13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2239 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    芥川賞

    書籍 関連語 直木賞 文藝春秋 西村賢太
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 .
  • ○■ さて、「苦役列車」で芥川賞の西村賢太の、文芸春秋の受賞者インタビューのタイトルは、「中卒・逮捕歴あり」こそわが財産、としてあるが、この題名は編集者ものかも知れないが、僕は読んでいい気持はしなかった

  • ○■ 芥川賞モノですw でもそれ以上に唯先輩の真似をする憂が無駄に可愛いww やはり天使の妹は天使と相場は決まっているのでしょうか

  • ○■ 芥川賞作家で禅僧の 玄侑宗。師は、あれはとんちで公案( 禅問答) でない-と言うが、まあ、そんなことが頭をよぎった

  • ○■ 第1回(昭和10年/1935年・上半期)の直木賞・芥川賞を発表した翌月の「話の屑籠」から

  • ○■ 直木賞や芥川賞とかの本すら手に取らないですし(苦笑)雑誌なら流し読みするぐらいです

  • ○■ 直木賞の運営者側が、はっきり名指しでライバル視した賞

  • ○■ 登場人物に関する客観的記述がとても少なく、ただひたすら「彼」の内面が描かれています

  • ○■ 多くの漢和辞典では「喰」を日本で作られた国字扱いしているのだそうだが、『字統』を引くと違う説明だった

  • ○■ 受賞作は全国の書店員(正社員、パート・アルバイトを問わない)の投票によって選考

  • ○■ 個人的には、時々見るシリーズ物の夢というのが何種類かある

  • ○■ 不思議なのは、彼が何回も死のうとしたのが、可哀相に思えないというか、死というものがあんまりネガティブに感じないところ

  • ○■ アメリカはアルファベット23文字の羅列ですが、日本は「せいひん」だけでも清貧、製品、正賓

  • ○■ やはり南木さんというひとは、小説家が医者をやっている人なのだろう

  • ○■ ということでもうちょっとかんがえてみよう

  • ○■ つまり、本。殉死の許可は新藩主が出すものであった

  • ○■ ちょっと心が疲れていた私には本当に沁みました

  • ○■ だから、経歴がどうしても参考になる

  • ○■ それなのに妻はいい顔をしない

  • ○■ そして、医者が間違えて、本人に癌だと教えてしまったとき、 「シビアなことを、おっしゃいますなぁ

  • ○■ そして、女友達のポジションをキープし続けているテンテン

  • ○■ そういう事も作者は考えて欲しいですね、一読者としては

  • ○■ しかし石原さん自身は自民党を比反自民ではあります

  • ○■ しかし、経済面では大きな影響を持つ両国だけに、うまく相手しなければならない厄介な国でもある

  • ○■ これを詩化し、言葉を選ぶ

  • ○■ これほどまでにいらないと思ったストラップはない!

  • ○■ この作者は、芥川賞の重圧に臆することなく、 これからも強かな作品を生みだしてゆくだろう

  • ○■ この作家の描いている日常(世界)に興味があり、久しぶりに読んでみたくなった

  • ○■ こういう雰囲気は好きです

  • ○■ おかげで自分の本棚は満席

  • ○■ いつの間にか3時間ほど経っていたようです

  • ○■ 『黄色い牙』(昭和55年/1980年4月・講談社刊)で初候補、そのまま受賞

  • ○■ 『文藝春秋』の編集人は菊池寛の女婿・藤。。二

  • ○■ 」と言われた後で「これまでは努力だけど、これから先が実力だね」と言われたそうです

  • ○■ 芥川賞受賞作品的というのか、物静かな言葉表現が冷めた虚しい自分の心を写す

  • ○■ 第144回の直木賞と芥川賞が決まった

  • ○■ 川上未映子著「乳と卵」

  • ○■ 村上春樹の少なくとも小説は全部読んでいたつもりだったが、先日、『芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか』(市川真人著)を読んでいたら、一冊だけ落としていた

  • ○■ googleで【検索の達人■■■■】あるいは【情報の達人■■■■】と入力! ■■■■には、調べもの新聞編集室で作成の文字を入力してください

  • ○■ 芥川賞受賞作ということで、借りてみました

  • ○■ 自分は、これまで開高健の良き読者ではなかった

  • ○■ 綿矢りささんの紹介をwikipediaより抜粋紹介します

  • ○■ 第147回「芥川賞」 「冥土めぐり」 鹿島田 真希 氏著

  • ○■ 村上龍、まだ芥川賞の選考委員やってますね、もうそろそろ自分の小説書いたら??

  • ○■ 文藝春秋で見かける芥川賞の選考コメントもいつも超辛口

  • ○■ 彼女はクラブのホステス、歌手といった経歴を持ち、作家になってからのキャリアは浅いのですが、あれよあれよという間に「芥川賞作家」の仲間入りをしたわけです

  • ○■ 図書館では おはなしコーナーで ダンボの会のボランティアさんによる おはなし会がありました

  • ○■ 出版社/メーカー: 新潮社

  • ○■ 今日は、連休の谷間の平日だが、年休

  • ○■ まあ印税収入には負けるかもしれませんね

  • ○■ でも、突然の”死”は誰にも予測はつかないのだから

  • 作家 小説 文章 主人公 最後 作品 東京 読んだ 作者 ブログ 文庫 文藝春秋 初めて 芥川賞を受賞 委員 読書 書いて 印象 興味 自分 評価 テーマ 選考委員 自身 舞台 必要 最新 描写 新聞 不思議 amazon 存在 村上 代表 出身 苦役列車 社会 現実 対して 雑誌 主演 読んでみ 当然 編集 最初 カテゴリ 列車 書かれ 映画化 思ってい 以前 結果 情報 新潮社 可能 直木賞 以外 途中 精神 カテゴリの最新 田中慎 川上 引用 受賞者 ストーリー 出演 読みまし 何度 歴史 学生 面白かっ 才能 発言 友人 良かっ 活躍 非常 読んでい 中心 本屋 cojp 芥川賞を受賞した 昭和 出版社 女優 気がし 的には この作品 年齢 番組 amazoncojp 結局 イメージ 母親 ネット 俳優 部屋 予定 修一 戦後 言われ 残念 分から 大阪 今度 描かれ 入って 恋愛 個人的 今後 季節 文学 変わっ 決まっ 方法 言葉 良かった 大事 大きく 後半 苦手 実際 ジャンル 自体 自然 収録 生活 時間 無料 家庭 読んでいる 完全 父親 可能性 知って 疑問 出来 磯崎 考えて 芥川賞・直木賞 見つけ 太郎 若者 メディア 日本 成長 候補 吉田修一 長編 金原ひとみ 新人賞 楽しい 言った 受ける 関して 詩人 ピアス 書かれて 思いまし 道化師 環境 川上未 選評 万円 一度 描かれて 雰囲気 書店 高校生 国際 一日 紹介 発表 運動 態度 脚本 記録 数年 原稿 突然 知識 選ばれ 普通 感心 世界 衝撃 三島 共喰 登場 共通 康成 分かっ 演じる 受賞して 問題 思います 月号 効果 将来 中村 掲載 当たり 読了 dvd 本谷 受けて 感じた 意図 間違 この小説 メーカー 実力 企画 京都 平成 在住 受けた 本来 利用 目標 聞いて 普段 勝手 分かる 入った 鹿島田 中卒 クリック セックス 時代 刺激 ブログネタ 第14 今回 描いた 発表され 短編集 蛇にピアス 編集者 グループ 発見 基本 題材 純粋 著書 友達 傾向 菊池 言われる 鑑賞 予約 資料 演技 永遠 企業 地域 人たち 読もう 簡単 苦労 変わら 買って 空気 スター 次郎 言って 不明 思えない 好きな 原因 気がする 伝わっ 一応 落語 背中 同じよう 回目 チャンネル 満足 流れる 個人的には 圧倒的 早稲田大学 人間 一言 読みたく 計画 内面 亡くなっ 通して 製作 向かっ 劇場 事態 写真 文学部 向かう 読まない 彼女 持っている
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.158 0.542 0.028 0.504 0.185
    total 725180.2999997444

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発