ mobile→the gazette→what s newをご覧下さいthe gazetteオフ

  • ○■ !※通信販売受付は、2009年7月3日(金)までとなります詳細は、ps mobile→the

  • ○■ ℃ special 2008年9月号 vol.48』からスタートした、the gazetteパーソナル大特集が1冊の本になることが決定!この商品は通信販売のみの限定商品になりますぜひゲットしてくだ

  • ○■ cd+dvd/¥1,890(tax in)/kicm-91285通常盤cd/¥1,260(tax in

  • 世界 太宰 時代 今日 夏目 文庫 トンネル 今回 読書 初めて 写真 文学賞 最近 ノーベル 関係 物語 雪国 読んで 作者 抜ける 監督 以上 本当 現在 記念 内容 伊豆の踊子 風景 面白 思って 人々 思った 自殺 短編 主人公 テーマ 子供 描写 人間失格 昨日 報道 日本 感じる ノーベル文学 問題 気持 書いた 代表 情報 文化 思います 感想 始まっ 過去 鴎外 ドストエフスキー 必要 機会 雑誌 最高 温泉 文字 出演 明日 現実 書かれ 場所 事件 素晴らしい 漫画 鏡花 以前 江戸川 見える 精神 重要 分かり 片腕 言って 夏休 出来 毎年 放送 対して 場合 康成文学 大江 思ってい 良かっ 女優 賢治 人気 新潮文庫 特別 自体 収録 中原 象徴 言われ 村上 賞受賞 購入 会話 かもしれません 興味 表紙 時間 てしまいました 本人 描いた 泉鏡花 合わせ 指定 途中 西洋 知識 全体 美女 以下 三島由紀夫 当然 編集 出身 一方 説明 変わっ 何度 料理 絶対 買って 発売 変わら 新聞 ジャンル 亡くなっ 最大 過ごし 大変 天城越 一般 奇妙 不思議 階段 国境の長いトンネルを抜ける 頃から 描かれ 見つけ 認識 作品 面白かった 石川 綺麗 一番 表情 美しい日本 検索 思われる 委員 美しく 広がる 生まれ 川端康成の雪国 変化 不安 子ども 以来 本屋 滞在 おはようございます 芥川龍之介 成長 周囲 否定 分からない 比較 指摘 演出 サイト 一時 夏目漱石 相手 始まって 画像 気がし 人達 会長 読んでい 私には 残って 同様 美味しい 位置 選択 出版社 開発 納得 行こう 紹介 読んだこと 分かっ 自宅 詳細 管理 日々 確かに 帰って ランチ 大きい 種類 公開 病院 思いました 読もう 残った ではありません 原作 という名前 思っていた 似ている 驚いた 開催 言ってい 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった 使って 聴いて 終わっ 最後 向かっ 印象 感じです 人生 登場 的には 言った 個人的 言葉 伝わって 忘れて 落とし 読むの のかもしれない はないでしょう かも知れない 好きだ だと思います 指定され 集めて 今まで 感じて 感じた 掲載され 歩いて 気がする 地元 イメージ 出てき 確認 受賞した 一緒 のかもしれません 起きて 来ました ではないでしょう 言っていた 書いている 入った 感じました 気になっ 思うのです 持って 見てい ではないでしょうか 時には ているようです
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.035 0.154 0.534 0.028 0.494 0.187
    やや強いやや強いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 168346.0999999813

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発